挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
謙虚、堅実をモットーに生きております! 作者:ひよこのケーキ
47/289

47

 私は中学生になって、ひとりで出歩けるようになったら、ずっと行きたい場所があった。
 前世で私が住んでいた家だ。
 この世界は、前世で私が住んでいた日本とほぼ同じだ。ランドマークや駅名や住所など。
 でも部分的に違うところもある。それはもちろん瑞鸞学院を筆頭に、君ドルに出てくる家や会社や人間などだ。
 ただ、それ以外は本当に私が知っている日本の町とほとんど一緒なのだ。だったら、もしかしたら、私が住んでいた家に、私の家族がいるのかもしれない。

 ずっと、ずっと考えてた。
 もしかしたら、もう一度会えるんじゃないかって。


 前世の私と家族が住んでいたのは、東京の少し外れの町だ。
 そこで両親と私と妹の4人で、マンションに住んでいた。
 お父さんは普通のサラリーマン。お風呂上りにステテコ姿でふらふらして、家族からブーイングを受ける、家ではちょっとダメダメお父さん。
 お母さんは専業主婦で、料理上手。私が林間学校や修学旅行から帰った日は、必ず私の好きな炊き込みご飯と肉じゃがとおでんを作ってくれた。妹の時は、ケチャップのかかったハンバーグと茶碗蒸しとお豆腐となめこのお味噌汁だった。
 何日かぶりに帰ってきて、玄関を開けると私の好きなごはんの匂いが漂ってくる。あぁ帰ってきたってほっとした。
 お父さんが出張から帰った時はなんだったかな?あぁ、いつもの発泡酒がビールになったんだ。「やっぱりビールは違うなぁ」って、嬉しそうに飲んでた。

 前世の私はいつも家でごろごろだらだらして、お母さんに怒られてた。
「勉強しなさい」「早く宿題やりなさい」先に言われちゃうと、やりたくなくなるのはなんでだろう?
 いない間に勝手に部屋を片付けられて、ケンカしたこともあった。お母さんにはくだらないものでも、私にとっては大事なものだったのに、なんて捨てちゃったの!って。
 妹はちゃっかりした子だった。
 私が怒られているのを見て、自分は上手く逃げるような知恵があった。
「お姉ちゃんなんだから我慢しなさい」「お姉ちゃんなんだから譲ってあげなさい」って、大人に言われるたびに、なんでって悔しかった。妹をちょっと嫌いになった。
 でも、怖いテレビを見た夜は、一緒の布団で眠った。トイレに行くときは手をつないで、ドアの外でかわりばんこに歌を歌った。
 私の成人式の時、バイトしたお金で草履とバッグをプレゼントしてくれた。「私の時にも貸してよね」って笑ってた。
 お父さんは、いつもソファでぐーたらしてた。打ち上げられたトドみたいだった。お母さんは私に「あんたのぐーたら癖はお父さん似」と言っていた。
 でも休みの日には家族サービスで、近場だけどドライブに連れて行ってくれた。海や山に行って遊んだ。お父さんの車のミラーには、私が修学旅行で買ってきた交通安全のお守りがぶらさがっていた。



 私の住んでいた町の駅に着いた。
 駅前はだいたい私の記憶と一緒だった。大きなスーパーとか、ところどころ違ったものもあるけど、でも懐かしい風景だった。
 私の家は、駅から歩いて10分程度。大通りから少し入った住宅街に建つマンションの7階。
 もう少し。もう少しで見えてくる。その道を曲がったら───

 そこには、私の住んでいたマンションはなかった。

 レンガ壁のマンションの代わりに、古いベージュのビルが建っていた。
 私の住んでいた家も、私の家族も、どこにもいなかった。



 帰りは吉祥院家の車に迎えに来てもらった。
 久しぶりの電車は緊張した。車の送迎っていうのはやっぱり楽だな。
 この生活に慣れちゃうと、もう庶民の生活には戻れないね。
 だってもうずっと、この生活を続けてるんだもん。しょうがないよ。



 家に戻ると、珍しくお兄様がいた。
 大学に入ってからは忙しそうで、最近は夕食時にもなかなか間に合うことがなかった。
 お兄様がリビングのソファでくつろいでいたので、隣に座ってべったり張り付いてやった。

「ん?どうしたの麗華」

 別に、ただくっつき虫になりたくなっただけですよ。
 気にせず本の続きでも読んでてください。

 私はお兄様の腕に頭をぐりぐり押し付けた。
 お兄様は黙ってくっつき虫のやどり木になってくれた。


 あの時───
 あぁ、やっぱりって思った。
 ここはマンガの世界なんだから、いるわけないってわかってた。
 でも、もしかしたらって思ってた。
 もう一度、会えることが出来たならって。
 大好きだったって、伝えたかった。

 お母さんに料理を教えてもらえばよかった。もうお母さんのごはんの味は一生食べられない。だって私がお母さんの手伝いを全然しなかったから。バチが当たったんだ。
 お父さんの野球観戦に付き合ってあげればよかった。興味ないって自分の部屋でマンガ読んでた。私はトドの娘なんだから、一緒にリビングに転がっていればよかった。
 妹にももっと優しくしてあげればよかった。私のアクセサリーを勝手に使って失くした時、本気で掴みかかってケンカした。私はお姉ちゃんなんだから、折れてあげればよかった。


 ごめんね。ごめんね。駄目な私で本当にごめんね。
 会いたいよ。
 もう一度だけ会いたいよ。
 寂しいよ。
 ずっとずっと、寂しかったんだよ。
 お父さん、お母さん、ユカちゃん…。




 いつの間にか眠ってしまっていたらしい。
 ソファに横たわる私に、ブランケットが掛けられていた。
 掛けてくれたのは、お兄様かな?

 今、リビングには誰もいない。

 ここは吉祥院家。
 私は吉祥院麗華。
 今の私の家族は、あのお父様とお母様と、お兄様だ。

 私は今度こそ家族を大切にする。
 だから絶対に、守ってみせる。
 そう決めたんだから。


「あれ、麗華起きたの?」
 お兄様がリビングに戻ってきた。

「えへへ」
 私はお兄様に飛びついた。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ