挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
謙虚、堅実をモットーに生きております! 作者:ひよこのケーキ
8/271

8

 サマーパーティーの会場には、すでに人がかなり集まっていた。

「ふわぁ~」

 感動で思わず間抜けな声をもらしてしまった。

 お姉様方の色とりどりのドレスが会場中に溢れ、ふわふわと揺れて、それが、あちこちに飾られている鮮やかな大輪の花々と相まって、まるで花の海にいるよう。
 フォーマルを着たお兄様方も、もちろんお姉様方には及ばないけど華やかで素敵です。

 はー、これが憧れのピヴォワーヌのサマーパーティー。
 すべてがキラキラと輝いて見えます!

 そもそもゲストのほとんどが瑞鸞在学生だから、空気が若々しいのだ。
 今まで、吉祥院家の娘として時々パーティーには出たことがあるけど、あれはメインが上流階級のおじ様、おば様のパーティーだから、気疲ればかりしてまるで楽しくなかった。
 私はまだ子供だという事で、なるべく辞退するようにしている。
 両親は連れて行きたいようだけど。

「麗華?大丈夫?」
 あら、やだ。口が開いてましたか。
 剥がれそうになっていた化けの皮を慌てて装着し直す。

「大丈夫です、お兄様。でもちゃんとそばにいて下さいね」
 本当は相手の腕に軽く乗せるだけの手に、がっしり力を込める。
 ジャケットの袖がシワになったらごめんね。
 でも油断したら、目移りしてる間に迷子になる自信があるの。

「見てください、お兄様。すべてがキラキラとして眩しいです」
「ただのシャンデリアの反射じゃない?計算されたライティングのおかげ」
 乙女の夢に水を差さないでください。


 パーティーが始まり、皆様が飲み物のグラスを片手にそれぞれ談笑し始めたので、私は早速お兄様に薔薇のアーチを見に行こうと誘った。

「ぜひ、日が落ちる前に見たいんです!お兄様のお薦めでしょ?」
「はいはい」

 お兄様にエスコートされてテラスを出ると、小さな白い噴水やテーブルセットのある洋風庭園の奥に、ありました、薔薇のアーチ!
 思った以上に可愛い!
 赤い薔薇で作られたアーチには、白いシフォンのリボンが結ばれ、それが風に揺られてウエディングベールみたい。
 そしててっぺんにはベルが!
 鳴らしたい!

「お兄様!もしやこのベルには、鳴らすと幸せになるというジンクスが?!」
「さぁ、聞いたことないけど。──鳴らしたいの?」
「うっ」

 こんな可愛いベルがあったら、誰だって鳴らしたくなるでしょう!
 ダメかな。周りに人多いし。
 おのぼりさんみたい?

「おいで」

 お兄様が私の手を引いてアーチの前まで連れて行ってくれた。

「すみません。妹が鐘を鳴らしたいそうなのですが、いいですか?」

 お兄様がアーチの一番近くにいた先輩に話しかけた。
 先輩は快く場所を譲ってくれ、お兄様は私に「さぁどうぞ」というように促した。が、この注目されてる状況で、鳴らすのって勇気いるーっ!
 お兄様、度胸あるなー。

 でもせっかくの機会なんだし、皆様のご好意に甘えて鳴らしちゃおうかな。
 一人じゃ恥ずかしいのでお兄様もご一緒に。
 お兄様は微妙な顔をしていたけど、気にしない。
 二人でカランカランとベルを鳴らしたら、「あら、結婚式の新郎新婦みたい」なんて言われて、お兄様が更に微妙な顔をした。気にしない。

 私が浮かれてベルを鳴らしているのを、初等科の女の子達が見ていたようで、自分達も鳴らしたいと集まってきた。
 そうでしょう、そうでしょう。
 本当はみんな、鳴らしたかったに違いない。私が先陣切って恥をかいたおかげだね。
 いい仕事したわ。

 薔薇のアーチを堪能し、室内に戻ると、そこでは中央でワルツを踊る人々が!
 パーティー! ワルツ!

「お兄様」

 何かを察したお兄様は、私から顔を逸らしてビュッフェコーナーに行こうとしている。
 しかしお兄様の腕をつかんでいる私は動かない。

「お兄様、ワルツですよ」
「嫌だよ」
 即答ですか。

 私は上流階級のたしなみとして、社交ダンスも習わされている。
 お兄様も今は通っていないようだけど、もちろん過去に習っていた。
 せっかく習っているんだから、活用する機会が欲しいじゃない。でなきゃ何のために習っているのさ。
 薔薇のアーチのベルを鳴らして、私は妙にハイになっているようだ。
 普段なら、恥ずかしくて自分から踊りにいこうなんて思わないはずなのに。

「お兄様、1曲だけです。ね、ね」
 可愛い妹の思い出づくりの為に、うんと言ってください。

「はぁ…」
 お兄様は大きなため息をつくと、がっくりと頭を落とした。
「1曲だけだよ」

 やったー!


 ホールには楽団の奏でるワルツが流れる。 
 いち、に、さん、いち、に、さん。
 背筋を伸ばしてー、腕を下げなーい、はい!いち、に、さん、いち、に、さん。

 先生のレッスンを思い出しながら、くるん、くるんと回る。
 天井のシャンデリアがキラキラと輝く。
 お気に入りのドレスの裾が広がる。
 あぁ、夢のように楽しい。






+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ