挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
謙虚、堅実をモットーに生きております! 作者:ひよこのケーキ
77/277

77

 今日は香澄様に誘われて、ピヴォワーヌ専用席でランチ。最近、ちょっと甘いものばかり食べすぎている気がしないでもないので、ヘルシーな春野菜とベーコンのパスタにしておく。

「この前はクラスのランチ懇親会を企画したんですってね」

 香澄様が悪戯っぽい目で聞いてきた。
 これはきっと友柄先輩から、私が香澄様の名前を出してお願いしたことを聞いてるな~。

「ええ。食堂や生徒会長からも快い返事をいただけまして。楽しくみんなで食事をすることが出来ましたわ」
「まぁ」

 香澄様がふふっと笑った。
 すると私達の会話を聞いたほかのメンバーが、話に加わってきた。

「生徒会にわざわざ話を通す必要はなかったのでは?それではまるで、あちらが上みたいに思われるわ」
「そうだな。あくまでも瑞鸞ではピヴォワーヌが最上位なのだから」

 ありゃ~。面倒くさい話になってきたな。
 ピヴォワーヌ至上主義の方々は生徒会を毛嫌いしているから。
 香澄様が気まずそうに下を向いた。その生徒会の長と付き合ってるなんて、これじゃ絶対言えないだろうなぁ。
 中等科ではそこまでではなかったピヴォワーヌと生徒会の確執が、高等科ではずいぶん激しくなっていた。
 生徒会の持つ権力が、高等科の方が大きいせいもあるのだろう。まぁ今の生徒会長なら、全面対決なんてことにはならないだろうけど…。

「私は新入生ですし、スムーズに事が運ぶように、生徒会にも事前連絡をしておいたほうがいいかと思ったのです。でももし私の行動が不快にさせたのでしたら、申し訳ありませんでしたわ…」
「あ、いやっ、麗華さんは悪くないよ。すまないね、気にしないでいいよ」

 哀しそうな顔でか弱い私を演出してみたら、わりとすぐに折れてくれた。うへへ。
 この話はそこで終わり、その後の食事はなごやかに進んだ。鏑木と円城も時々会話に参加した。ふたりは部活には入らないそうだ。運動部からの相当な勧誘があったみたいだけど。

「麗華様はどこか入りたい部があったの?前に見学に行ったと聞いたけど」
「ええ。でもまだ決めかねていて…」

 本当は文化部で入りたい部はいくつかあったけどね。そのどれもが部員がおとなしそうな子達ばかりで、突然の猛獣登場に怯えるうさぎちゃん達みたいだったんだもん。あれは絶対歓迎していない。

「茶道部や華道部はどう?」
「小さい頃から教えていただいている先生がいらっしゃるので、わざわざ部活に入りたいとは思いませんの」
「そう。ほかに希望はあるの?」
「最初は運動部を希望していたんですけど…」

 その瞬間、鏑木と円城がちらっとこちらを見た気がした。なんだよ、私が運動部希望じゃおかしいかよ。
 私は遠足の山登りでは、いつもあまり芳しい成績ではないけれど、体育の成績は人並みだ!体育祭ではそこそこ活躍しているじゃないか!
 私は別に運動神経が悪いわけじゃない。ただ根性がないだけだ。

「瑞鸞の運動部はわりと練習がきついと聞くわよ。麗華様にはつらいのではないかしら」
「ええ。見学して無理そうだと思いましたわ」

 鏑木と円城が小さく噴き出すのが聞こえた。ムカッ。

「あれ~、こっちの席空いてるよ~」

 その時、若葉ちゃんがお弁当を抱えながらこちらにやってきた。
 うそっ、なんで?!
 お昼休みになってからずいぶん経っていたので油断していた。授業が押してたのか?!
 プレート!ピヴォワーヌ専用席のプレートは?!ないっ!誰だ、どかしたのはっ!
 そのまま無邪気な笑顔でやってきた若葉ちゃんに、ピヴォワーヌの先輩方の空気が厳しくなった。これはまずい…。至上主義の先輩方が今にも怒りそうな雰囲気だ。

「あ、あのっ、こちらの席は私達の専用の席なので、一般の生徒は座れないのよ?」

 私は思わず立ち上がって、若葉ちゃんに注意した。
 若葉ちゃんはきょとんとした顔で私と目を合わせた。そして自分の後に続いてこない友達を振り返り、その友達の顔色を見て、自分の行動がまずかったのを悟ったみたいだった。

「すみませんっ。私気づかなくて。申し訳ありませんでしたっ」

 若葉ちゃんは思いっきり頭を下げて、大急ぎで友達の元に戻って行った。セーフ!

「なんだ今のは。外部から入ってきた新入生か。後で名前を調べて正式に注意しよう。示しがつかない」
「あの子、あまり瑞鸞の生徒っぽくないわね。もしかして特待生枠なんじゃないかしら」
「それなら余計に問題だな」

 げげっ!

「あのっ、なにもそこまでしなくても。きっとまだ慣れていないのですわ。今回は大目にみてはいかがでしょう?」
「しかし…」
「もちろんこのままというわけにはいきませんから、私から彼女のクラスの、クラス委員を通じて注意をしておきますわ。その時にピヴォワーヌのこともしっかり教えますわ。ね、お願いします」
「…では今回だけは麗華さんに免じてということで」
「…そうね。麗華さんがそこまで言うなら」
「まぁ、ありがとうございます!」

 怖い~っ。ピヴォワーヌ、怖い~。
 たかが席に座りそうになったくらいで、そこまで怒るなよ~。
 それと若葉ちゃん、迂闊すぎ。一緒にいた友達はしっかり気づいていたのに。友達も教えてやれよ。青ざめて突っ立ってる場合じゃないよ。
 そして今の小さな騒ぎの間も、鏑木と円城は全く気にせず普通に食事を続けていた……。

 でもこれって、君ドルで吉祥院麗華が「身の程知らず!」って若葉ちゃんを怒鳴っておおごとにする、あのシーンだよね?
 マンガでは食堂が静まりかえり、若葉ちゃんが入学早々悪い意味で注目される、一番最初のトラブルだったけど。
 一応、回避したってことなのかな?つい衝動的に立ち上がって注意しちゃったけどさぁ。だってあのままじゃ、物凄く厄介な展開になりそうだったんだもん。
 あぁ、でも本当にマンガと同じことが起きるんだ…。うっ、なんだか胃が痛くなってきた。
 でもパスタはしっかり食べるよ。春野菜は体にいいからね。


 若葉ちゃんのクラスのクラス委員には食堂での話をして、それとなくピヴォワーヌへの注意事項を教えてあげるようにお願いした。
 いっそピヴォワーヌ対策マニュアルでもあるといいんだけど。友柄先輩に相談してみようかな…。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ