挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
最強職《竜騎士》から初級職《運び屋》になったのに、なぜか勇者達から頼られてます 作者:あまうい白一

第二章

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

50/62

第14話 海上の運び屋


 氷の足場を跳びながら進む事、数十秒。

「よし、到着――っと」

 俺たちは商船へと飛び移る事に成功していた。
 船の上には、数人の男女が固まっているのが見えたが、

「な、なんだ、あんたら……?!」

 船上で最初に声をかけてきたのは、三角帽をかぶった半裸の若い男だ。
 腹に血の滲んだ包帯を巻いた彼は、船室へと繋がるドアの前に立ちながら、こちらを驚きと恐れの視線で見つつ、

「港の方からぶっ飛んできたけど……一体、兄さんたちは何者だ。この船に何をしに来たんだ?」
「何をしにって助けに来たんだよ。海事ギルドからの依頼でな」

 俺の言葉に、三角帽子をかぶった男は恐れの表情が少し和らいだ。
 彼だけではない。周囲にいる青ざめた顔をした男女の表情もわずかに明るくなった。

「ほ、本当に、助けにきて、くれたのか?」
「そう言っているだろう?」

 俺が頷きを返すと、三角帽子の男は、ようやく緊張の表情を解いた。

「そうか……。疑って済まなかった。俺っちはこの船の船長をやってるヴィルヘルムだ」
「ああ、船長さんだったか。怪我、してるみたいだが大丈夫か?」

 巻かれた包帯からは、今も赤い色がにじみ続けている。
 今も出血は続いているようだし、顔には脂汗も浮かんでいる。
 ただ、それでもヴィルヘルムは笑みを浮かべて首を縦に振った。

「ああ、魔法機関の爆発で破片を食らっただけだから、俺っちの方は、平気だ。それよりも、そっちにいる乗組員を逃がしてやってくれ」

 ヴィルヘルムが指差したのは、先ほどから船上で一塊になっている、数人の男女だ。
 皆、ヴィルヘルム以上に青ざめた顔をしている。

「そいつら、泳げなくてな。その上、逃げるための小舟が爆発でイカれちまって、どうしようもなかったんだ。だから助けて貰えると嬉しいんだが……方法はあるか? 兄さん達は船じゃなくて飛んできたみたいだけど、空を飛ぶ魔法をこいつらに掛けてやることは出来るか? そっちの姉さん二人からは独特な魔力を感じるが……」

 船長は問いかけながら、バーゼリアとサキを見た。すると、まずサキは首を横に振った。

「生憎と、私は人を安全に空を飛ばす魔法は使えませんね」
「ボクも同じだねえ」
「そう、か……。そっちの兄さんは……?」
「俺は運び屋だからな。魔法は門外漢だ。出来る事と言えば人を抱えて運ぶくらいか」

 輸送袋を見せながら言うと、ヴィルヘルムはわずかに驚いた後、

「なる、ほどな……」

 少しだけ落胆の色が見えた。
 このメンバーでは、助けきれない、と思ったのだろうか。

 サキやバーゼリアはともかく俺は初級職だし、そう思われても仕方ないかも知れない。だが、別に彼らが泳げないからと言って海から脱出できない事は無い。

「うん。歩けるなら、空を飛ぶ必要もないし、俺が運ぶまでもないよな」
「え?」

 俺の言葉に疑問の表情を浮かべるヴィルヘルムをよそに、俺はサキへと顔を向ける。

「サキ、氷の道ってまだ作れるか?」

 聞くと彼女は嬉しそうに頷いた。

「勿論です。距離が長いと強度が落ちますが、十数人が渡れる程度の道ならば余裕です」
「じゃあ、頼むわ」
「はい。それでは、アクセルのお手伝いを開始しますね」

 笑みを浮かべたサキは、先ほど出立した港の方向を見て、手を掲げた。
 それと同時、彼女の黒髪がふわっと風にまかれたように浮かび上がり、

「――【フリーズ・アイスロード】」

 呟いた瞬間、彼女の視線の先にあった海面が凍り付いていく。
 白と青がきらめく氷の道が、一気に港まで走る。
 それを見て、先ほどまで青い顔をしていた船員たちが一気に変わる。

「な、なんだ、この絶大な魔力……?!」

 その驚きはざわめきとなって、ほかの船員たちにも伝わっていく。更には、

「と、というか、待てよ。あの黒髪と顔、オレ、見た事があるぞ?」
「私もあの姿は、覚えているわ……! あれは確か……魔術の勇者様……!!」

 サキは船員たちから驚愕の視線を向けられている。
 だが、彼女はそれを気にすることなく、ふう、と吐息した後、

「終わりましたよ、アクセル。港への道は繋がりました」

 と、氷の道の完成を微笑みと共に告げてくる。

「ありがとうな、サキ。君がいてくれて良かったよ」
「いえいえ、そのお言葉が貰えるのが何よりのご褒美なので。さらに一段階上げてベッドインしてくれてもいいのですが」
「その話はまた今度な。それじゃあ、サキとバーゼリア。この後は誘導と、落ちた時のフォローを頼むわ」
「了解ー!」

 俺がそう言うと、バーゼリアはにこにことした表情でサキの手を掴んだ。

「さ、行くよリズノワール」
「ぬう……物理的な邪魔をしてくるとは。まあ、良いでしょう。言われなくても行きますよ、ハイドラ」

 不満そうな表情を一瞬浮かべたが、すぐに気を取り直したのか、サキは笑みを持って、船員たちと相対する。

「さあ、皆さん。慌てず氷の上に降りてくださいな。縄梯子の下に作ってありますので」

 そして縄梯子のかかった船の縁の前に誘導していく。

「あ、ありがとうございます魔術の勇者様!」

 船員たちはサキに感謝の言葉を継げながら下船していく。そして、降りた先の氷の道にはバーゼリアが立っていて、

「さあさあ、港はこっちだけど、進むのはゆっくりでいいよー。道はそこまで脆くないからねー」
「た、助かるわ。ありがとう……」

 降りた船員たちの誘導をして、礼を言われていた。

 そうしてサキとバーゼリアの導きによって、乗組員が次々に氷の道に降りて歩いていく。
 数分後、全員が降りたことを確認してから俺は、ヴィルヘルムに向き直る。

「さて、船長さん。こっちにいた乗組員はどうにかなったぞ」

 すると彼は唖然とした表情で氷の道を見て、下船した船員の最後尾につくサキを見て、そして、俺を見た。

「あの子は、勇者……? こんなことが出来るのは、確かに勇者みたいな英雄クラスだけだけど……でも、それなら勇者を連れてる運び屋の兄さんは一体、なんなんだ……?」

 ヴィルヘルムは震える唇で聞いてくる。

「ん? まあ俺の事はとりあえず、彼女の仲間の運び屋だって思ってくれればいいさ。――それで、船に残ってる人はアンタだけで良いのか?」

 自分の話よりもまずはこの船の話だ。
 そう思って質問すると、ヴィルヘルムははっとした表情で背後の船室を見た。

「あ……いや、まだ、こっちに残ってるんだが……これ以上は兄さん達には無理だ」
「どういうことだ?」

 聞くと船長は苦い顔をしながら、俺を背後の船室に通した。
 そこにはいくつものベッドがあり、包帯を巻かれた数人が寝込んでいた。

 というか、気を失っている者がほとんどだった。

「この有様でな。あんまり動けねえ奴らが寝込んでるんだ」
「寝込んでるってことは、結構な重傷だな」
「ああ、大体の治療は済んでいるんだけどな。歩けねえのは確かだ。こいつらを抱えて海を歩くのは、幾ら兄さん達でも、危険すぎるだろうよ」

 ふう、と息を吐いて、ヴィルヘルムは船室に置かれていた椅子に座る。

「ひとまず兄さんは逃げてくれ。俺っち達は船を待つから――」
「――いや、その必要はないぞ」

 ヴィルヘルムの言葉を止める様に、俺は首を振った。

「必要はないって、運ぶつもりか? こいつらを一人一人……」
「いや、そんな時間をかけてたら船が沈んじまうかもしれないからな。その前に、この中に入って貰って、俺が一気に運ぶよ」

 腰につけていた輸送袋をポンとたたきながら言うと、ヴィルヘルムは一瞬、動きを止めた。

「それは輸送袋……って、そ、その中に入るってのか?」
「ああ、中は意外と快適だから、そこまで怖がることは無いぞ。というか、辛いようならベッドごと入れてもいいしな。柔軟性はかなりあるから、入らないってこともないだろう」

 俺は輸送袋の口に手と足をかけ、思いっきり開いて見せた。
 すると、大の男一人がそのままスッポリと入ってしまうほど大きく、口周りが伸びた。

「た、確かに凄い柔軟性だが、中に入れるの……か? いや、確かに輸送袋で人を運んだ奴がいるって話は聞いたことがあるけれど」

 ぶつぶつと疑問を呟きつつも、ヴィルヘルムが逡巡するのはほんの数秒だった。

「……いや、迷ってる時間はねえ、か。そうだな、それで確実に助かるなら、やってくれ……!」
「あいよ。任せろ」

 ヴィルヘルムからの許可を受けた俺は、けが人が寝ているベッドに対し、横から輸送袋の伸ばした口を当てる。
 そこから輸送袋で、ベッド周りの空気も含めて包み込むように、布を被せるように動かしていく。そして、改めて口を閉じると、

「ま、マジで入るんだな……」

 ベッドとけが人を丸々、輸送袋に収納することに成功した。

「うん、うまく行ったな。じゃあ、次」

 一度成功して要領を掴めばもう簡単だ。俺はてきぱきと、けが人の眠るベッドを輸送袋で包み込んでいく。
 そして、ほんの数十秒程でベッドとケガ人で埋まっていた部屋が、空きスペースに満ちた空間に変化した。

「こんなことが、あり得るのか……。運び屋の兄さんも。その輸送袋も凄すぎだろ……!」

 ヴィルヘルムはわなわなと震えながら、数台のベッドを飲み込んだ輸送袋と、飲み込ませた俺の手を見つめていた。

「輸送袋が上手い事拡張してくれたから、だけどな。――で、これで乗組員は全員なんだな?」
「ああ、逃げ遅れはいねえ。もう確認は住んでいるからな」
「そうか。それじゃあ最後にアンタも入ってくれ。一緒に戻るぞ。その傷じゃもう、歩くだけでも辛いだろうしな」

 そう言うと、船長は驚きの表情を浮かべた。

「……運び屋の兄さん。気づいて、たのか」
「運び屋として戦闘サポートもしているんでな。怪我と体の状況は分かるさ。さっきから椅子に座りっぱなしで全然動けてねえしな。もう足に力、入り辛いんだろ?」

 俺の言葉に、ヴィルヘルムは苦笑する。

「そう……か。そこまで見抜かれてるとは、運び屋の兄さんはすげえなあ……」

 そして彼は観念したように身体から力を抜いた。

「死ぬほどのケガじゃないとはいえ、実際のところ限界が近くてな。お言葉に甘えてその輸送袋に入りたいんだが……その前に一つ、図々しいけど、運び屋の兄さんに頼みがあるんだ」
「頼み?」

 尋ねると、船長は椅子の横に置かれている木箱と、その上に乗せてある鳥籠を指さした。中にはカラフルな色をした小鳥が一匹、入っている。

「これらも一緒に持っていっていいか?」
「その二つを、アンタと一緒に?」
「ああ、嵩張るのは分かってる。もし、重量が限界とか、容量が一杯になるっていうんなら、俺が入れなくてもいいから、こいつらだけでも運んでもらえれば、と思うんだ」

 船長は必死に、懇願するように言ってくる。
 自分の身を天秤にかけてでも運ぼうとするとは、その二つの荷物はよほど大切なモノなんだろう。ならば、一緒に運ぼう。というか、

「重量は別に考えなくていい。今回の依頼は人命救助だけれども、それ以外を助けたらいけないって理由もないんだし。容量はあるけれど、まだまだ中には余裕があるからな」

 輸送袋を撫でながら言うと、船長はポロリと涙をこぼした。

「ありがとう。恩に着るよ、運び屋の兄さん……!」
「気にするな。さあ、入ってくれ」

 涙を拭った船長と、木箱と鳥かごをしっかり輸送袋に入れた後、俺は船室から出る。
 するとそこには、サキとバーゼリアがいた。

「二人とも戻って来てたのか」
「はい、しっかり乗組員は送り届けてきました」
「それと船の中の確認もしたよー。残っている人はいないみたいー」

 どうやら俺が船長を入れている間に最終確認も終えたらしい。
 仲間がいると一度に色々な事が出来て有り難いな。

「ありがとうよ二人とも。じゃあ、戻るか」
「はい!」
「了解ー」

 そうして俺たちは、氷の道を飛ぶようにして、船長と怪我人を輸送しながら、港へと舞い戻っていった。
仕事回ですが、また長くなってしまって、申し訳ありません。
●書籍化のお知らせ
1/18にガガガブックス様より、『最強職《竜騎士》から初級職《運び屋》になったのに、なぜか勇者達から頼られてます』の1巻が発売されます!
書き下ろしを凄く頑張りました。そしてイラストも非常に素敵ですので是非とも、書店でお手に取っていただけると嬉しいです!
iuy23vbo2ico4ind55qt9qxc4f6a_8j4_j8_rs_5ss5
↑をクリックで公式サイトに飛びます
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ