挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
謙虚、堅実をモットーに生きております! 作者:ひよこのケーキ
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

298/298

298

 鏑木が来ただとーー?!

「な、なんで…?!なんで鏑木が!」

 今日来るって約束してたの?!
 必死の形相で若葉ちゃんに詰め寄ると、私に両腕を掴まれた若葉ちゃんはブンブンと頭を横に振った。ということはまたアポなしか!鏑木!あれほどアポなし訪問はやめろと言ったのに!

「と、とにかくどっか隠れないと…。それとも裏からこっそり家を出る?!」

 あーっ、ダメだ!鏑木がいるから玄関に靴を取りに行けない!それに玄関前を押さえられていたら、姿を見られる可能性が高すぎるっ。じゃあ、どうすればいい?!
 パニックでまともな案がなにも思い浮かばない。頭の中が真っ白だ。あ~っ、もうっ、もうっ、もうっ!まさか今日、鉢合わせするとは!本当にどうしたらいいの?バレたら何て言って説明すればいい?

「吉祥院さん、一旦落ち着こう」
「だけど、若葉ちゃん…」

 玄関にいる鏑木に聞こえないように小声で話す私達に、「一体、どうしたんだよ」とキッチンから出てきた寛太君が怪訝な顔で聞いてきた。

「なぁ、姉ちゃん、コロネ」
「寛太君、声が大きいっ」

 私はシーッ!シーッ!と人差し指を立てて寛太君に注意した。いきなり静かにしろと言われた寛太君は、「はあ?」と眉間にシワを寄せて訝しげな表情になった。

「あのね、寛太君…」
「若葉ー?鏑木さんが待ってるわよ~?あがってもらう~?」

 ぬおおおおおおおおおおっっっ!!
 お母さんっ、なんてことをぉぉぉぉっ!それだけはやめてーーっ!
 私の胃が雑巾の如く引き絞られた。

「待って!今行くから!」

 若葉ちゃんは、お母さんに向かって大きな声で返事をすると、

「とりあえず、待たせちゃってるから行ってくるよ」
「えっ、行っちゃうの?!」

 縋る私に、若葉ちゃんは「大丈夫、外で話してくるだけから」と安心させるように言葉をかけると、鏑木の待つ玄関に向かった。

「くれぐれも、私がここに居ることは秘密に…!」

 振り向いた若葉ちゃんは、わかってると頷いた。頼んだよ、若葉ちゃん!
 しかし若葉ちゃんはそう言っていたものの、心配でたまらない。玄関の靴を発見しただけで私だとバレる確率は低いと思うけど…。

「おい、コロネ…」

 落ち着きなくその場をうろうろと歩き回る私を、寛太君が完全に不審な目で見ているけど、取り繕う余裕もない。

「…コロネって鏑木さんと仲悪いの?」
「そういうわけじゃないんだけど…」

 私がもごもごと口ごもると、寛太君が目を眇めてさらに眉間のシワを深くした。

「とにかく、私が今ここに居ることを絶対に知られたくないの」
「ふぅん」

 私と鏑木の関係は、今はどうでもいい。
 よりも鏑木が一体何をしに来たのか、そして今、何を話しているのか、そっちの方が重大事項だ。
 私はそろりそろりと気配を殺して、玄関先に近づく。そして柱の梁から細心の注意を払いそーっと覗くと、玄関のドアは閉まっていた。ひとまずホッとする。これでいきなりドアを開けられない限り、見つかる心配も減った。
 あとはふたりが何を話しているかだ。
 はドアにへばりついて、耳をペタリとくっつけた。

「盗み聞きかよ…」

 私を追ってきた寛太君に、再度シーッと人差し指を立てて合図をする。ここからはジェスチャーか筆談でお願いします。
 若葉ちゃんと鏑木はドアからそれほど離れてはいないようで、耳をつけなくても会話が聞こえてきた。

「突然悪かったな」
「それはいいけど…。でも今日はお家の用事があって予備校にも来られないって言っていたよね?」
「ああ。家の所用はさっき終わった。それで本来はこの後夕方からも予定があったんだが、その予定が急遽キャンセルになって時間が空いたんだ」

 …キャンセルになった夕方からの予定。それはもしかして、私のスパルタトレーニングのことですか?

「そうだったんだ。それで、今日はなにかあったのかな?」
「あぁ…。高道に渡したいものがあったんだ」
「渡したいもの?」

 鏑木が渡したいものが気になって、私はドアを慎重に、慎重にゆっくりと数ミリ開けた。そこから片目で外の様子を盗み見ると、鏑木が細長い箱を若葉ちゃんに手渡していた。
 うわぁ、本当に鏑木だよ…。

「これは?」
「簪だ。時間が空いたから街を歩いていたらさっき見つけたんだ。高道は今度の花火大会で浴衣を着ると言っていただろう。その時によかったら使ってくれ」
「ええっ、簪?!いいの?ありがとう!」

 箱を開けた若葉ちゃんは、「わぁっ、可愛い!」と喜んだ。それを見た鏑木が、嬉しさを隠すように口を歪めた。
 それよりも聞き捨てならないことを聞いた。花火大会だと?まさか、一緒に行く約束をしていたの?いつの間に!
 そこへ「あら~、若葉ちゃん」と、ご近所さんらしきおばちゃんが通りがかり、若葉ちゃんも「こんにちは~」と挨拶を返した。

「もしかして若葉ちゃん、彼氏?」

 出た。おばちゃんの必殺技、ノンデリカシー。
 世のおじさん、おばさんというのはどうして若者の恋愛事情に興味津々で土足で踏み込んでくるのだろうか。法事やお正月等の集まりで、親戚のおじさんおばさんに寄ってたかって「彼氏できたか?」「彼女できたか?」と聞かれ、「この子ったら最近妙に洒落っ気出してきているのよ~」「テレビも見ないでずっと携帯をいじっているのよ」と親の裏切りで情報を売られたが最後、自分の話題を延々酒の肴にされるという地獄の数時間に涙した経験のある若者は大勢いるはずだ。

「違うよ。そんなんじゃないから!」
「あらあら照れちゃって~。小さかった若葉ちゃんもすっかり年頃のお嬢さんになったのねぇ」
「も~、おばちゃん、違うってば」

 大変だな、若葉ちゃん…。
 するとおばちゃんと若葉ちゃんがやり取りする間、無言で立っていた鏑木が、ふいに何かを思い出したかのようにおもむろに携帯電話を取り出し操作すると、耳にあてた。電話…?
 その瞬間、ピロロロロ…!と部屋の奥から響く携帯の音に私の心臓が止まった──!
 脱兎のごとく部屋に駆け戻り、カバンの中身をぶち撒ける。なぜマナーモードにしておかなかったんだ、私!
 とにかくこの音を消さないと!
 散乱された荷物の中から携帯電話を見つけると、恐慌状態の私は、鳴り響く着信音を止めるべく、携帯の電源ボタンを必死に連打した。止まれ!止まれ!
 電源が落ちた。
 私は床にへなへなと倒れ込む。心臓がバクバクと全身で音を立てている。
 今のって、鏑木からの着信…?リダイヤルでまた掛かってくる心配があるから、電源を入れて着信履歴を確かめることはできないけど。
 …って、もしも鏑木だったら今の行動は最悪の悪手だったんじゃないの?!家の中から聞こえた着信音が切れるタイミングと、自分の呼び出し音が切れるタイミングが同じだったら、おかしいと思うよね?!やってもうた~っ!
 私は散らかした荷物を急いでカバンに詰め込むと、玄関に取って返した。
 そしてドアの隙間から片目で様子を探ると、ご近所のおばちゃんの姿は消え、代わりに難しい顔で携帯を見つめる鏑木がいた。
 かすかに首を捻った鏑木は、携帯をいじりもう一度耳にあてた。そして、そのまま玄関のあるこちらに視線を向けた。同時に私はバッとドアの後ろに隠れる。セーーフ!!

「どうしたの?」
「…さっき、家の中で携帯の音がしていなかったか?」
「えっ?!そうだった?!」

 若葉ちゃんは「私は気づかなかったけど」と言った。
 しかし鏑木は「…いや、まさかな」と呟くと、考え込んだ。

「それが、どうかしたの…?」
「俺が電話を掛けたタイミングと丁度同じだったんだ。切れたタイミングも…」
「ええっ、偶然じゃない?」

 若葉ちゃんの声が裏返った。

「…誰か来てるのか?」
「えっ、誰かって?!」

 鏑木に見据えられた若葉ちゃんはあらぬ方向に目をやった後、さも今思い出したかのように、「ああ!」と言った。

「友達が来てるよ!」
「友達?」
「うんっ」
「誰」
「えっ?!」
「誰」
「…えっと、えっと、コロちゃん!コロちゃんっていう友達!」
「コロちゃん…?」
「そう!コロちゃん!」
「コロちゃん…。変わった名前だな」

 若葉ちゃんは「そうだね~、あはは~」と笑った。笑ってごまかすしか残された道はなかった。
 鏑木は自分を納得させるように、

「…そうだな。あいつがここにいるはずがない」
「あいつ…?」
「出来の悪い教え子だ」

 …誰が教え子だって。

「教え子?」
「そうだ。少し目を離すとすぐにサボりたがる困ったヤツだ。今日も言い訳をして逃げ出したから、その分の自宅メニューを追加しようと電話を掛けたんだが…」

 追加の自宅メニューなんかいらないし!本当にまだ筋肉痛だし!

「まぁ、あれの話はいい。友達が来ているなら、俺はこれで帰る」
「あ、うん。ごめんね。簪、どうもありがとう」
「いや。今日はそれを渡したかっただけだから。…今度の花火大会、楽しみにしている」
「うんっ。私も!」

 鏑木は表情を隠すように下を向いて頷くと、「じゃあ」と言って帰って行った。
 はあ~っ、なんとか一応バレなかった~…。
 家の中に戻ってきた若葉ちゃんに、私はさっそく花火大会のことを聞いた。

「うん。今度の休みに花火大会に行く約束をしたんだ」
「そうだったんだ…」

 あいつ、なんでこんな大事なことを言わなかったんだ?いつもうるさいくらいに事細かく報告してくるっていうのに。

「でも、大丈夫なの…?」
「大丈夫って?」

 若葉ちゃんは首を傾げた。
 花火大会を楽しみにしているらしい若葉ちゃんに、水を差すようなことを言うのは心苦しいけど、花火大会なんて大勢の見物客が詰めかけるはずだから、瑞鸞の関係者に見つかる可能性が高いんじゃないかと思うんだけど。

「えっと、混んでいるんじゃないかなぁって」

 キッチンに立つ寛太君の手前、言葉を濁す。

「なんかね、鏑木君がクルーザーを出してくれるんだって」

 …クルーザーで好きな女の子と花火見物とは。どうやら鏑木は恋愛謳歌村への不法入村を企んでいるらしい。
 でもクルーザーだったら、遭遇率も下がって安心か。

「すごいよなぁ。自家用クルーザーを持ってるなんてさ。やっぱり瑞鸞って違うんだな」

 話に入ってきた寛太君が、「そういえば」と言った。

「学校で志望校の話が出た時に、瑞鸞ってどうなのかうちの担任に聞いたら、瑞鸞は生徒間のヒエラルキーがあるから、ピラミッドの下の一般生徒は大変だぞなんて言われたんだけど、本当にそんなのあるの?コロネや鏑木さんを見てると、お金持ちなのはわかるけど、ヒエラルキーとかピラミッドとかってあんまり想像できないんだけど」
「……」
「……」

 その瑞鸞ピラミッドの頂点にいるのが、鏑木や私ですが…。
 私と若葉ちゃんは無言になった。

「…まぁ、ないことも、ないかなぁ?」
「えっ、マジで。大丈夫なのかよ、コロネ。コロネはおっちょこちょいだからな。ピラミッドの上の連中を怒らせたりしていないか?」
「…うん、大丈夫だよ。心配してくれてありがとう、寛太君…」

 私の上には二人しかいないから…。





 若葉ちゃんのお家で夕食をごちそうになり、帰宅した私は切りっぱなしにしていた携帯電話の電源を入れた。
 着信履歴──。予想通り鏑木だった。
 鏑木からはメールも届いていた。電話をしたけど繋がらなかったことと、自宅でのストレッチメニューについてだ。やりたくな~い。適当にやったことにして返信しておこうかな…。
 メールを打っていると、画面が電話の着信に切り替わった。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

ログ・ホライズン

MMORPG〈エルダー・テイル〉をプレイしていたプレイヤーは、ある日世界規模で、ゲームの舞台と酷似した異世界に転移してしまった。その数は日本では約三万人。各々が//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全131部分)
  • 18788 user
  • 最終掲載日:2017/08/31 20:00
金色の文字使い ~勇者四人に巻き込まれたユニークチート~

『金色の文字使い』は「コンジキのワードマスター」と読んで下さい。 あらすじ  ある日、主人公である丘村日色は異世界へと飛ばされた。四人の勇者に巻き込まれて召喚//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全816部分)
  • 19904 user
  • 最終掲載日:2017/10/18 00:00
用務員さんは勇者じゃありませんので

部分的学園異世界召喚ですが、主役は用務員さんです。 魔法学園のとある天才少女に、偶然、数十名の生徒・教師ごと召喚されてしまいます。 その際、得られるはずの力をと//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全142部分)
  • 22405 user
  • 最終掲載日:2017/08/25 18:00
フェアリーテイル・クロニクル ~空気読まない異世界ライフ~

※作者多忙につき、次回更新は9月23日、その次は10月14日とさせていただきます。 ※作者都合により後日談は隔週更新とさせていただきます。 ※2016年2月27//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全223部分)
  • 20804 user
  • 最終掲載日:2017/10/14 07:00
この世界がゲームだと俺だけが知っている

バグ満載のため、ある意味人気のVRゲーム『New Communicate Online』(通称『猫耳猫オフライン』)。 その熱狂的なファンである相良操麻は、不思//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全239部分)
  • 19046 user
  • 最終掲載日:2017/04/01 23:59
甘く優しい世界で生きるには

 勇者や聖女、魔王や魔獣、スキルや魔法が存在する王道ファンタジーな世界に、【炎槍の勇者の孫】、【雷槍の勇者の息子】、【聖女の息子】、【公爵家継嗣】、【王太子の幼//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全245部分)
  • 21651 user
  • 最終掲載日:2017/10/13 12:00
リビティウム皇国のブタクサ姫

リビティウム皇国のオーランシュ辺境伯にはシルティアーナ姫という、それはそれは……醜く性格の悪いお姫様がいました。『リビティウム皇国のブタクサ姫』と嘲笑される彼女//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全217部分)
  • 18858 user
  • 最終掲載日:2017/10/11 21:00
悪役令嬢後宮物語

エルグランド王国には、とある有名な伯爵令嬢がいた。 その麗しい美貌で老若男女を虜にし、意のままに動かす。逆らう者には容赦せず、完膚なきまでに叩き潰し、己が楽しみ//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全128部分)
  • 19714 user
  • 最終掲載日:2016/02/14 09:00
ありふれた職業で世界最強

クラスごと異世界に召喚され、他のクラスメイトがチートなスペックと“天職”を有する中、一人平凡を地で行く主人公南雲ハジメ。彼の“天職”は“錬成師”、言い換えれば唯//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全282部分)
  • 27132 user
  • 最終掲載日:2017/09/23 18:52
私、能力は平均値でって言ったよね!

アスカム子爵家長女、アデル・フォン・アスカムは、10歳になったある日、強烈な頭痛と共に全てを思い出した。  自分が以前、栗原海里(くりはらみさと)という名の18//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全234部分)
  • 28045 user
  • 最終掲載日:2017/10/20 00:00
盾の勇者の成り上がり

盾の勇者として異世界に召還された岩谷尚文。冒険三日目にして仲間に裏切られ、信頼と金銭を一度に失ってしまう。他者を信じられなくなった尚文が取った行動は……。サブタ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全846部分)
  • 22005 user
  • 最終掲載日:2017/10/17 10:00
とんでもスキルで異世界放浪メシ

※タイトルが変更になります。 「とんでもスキルが本当にとんでもない威力を発揮した件について」→「とんでもスキルで異世界放浪メシ」 異世界召喚に巻き込まれた俺、向//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全386部分)
  • 26746 user
  • 最終掲載日:2017/10/10 23:44
人狼への転生、魔王の副官

人狼の魔術師に転生した主人公ヴァイトは、魔王軍第三師団の副師団長。辺境の交易都市を占領し、支配と防衛を任されている。 元人間で今は魔物の彼には、人間の気持ちも魔//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全415部分)
  • 23089 user
  • 最終掲載日:2017/06/30 09:00
異世界食堂

しばらく不定期連載にします。活動自体は続ける予定です。 洋食のねこや。 オフィス街に程近いちんけな商店街の一角にある、雑居ビルの地下1階。 午前11時から15//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全119部分)
  • 26591 user
  • 最終掲載日:2017/06/10 00:00
理想のヒモ生活

月平均残業時間150時間オーバーの半ブラック企業に勤める山井善治郎は、気がつくと異世界に召喚されていた。善治郎を召喚したのは、善治郎の好みストライクど真ん中な、//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全94部分)
  • 18304 user
  • 最終掲載日:2017/06/27 00:10
Re:ゼロから始める異世界生活

突如、コンビニ帰りに異世界へ召喚されたひきこもり学生の菜月昴。知識も技術も武力もコミュ能力もない、ないない尽くしの凡人が、チートボーナスを与えられることもなく放//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全443部分)
  • 24737 user
  • 最終掲載日:2017/06/13 01:00
無職転生 - 異世界行ったら本気だす -

34歳職歴無し住所不定無職童貞のニートは、ある日家を追い出され、人生を後悔している間にトラックに轢かれて死んでしまう。目覚めた時、彼は赤ん坊になっていた。どうや//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全286部分)
  • 33150 user
  • 最終掲載日:2015/04/03 23:00
八男って、それはないでしょう! 

平凡な若手商社員である一宮信吾二十五歳は、明日も仕事だと思いながらベッドに入る。だが、目が覚めるとそこは自宅マンションの寝室ではなくて……。僻地に領地を持つ貧乏//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全205部分)
  • 32408 user
  • 最終掲載日:2017/03/25 10:00
本好きの下剋上 ~司書になるためには手段を選んでいられません~

 本が好きで、司書資格を取り、大学図書館への就職が決まっていたのに、大学卒業直後に死んでしまった麗乃。転生したのは、識字率が低くて本が少ない世界の兵士の娘。いく//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全677部分)
  • 21641 user
  • 最終掲載日:2017/03/12 12:18
公爵令嬢の嗜み

公爵令嬢に転生したものの、記憶を取り戻した時には既にエンディングを迎えてしまっていた…。私は婚約を破棄され、設定通りであれば教会に幽閉コース。私の明るい未来はど//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全265部分)
  • 31227 user
  • 最終掲載日:2017/09/03 21:29
デスマーチからはじまる異世界狂想曲

 アラサープログラマー鈴木一郎は、普段着のままレベル1で、突然異世界にいる自分に気付く。3回だけ使える使い捨て大魔法「流星雨」によって棚ボタで高いレベルと財宝を//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全549部分)
  • 26315 user
  • 最終掲載日:2017/10/15 18:00
蜘蛛ですが、なにか?

勇者と魔王が争い続ける世界。勇者と魔王の壮絶な魔法は、世界を超えてとある高校の教室で爆発してしまう。その爆発で死んでしまった生徒たちは、異世界で転生することにな//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全529部分)
  • 31724 user
  • 最終掲載日:2017/10/13 23:33
詰みかけ転生領主の改革(旧:詰みかけ転生領主の奮闘記)

享年29歳の男――人生をドロップアウトするには早すぎる死だったが、気が付けば領地を持つ上級貴族の息子、ソラ・クラインセルトとして転生していた。 ――主人公の両親//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全243部分)
  • 19442 user
  • 最終掲載日:2015/04/10 23:00
転生したらスライムだった件

突然路上で通り魔に刺されて死んでしまった、37歳のナイスガイ。意識が戻って自分の身体を確かめたら、スライムになっていた! え?…え?何でスライムなんだよ!!!な//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全303部分)
  • 29513 user
  • 最終掲載日:2016/01/01 00:00
賢者の孫

 あらゆる魔法を極め、幾度も人類を災禍から救い、世界中から『賢者』と呼ばれる老人に拾われた、前世の記憶を持つ少年シン。  世俗を離れ隠居生活を送っていた賢者に孫//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全123部分)
  • 21125 user
  • 最終掲載日:2017/09/22 23:45
10年ごしの引きニートを辞めて外出したら自宅ごと異世界に転移してた

【本編完結済み】※書籍化しました!オーバーラップ文庫様より、五巻目となる④巻が発売されています!詳細は活動報告にて!  北条雄二、30才、無職、引きこもり歴10//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全519部分)
  • 18326 user
  • 最終掲載日:2016/10/25 18:00
異世界迷宮で奴隷ハーレムを

ゲームだと思っていたら異世界に飛び込んでしまった男の物語。迷宮のあるゲーム的な世界でチートな設定を使ってがんばります。そこは、身分差があり、奴隷もいる社会。とな//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全220部分)
  • 21736 user
  • 最終掲載日:2017/08/30 20:00
Knight's & Magic

メカヲタ社会人が異世界に転生。 その世界に存在する巨大な魔導兵器の乗り手となるべく、彼は情熱と怨念と執念で全力疾走を開始する……。 *お知らせ* ヒーロー文庫よ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全131部分)
  • 20916 user
  • 最終掲載日:2017/10/16 23:32
↑ページトップへ