挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
謙虚、堅実をモットーに生きております! 作者:ひよこのケーキ
9/271

9

 約束の1曲が終わり、はぁ楽しかったと周囲を見渡せば、こちらを見ている人物とバチッと目が合った。
 その瞬間、私は石になった。

 衝撃に足がもつれて倒れそうになるのを、お兄様が咄嗟に支えてくれたけど、そんな事よりも、

 なんで鏑木雅哉がここにいるーーーー!!


 夏休みの間は地中海で過ごし、日本にはいないはずの鏑木雅哉と円城秀介がそこにいた──。

 いつからいた、どこから見てた。
 あんた達は地中海にいるんじゃなかったのか。
 日本にはいないと思っていたから、パーティーには不参加だって安心してから、年上の方々に交じって小さな子供が踊るなんていう、悪目立ちする行為も平気で出来たのに!
 来てるって知ってたら、絶対こんな目立つことしなかった!

「麗華?」

 平常心、平常心。
 いるはずのない人間がいた事の理由は一先ず置いて、今はこの状況からいかに自然に離脱するかだ。
 まずはあの魔眼から目を逸らし、石化の呪いを解くんだ。
 自然に、自然に…。
 ぎゃっ! 目だけを逸らすはずが、首が勝手にグリンッて回ったー!
 これじゃまるで高飛車に、ふんって顔を背けたみたいじゃないか。喧嘩売ったと思われる?!
 しょうがない。やってしまった事はしょうがない。このまま自然にこの場を去るんだ。
 ぎゃっ! 膝が曲がらない! 私、軍隊みたいになってるー!
 魔眼に脳が攻撃されたのか、不随意運動が止まらない。
 あぁ、もう本当にどうしよう。

「麗華、ちょっと聞いてる?麗華―」

 とにかく人に紛れて雲隠れしないと。一番人が多い、ドリンクコーナーへ直行だ。
 別ニワタクシ、貴女方ノ事ナンテ気ニシテマセンノヨ。踊ッテノドガ渇イタカラ、飲ミ物ガ欲シクナッタダケデスノ。
 エエ、ソレダケデスノ。
 ソコノ貴方、甘イジュースヲ頂ケル?

「麗華!」

 パンッと背中を叩かれて、混乱の呪いが解けた。
 あぁ完全に今、私おかしくなってた。
 お兄様、正気に戻してくれてありがとう。
 石化と混乱の呪いの両方を一度にかけてくるとは、さすがラスボス。

「どうした。なんか変だよ」

 うん、それは誰よりも自覚しています。

「お兄様、私ちょっとお手洗いに行って参ります」

 一度ひとりになってリセットしたい。
 トイレに籠って落ち着きたい。
 いろいろ反省するのはそれからだ。

「大丈夫か?具合悪くなった?誰かに一緒に行ってもらおうか」
「ううん、平気です」
「でもなぁ…」
 相当私は挙動不審だったのか、お兄様が心配そうにしている。
 ごめんよ、心配かけて。

「よっ、貴輝」
「伊万里」

 ちょうどお兄様のお友達らしき人が声をかけてきたので、今のうちに行っちゃおう。

「初めまして、妹の麗華です。お兄様、ひとりで大丈夫ですから、ちょっと行ってきますね」
 お友達さんにペコリと挨拶して、そのまま早歩きで会場の外へGO!

「妹ちゃん、どうしたんだ。ずいぶん急いで」
「あぁ、トイレ」
 言うな!


 ドレッシングルームに駆け込み、個室に入るとぐったりと座り込んだ。
 はぁーーっ。
 一気にドッと疲れた。
 さっきまでのハイテンションが嘘みたいだ。

 …びっくりした。
 なんでいるの、あの人たち。
 夏休みはずっと地中海に行ってるという話はガセだったのか?
 プティピヴォワーヌの噂でも、ふたりはサマーパーティーには不参加って聞いていたのに。
 しかし、あの顔。
 怖かったなー。
 浮かれてワルツを踊っていた私を、なんだこいつっていう目で見ていた。
 勘違い女って絶対思ってた!
 来てるって知ってたら、調子に乗ってワルツなんて踊らなかったのに!



「ねぇ雅哉様がいらしてたわね。確か今回は不参加だったはずじゃない?」

 そうしてどよ~んと深く落ち込んでいたら、ドアの向こうから、私よりはだいぶ年上っぽい声の人達のおしゃべりが聞こえてきた。
 中等科か、高等科のメンバーだろうか。

「そうなのよ。本当は休み中はずっと海外で過ごすはずだったみたいなんだけど、優理絵(ゆりえ)さんの誕生日があるから、それに合わせて戻ってきたらしいのよ」
「あら、そうだったの。私の妹が雅哉様がいらしてるって大騒ぎしてたわ。でも優理絵さんが相手じゃ勝ち目はないかしら」
「ふふっ。まだわからないじゃない?ご自分の妹なんだから、応援してあげないと。ライバルは多いみたいだけど?」
「そうねぇ。まぁっ、マイカ様、ごきげんよう」
「ごきげんよう」

 別のお知り合いが入ってきたようで話は中断してしまったが、これで謎が解けた。
 優理絵様の誕生日だったか!

 私達より4つ年上の涼野(すずしの)優理絵様は、皇帝と円城の幼馴染であり、なんと皇帝の初恋の君なのだ。
 『君は僕のdolce』の中の優理絵様は、凛とした輝くばかりの美人で、学院生憧れの女性だった。
 吉祥院麗華も憧れていた。
 麗華も、あの曲がった事が嫌いな優理絵様に憧れていたなら、少しはそこから学べば良かったのにと思うけど、悪役キャラなんだからしょうがないか。麗華、不憫…。

 その優理絵様の事は、皇帝は高等科に上がる頃まで好きだったのだが、優理絵様は昔から年下の彼を弟のようにしか見ていない。
 結局その恋は玉砕し、主人公に八つ当たりするシーンなどもあるんだけど、そのうち主人公への興味が恋に変わり、初恋を完全に吹っ切る事が出来るのだ。
 しかしそれでも幼馴染で姉のような優理絵様は特別な存在で、自立心あふれる優理絵様が、大学卒業後に親の反対を押し切って、勝手に外資系企業に就職し渡米する事にした時、涼野家の両親を説得するのに力を貸すのだ。
 優理絵様が渡米する時には、「何かあったらすぐに連絡しろ。どこにいたって俺が絶対優理絵を助けに行くから」なんて言って、いつまでも特別な人だっていう事を印象づけている。
 それを見て主人公が、「本当はまだ優理絵さんが好きなんじゃないか」って不安になったりもするんだけど。

 そんな優理絵様の誕生日があったら、そりゃあ何があっても戻ってくるよね。納得。
 プティピヴォワーヌのサロンでも、優理絵様と話してる時は顔がほころんでるもんね。
 優理絵、優理絵って関心引こうと頑張ってるもんなぁ。
 初恋かぁ、甘酸っぱいなぁ。でもその恋は実らないんだよねー、あぁ切ない。

 ふたりのそんなやりとりを、ばれないようにこっそりと観察して、人様の恋路をニヤニヤきゅんきゅんして楽しんでいる私って、相当性格悪いと思う。

 しかしまぁ、いるはずのない鏑木円城コンビがパーティーにいた理由はこれでわかった。

 覆水は盆に返らない。
 ワルツを踊ってた姿を見られた過去は戻らない。
 ……忘れよう。
 この事は、黒歴史として心の沼に沈めよう。そうしよう。

「どっこいしょ」

 さて、お兄様も心配しているだろうから戻ろう。
 トイレに長居しすぎたな。乙女にとって不名誉な濡れ衣を着せられてたらどうしよう。
 お腹の調子は万全だというアピールをしたほうがいいだろうか?
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ