挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
謙虚、堅実をモットーに生きております! 作者:ひよこのケーキ
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

99/298

99 名もある女子生徒 / 名もない男子生徒

 吉祥院麗華様は、私達女子の憧れの同級生。
 だってその名の通り、きれいで華やかなお姫様みたい外見で、あのピヴォワーヌのメンバーで、しかも頭までいいなんて、女の子として完璧なんだもの。
 私も麗華様と親しくなれたらなってずっと思っていたけど、麗華様のグループはやっぱり同じく華やかな子達ばかりだし、もし麗華様の機嫌を損ねて嫌われたら、瑞鸞での立場がかなり悪くなると思うと、近づくのに二の足を踏んでしまう。
 でも普段の麗華様ってどんな生活をしているのかな。
 きっと家でも薔薇に囲まれて優雅にお茶を飲みながら、詩の朗読会などを催しているのではないかしら。うん、麗華様のイメージにぴったり!


 その麗華様と、中等科の2年生の時に突然お近づきになるチャンスがやってきた。
 なんとあの麗華様がなぜか夏合宿に参加してきたのだ!夏合宿なんて麗華様とは一番かけ離れたイベントなのに。
 麗華様はいつものメンバーを誰も連れてこないでひとりで参加していたので、私が同室になることになってしまった。
 あの麗華様と同室!なにか粗相をしでかしたらどうしようとドキドキしたけど、麗華様は「夏合宿は初参加なので、よろしくお願いしますわね」と笑顔で話しかけてくれたので、少し安心した。
 麗華様は同い年なのに落ち着いていて、動じることなんてほとんどなさそう。見習いたいな。


 夜になって花火大会になり、最初手持ち花火をにこにこしながらやっていた麗華様の姿が、いつの間にか近くからいなくなっていたので、どこに行ったのかとあたりを探しにいったら、なんと麗華様は委員長とふたり、隅の方で楽しそうに線香花火をしていた。

 えっ?!委員長と麗華様って、もしかして身分違いの恋?!

 本気でそんなことを考えたわけじゃないけど、そうやって見るとちょっと面白いんだもの。
 今日は家の都合で来られなかった美波留ちゃんにも、あとでメールで教えてあげよう。まるで姫君と侍従の恋みたいよって。きっと美波留ちゃんも面白がるに違いないわ。
 一応私達女子の間では、麗華様に一番お似合いなのは鏑木様ってことになっているんだけど、姫君と皇帝の間に入り込む、思わぬライバル侍従。この先どうなるのかしら?


 私は昔から部屋が真っ暗じゃないと眠れない。最初にそのことを話すと、麗華様は笑顔で簡単に受け入れてくれた。良かった。
 就寝時間になり、部屋を暗くしてしばらくしたら、突然麗華様の声が聞こえてきた。

「だろだっでーにーだーなーなら!」

 ……えっ?今のはなに?
 なにやら形容動詞の活用が聞こえたような…。
 麗華様、起きているのかしら?

「麗華様?なんですか?」
「……」
「あの、麗華様?」
「……」

 え…もしかして、寝言?!
 でも、あんなにはっきりと声が聞こえてきたけど…。
 いえ、私の空耳かもしれないわね。
 寝ましょう。

 しばらくするとまた、暗がりに麗華様の声が響いた。

「かろかつくーいーいーけれ!」

 今度は形容詞の活用?!

「……麗華様~?起きていますか~」
「……」

 …麗華様は夢の中でも勉強をなさっているようだ。さすがです。
 私は布団をかぶった。

 徒然草の暗唱とかが始まらないといいな……。


 次の日のハイキングの休憩時間に麗華様は、裏手でひとり金属の棒を両手に持って、ぐるぐる近くを歩きまわっていた。
 麗華様?


 その夏合宿の夜、幽霊騒動が起きた。
 騒々しくて私が目を覚ますと、すでに起きていた麗華様が手で髪を整えながら廊下を覗いていた。寝起きの麗華様の髪は、いつもより少しカールがゆるくなっている。
 廊下は大騒ぎで、私も話を聞いたら、ざんばら髪の白い顔の幽霊が血肉を食らいながら、恨みのこもった目で振り返ったのを見た子がいるんですって!怖いっ!
 みんなが恐怖でパニックになった時に、「落ち着いてみなさん!」と場を収めてくれたのが麗華様だった。自信に満ちた目で、「幽霊はもう出ません」と麗華様にきっぱり断言されると、私達の恐怖も少しずつ薄れた。さすが麗華様!麗華様が「出ない」と言えば、本当にもう安心な気がするもの!
 その後、引率の先生もやってきて巡回を徹底するからと約束してくれたので、全員おとなしく部屋に戻った。
 部屋に戻って麗華様に「怖かったですね」と声をかけると、「私は円山応挙じゃない…」となぜか落ち込んでいらした。
 なんと言ったのかよく聞こえなかったけれど、でも真面目な麗華様だから、合宿の女子リーダーとして、騒ぎが起きたことに責任を感じているのかもしれない。幽霊が出たのは麗華様のせいじゃないのに…。
 麗華様の言った通り、その後は幽霊も現れず無事に朝を迎えることが出来た。ああいう時に冷静な判断ができる麗華様はやはり素晴らしい方だと思うの。


 夏合宿以来、私は麗華様とは親しくお話をさせてもらえるようになった。
 麗華様はピヴォワーヌのメンバーなのに珍しくクラス委員を引き受けるような方なので、同じ委員としていろいろ学校行事の相談などをしたりして、麗華様に憧れる私としてはとても嬉しい。
 委員長も麗華様と仲良くしゃべっている姿を時々見かける。麗華様は高嶺の薔薇の花のような人だから、男子で気軽に話しかける人って結構少ないのに。やるわね、侍従。


 そんな麗華様に新たな男子の影が!
 見た目がゴツゴツしていて麗華様とは全く合わない柔道部の岩室君だ。麗華様と並ぶと、なんだか姫君と護衛の傭兵みたいに見える。
 麗華様と同じクラスの友達に聞いたら、岩室君が最近の麗華様のお気に入りらしくて、体育祭や学園祭で女装をさせて楽しんでいらっしゃるんですって。
 岩室君も麗華様には逆らえないらしくて、おとなしくメイクをされるがままらしい。「美女と野獣っぽくて案外お似合いかもよ」なんて友達は言ってたけど、私は麗華様には皇帝を押したいわ。

 だって鏑木様が変な女の子と付き合うのなんて見たくないもの。だったらせめて、私達が納得できるような素敵な人を選んで欲しい。
 鏑木様はずっと優理絵様がお好きだというのはみんな知っているけど、もし優理絵様以外だったら麗華様くらいしか認められないっていうのが、ファンの心理なのよね。
 私の鏑木様への憧れは比較的軽いものだけど、もし鏑木様がつまらない女の子を選んだら、過激なファンの子達はなにをするかわからないと思う。



♦♢♦♢♦



 瑞鸞高等科1年には、絶対に敵に回してはいけない人間が男女合わせて3人いる。

 その中のひとりが女子のラスボス、吉祥院麗華だ。
 あの吉祥院家の令嬢でピヴォワーヌメンバー。吉祥院麗華を怒らせれば、女子全員を敵に回すと言われているくらい、力を持っているらしい。
 怒ったところは滅多に見たことがないし、いつも取り巻きに囲まれて余裕の笑みを浮かべているけど、噂では調子に乗って下剋上しようとした蔓花真希を、扇子でひっぱたいて屈服させたって話だ。扇子でひっぱたくってスゲーな…。貴族のケンカだ。
 蔓花真希も自分と似たような仲間達と派手に騒いでいるけど、所詮女神カーリーの敵ではなかったようだな。
 かといって俺たちが蔓花に勝てるかといったらムリだけど。あいつらこえーし。
 だいたい俺達と皇帝達への態度が全然違うんだよ!俺なんて名字呼び捨てで命令されるし!逆らえば凄んでくるし!蔓花達がまた調子に乗ってるってカーリー様にチクってやるぞ!なんて言ってカーリー様に直接話しかけるなんて怖くて出来ないけどな!


 そんな吉祥院さんには、吉祥院麗華を守る風神雷神のような側近がいる。風見芹香と今村菊乃だ。こいつらがまた怖い。
 このふたりが中心となって、吉祥院さんに失礼なことをした人間には女子の集団で圧力をかけてくるんだ。
 俺も吉祥院さんと同じクラスになった時、うっかり提出物を忘れたら、取り巻きに囲まれ「麗華様の手を煩わせてるんじゃないわよ」と睨まれた。家の人間にすぐに届けてもらった。
 一度吉祥院さんが通った後に、度胸試しにふざけて「カーリー」と言ったヤツが、あとで風見と今村達に連行されて行った。戻ってきたそいつは顔面蒼白で、別人のようにおとなしくなっていた。いったいなに言われたんだよ、お前…。
 それ以来俺達も怖いので、カーリー呼びを自主規制することにした。万が一吉祥院さん本人に知られたら、取り巻きからの制裁だけじゃなく、俺達も扇子でぶっ叩かれるかもしれないし!

 吉祥院さんにはほかにもたくさん密かな呼び名があるけど、今のところ巻き巻きマッキーは風見達にはバレていなさそうだ。
 それ以外に全体の雰囲気からドーリーガールなんてのもあるな。
 体育祭では、一部の連中がドーリーガールがカドリール!なんてダジャレを言って盛り上がっていた。俺もちょっと期待していたんだけど、吉祥院さんはダンスには出なかった。残念だ。ダジャレは置いておいて、お姫様ヘアの吉祥院さんのダンスは見応えありそうだと思ったんだけどな。

 しかしその吉祥院さんが、なぜか背中にかぼちゃをくっつけたネズミの姿で仮装リレーに出てきた!
 さっきまで仮装した選手達を見て笑っていた観客達の動きが止まった。女帝がネズミ…。
 ほかの選手達のように笑って見ていいのか、見ないフリをするべきか、受け止め方がわからない。
 風見や今村達が「なんとおいたわしい姿に!」といった顔で、吉祥院さんを応援していたので、ここは笑ってはいけないと判断した。
 ネズミの吉祥院さんが登場した時には、あの皇帝や円城君も目を見開いていたけど、委員長が「吉祥院さん頑張れー!」と笑って応援していたのには驚いた。委員長、実は大物か?!


 でもあのクラスは、吉祥院さんが仮装に寛大だとわかったので、今度の学園祭では女装男装カフェをやるらしい。
 吉祥院さんと一緒にクラス委員をしている佐富に聞いたら、「吉祥院さん、ネズミも可愛かったけど執事姿も可愛いから、当日は客として見に来いよ」と笑っていた。やっぱり吉祥院さんに男装させるのか!
 全員が接客するわけじゃなく、裏方組もいるはずなのに…。その疑問に佐富は「せっかくうちのクラスには吉祥院さんという知名度抜群の生徒がいるんだから、表に出して客寄せしてもらわないと、もったいないじゃん」と言われた。

「お前、怖くないのかよ」
「なにが」
「あの吉祥院麗華をそんな扱いして。ブチ切れられなかったか?」
「ないない。吉祥院さん、中身はお人好しの羊だから。あ!吉祥院さんに羊の耳を付けてもらおうかな。今からちょっと頼んでこよう」

 佐富ーー!お前、度胸ありすぎんだろー!

 男装して羊耳付けた吉祥院さん。……怖いもの見たさで行ってみようかな。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ