挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
謙虚、堅実をモットーに生きております! 作者:ひよこのケーキ
292/292

292

 目の前にデンと鎮座する体組成分測定機器──。

「この測定器は最新鋭で、従来のものよりも正確でさらに細かいデータを測ることができるんだ」

 鏑木の説明によると、この装置では体重だけではなく筋肉量や脂肪量や基礎代謝、そこからさらに細かく、部位別の筋肉量や体脂肪量、除脂肪量、内臓脂肪断面積脂肪指数、水分量、たんぱく質量、無機質量等々、様々な数値を測ることができるらしい。

「さぁ、乗るんだ、吉祥院!」
「ですから断固拒否だと言っているでしょうが!」

 内臓脂肪断面積脂肪指数だと。冗談じゃないよ、バカ!要するに腹囲の贅肉ってことでしょうが!

「絶対に測りませんから」
「はぁ?たかがデータ測定を、なんでそこまでイヤがるんだ」

 鏑木は理解できないと眉を顰めた。
 なんでだと…?!
 当たり前じゃないか!同級生の男子に体重や体脂肪率を知られるなんて、平気な子の方が少数だ。

「鏑木様達に、私の体重を知られるのが、絶対にイヤなんです」
「別に体重くらい、知られたってどうでもいいだろうに…」

 私が正直に理由を話すと、鏑木は面倒くさそうに呟いた。体重くらいですって?!そういうところが、気配り、常識、デリカシーが欠落しているというのだ。

「女性はそういうことを気にするんですよ!」
「…わかった。だったら下から女性のインストラクターを呼んできてやる」
「拒否!」

 女性のインストラクターだろうがなんだろうが、測られたら最後、データがコンピュータに蓄積され、いつでも鏑木達に閲覧可能になるんじゃないのか?!よく知らないけど!

「データとして残るのがイヤなんです!」
「トレーニングを始める前の状態を記録として知っておかないと、トレーニング後と比較できないじゃないか」
「それは大丈夫です。家で測定してきましたから」

 きっぱり。
 私の家にもここまで本格的なものではないけど、美容にうるさいお母様が前に、外商との付き合いで買うものがなかった時に買った、似たような体組成分測定機器があるのだ。

「今日来る前に、きちんと測定してきましたから心配ご無用です!」

 そうだ。測定してきた上で、あらためて言う。あの結果を知られるのだけは断固拒否だと!
 体重はいいのだ。いや、最近のだらけた生活のせいで、美容体重をちょっと超えてしまっていたから全然良くないんだけど、それよりも体脂肪のほうが問題だった。この体重であの体脂肪率は…。
 だからこそ、死んでも鏑木と円城に知られるわけにはいかないのだ。譲れない乙女の矜持だ。
 私と鏑木が測定機器を挟んで睨みあっていると、

「まぁ、まぁ。ここまでイヤがっているなら測定はしなくてもいいんじゃない?本人が自分で測定していると言うなら、結果は自己管理、自己分析してもらうということでさ」

 円城が仲裁に入ってきた。
 しかし鏑木は円城のその提案に、不服そうな顔で腕を組んだ。

「それだと、モニター結果として不十分なんだよなぁ…」
「モニター?」

 モニターとはなんのことだ?私は首を傾げた。
 すると私の隣に立った円城が、さらりと説明をしてくれた。

「今度鏑木グループは、今まで系列ホテルのみで行っていたスポーツジムを本格展開させることになったんだ。で、メーカーと共同でジム専用の測定機器を開発したから、これはそのモニターだね」
「なんですって?!」

 足を踏んで怪我をさせたことを盾にトレーニングを強要したのは、私を事業のモニターとして利用するためだったのか?!
 目を剥く私に鏑木は「ついでだ、ついで」と言い訳をした。

「帰ろうかな…」

 鏑木を胡乱な目で見た後、更衣室に引き返そうと踵を返した私を、鏑木が「待て!」と引き止めた。

「お前、このままじゃ偶蹄目の仲間入りだぞ!」
「偶蹄目?!」

 背中に浴びせられたとんでもない台詞に、私は勢いよく振り返った。
 偶蹄目ってあれでしょう…?牛とか猪とかラクダとか豚とか…。豚とか…。
 酷いっ!私を豚だと言いたいのか!なんてこと!偶蹄目…!
 ふらりと眩暈を起こした私を、円城が「吉祥院さん、しっかり!」と支えた。

「今が偶蹄目入りするかどうかの分かれ目だ。ここで逃げたら偶蹄目まっしぐらだぞ」

 私は自分の手に幻の豚足を見た。

「もう、それ以上なにも言うな。雅哉」

 二の句が継げない私の代わりに、円城が鏑木を止めた。そして、

「雅哉の言うことなんて気にすることないよ、吉祥院さん。大丈夫。吉祥院さんは、うさぎさんみたいに白くて可愛いから」
「……!」

 円城の歯の浮くような台詞に、私の頭から偶蹄目が吹っ飛んだ。
 よくそんなことを恥ずかし気もなく平気で言えるな!さすが、伊万里様の後継者候補…!
 同世代の男子に褒められ慣れていない私は、こういう時にどう対応していいかわからない。なので、聞かなかったことにする。
 無言の私を気にすることなく、円城は鏑木を諌めた。

「雅哉もわざわざ来てくれた吉祥院さんに失礼なことは言わない。吉祥院さんもせっかく来たんだし、気楽な気持ちでトレーニングして行ったら?ね?」
「そうですね…」

 まぁ、このまま帰って瑞鸞の皇帝との間に軋轢が生じるのも立場上よろしくないし、ここは譲歩して、適当にトレーニングをしていくか…。
 そうして出だしから先行きが危ぶまれる、鏑木式トレーニングが始まった。

「測定については、吉祥院が自分管理することは了承した」
「はい」
「では次だ。毎日毎食、食べた物をすべて写真に撮り、書き出して俺に提出しろ」
「は?」

 驚く私に、鏑木が当然だろうという顔をした。

「ダイエットには運動と共に食事管理も必須だ。運動量に見合う適切なカロリーと栄養バランスを指導する」
「ええ~っ…」

 そこまで本格的にやるの~?それでもって、鏑木式ダイエットは今日だけじゃないの~?
 私の食生活なんて、間食とお菓子にまみれた怠惰そのものなのに…。

「飲み物もちゃんと書くんだぞ」

 鏑木から補足が入る。

「わかりました…」

 まぁ、自己申告だから隠せばいいか。

「まずは準備運動だ」

 鏑木に倣って軽いストレッチから始める。
 円城も鏑木も、慣れた様子で体を動かす。私もストレッチならなんとかふたりに付いていけた。

「よし。ではいよいよ筋力トレーニングだ」

 鏑木が私をマシンに誘導した。

「最初はこのレッグプレスだ。ここに座れ」

 その瞬間、鏑木の顔が鬼トレーナーに変貌した。
 筋トレマシンでのトレーニングは、足から始まり、背筋、胸筋、腕と私の全身の筋肉を限界まで苛み続ける。つらい!きつい!

「筋肉が千切れる…っ!」
「この程度の負荷で甘えるな!」

 無理だって~。私はフィットネスクラブに行っても、エアロビクスとか楽しいスタジオメニューしかやらないんだもん。筋トレなんかしたことない。なぜ鏑木と円城はこんなきついマシンを軽々とやれるの…?

「いきなり厳しくしなくても、初日はこれくらいでいいんじゃないの?」

 円城がフォローを入れてくれた。

「甘い!吉祥院!己も筋肉も甘やかすな!」

 ぐぎぎ~~っ!
 私は歯を食いしばり、二の腕の筋肉をブルブルと震わせて、必死にマシンを動かした。おかげで筋トレマシンメニューが終わった時には、すでに私は満身創痍状態だった。

「お疲れ様、吉祥院さん。水分補給して」
「ありがとうございます…」

 円城に渡されたスポーツドリンクが全身に沁み渡る。はぁ~っ、疲れた。

「休憩をしたら、有酸素運動に入るぞ」
「えっ、これで終わりじゃないんですか?!」
「当たり前だろう」

 私は絶望した。まだやるのか?!

「頑張って、吉祥院さん」

 円城が困ったような笑顔で励ましてくれた。励ましはいらないから、貴方の親友を止めてくれ。

「有酸素運動のマシンは、ランニングマシンとエアロバイクとクロストレーナーとか色々あるが、どれか希望はあるか?」

 鏑木がそれぞれのマシンの使い方を説明しながら聞いてきた。う~ん、踏み台昇降はきついからイヤだなぁ。

「マシンがイヤなら地下にプールもあるぞ」
「ありえませんね」

 だったらランニングマシンはどうだと言われたので、それに従う。

「吉祥院はジョギングをしているそうだから、軽く時速10キロから始めるか」
「えっ」

 鏑木によって装置が作動すると、私はその勢いにあっという間に足を取られた。

「まずはこれで1時間だな」
「無理!時速も時間も無理!」

 転ぶ!転ぶ!足が持って行かれる!このスピードで1時間も走り続けるなんて、私のポテンシャルの低さをなめるな!
 私はマシンにしがみついて叫んだ。

「…しょうがない。9キロ」
「7キロ!」
「それじゃ歩いているのと同じだ!」

 間をとって時速8キロになった。さっきよりは楽だけど、それでも長く走っていると疲れる。ジョギングは疲れたら休み休み走っていたけど、鏑木式ではそんな甘えは許されない。
 息が、息ができない…!
 苦しくて声がでないので目でリタイアを訴えるが、鏑木からは無情な

「あと30分!」

 し、心臓が…っ!

「走れ走れ、偶蹄目!そんなことでは、立派な牧羊豚にはなれないぞ!」

 私はどこぞの豚の映画の主人公じゃない!
 それからも「体を傾けるな。余計疲れるぞ!」「踵から着地することを意識しろ!」「休むな!自分を甘やかすな!」「自分の限界を越えろ!」といった、鏑木の厳しい指導は続き、やっとノルマを走り終えた時には、私は立っていることもできず、その場に転がった。もう一歩も動けない…。なにも考えられない…。
 すると、鬼の鏑木が私に駆け寄り、その手を差し伸べた。

「よく頑張ったな!吉祥院!」
「え…」

 鏑木に褒められた?!

「正直言って、お前がここまで頑張るとは思わなかった。最後までよくやった!」
「…鏑木様~っ!」

 私は感極まった。あの鏑木に褒められた。そうだ、私はやったんだ。鏑木に認められたんだ。ありがとう、鏑木!ダメな私を見捨てず導いてくれて!ありがとう!
 私は涙を浮かべて、鏑木の手を取った。

「盛り上がっているところ、悪いけどさ」

 そこへ、冷静な円城の声が割って入った。

「極限状態で罵倒して人格破壊したあとで優しい言葉をかける。吉祥院さん、それセミナー系のマインドコントロールの典型的な手口だよ」

 なんてこと!直情バカだと思っていた鏑木が、よもやそんな腹黒いことを仕掛けていたとは!

「洗脳反対!洗脳反対!」
「するかっ!」
「明確な上下関係を疑似的に作って従わせるっていうのも、典型的な手口だよね~」

 それドイツの実験映画で観たぞ!なんて恐ろしい!
 立ち上がれない私はずるずると鏑木から距離を取った。

「…くだらないことを言っていないで、着替えるぞ」

 鏑木はため息をつきながらタオルを手に取ると、私達を促した。
 しかし私は動けない。

「どうした、吉祥院」

 その場に転がったままの私に、鏑木が不思議そうに声を掛けた。

「あ、足に尿酸が溜まって…」
「乳酸な」

 私は傍らのマシンに掴まり、なんとか立ち上がる。しかし足がガクガクと痙攣し思うように歩けない。

「大丈夫?手を貸すよ」
「すみません…」

 私はありがたく円城に掴まらせてもらった。それでも足に力が入らず、上手く歩けない。

「ほれ、あんよがじょうず。あんよがじょうず」

 そんな私の様子を見て、鏑木が馬鹿にしたように手拍子した。
 殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す……。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

盾の勇者の成り上がり

盾の勇者として異世界に召還された岩谷尚文。冒険三日目にして仲間に裏切られ、信頼と金銭を一度に失ってしまう。他者を信じられなくなった尚文が取った行動は……。サブタ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全835部)
  • 20518 user
  • 最終掲載日:2015/05/28 11:00
Re:ゼロから始める異世界生活

突如、コンビニ帰りに異世界へ召喚されたひきこもり学生の菜月昴。知識も技術も武力もコミュ能力もない、ないない尽くしの凡人が、チートボーナスを与えられることもなく放//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全443部)
  • 23192 user
  • 最終掲載日:2017/06/13 01:00
異世界迷宮で奴隷ハーレムを

ゲームだと思っていたら異世界に飛び込んでしまった男の物語。迷宮のあるゲーム的な世界でチートな設定を使ってがんばります。そこは、身分差があり、奴隷もいる社会。とな//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全219部)
  • 20852 user
  • 最終掲載日:2017/03/25 21:22
転生したらスライムだった件

突然路上で通り魔に刺されて死んでしまった、37歳のナイスガイ。意識が戻って自分の身体を確かめたら、スライムになっていた! え?…え?何でスライムなんだよ!!!な//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全303部)
  • 27677 user
  • 最終掲載日:2016/01/01 00:00
公爵令嬢の嗜み

公爵令嬢に転生したものの、記憶を取り戻した時には既にエンディングを迎えてしまっていた…。私は婚約を破棄され、設定通りであれば教会に幽閉コース。私の明るい未来はど//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全217部)
  • 29924 user
  • 最終掲載日:2017/06/02 21:07
ありふれた職業で世界最強

クラスごと異世界に召喚され、他のクラスメイトがチートなスペックと“天職”を有する中、一人平凡を地で行く主人公南雲ハジメ。彼の“天職”は“錬成師”、言い換えれば唯//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全271部)
  • 25345 user
  • 最終掲載日:2017/06/24 18:00
賢者の孫

 あらゆる魔法を極め、幾度も人類を災禍から救い、世界中から『賢者』と呼ばれる老人に拾われた、前世の記憶を持つ少年シン。  世俗を離れ隠居生活を送っていた賢者に孫//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全120部)
  • 19897 user
  • 最終掲載日:2017/05/16 04:45
フェアリーテイル・クロニクル ~空気読まない異世界ライフ~

※作者都合により後日談は隔週更新とさせていただきます。 ※2016年2月27日、本編完結しました。  ゲームをしていたヘタレ男と美少女は、悪質なバグに引っかか//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全216部)
  • 20012 user
  • 最終掲載日:2017/06/24 07:00
悪役令嬢後宮物語

エルグランド王国には、とある有名な伯爵令嬢がいた。 その麗しい美貌で老若男女を虜にし、意のままに動かす。逆らう者には容赦せず、完膚なきまでに叩き潰し、己が楽しみ//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全128部)
  • 19481 user
  • 最終掲載日:2016/02/14 09:00
用務員さんは勇者じゃありませんので

部分的学園異世界召喚ですが、主役は用務員さんです。 魔法学園のとある天才少女に、偶然、数十名の生徒・教師ごと召喚されてしまいます。 その際、得られるはずの力をと//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全141部)
  • 21513 user
  • 最終掲載日:2017/05/25 23:30
ワールド・ティーチャー -異世界式教育エージェント-

世界最強のエージェントと呼ばれた男は、引退を機に後進を育てる教育者となった。 弟子を育て、六十を過ぎた頃、上の陰謀により受けた作戦によって命を落とすが、記憶を持//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全172部)
  • 17338 user
  • 最終掲載日:2017/05/24 23:35
人狼への転生、魔王の副官

人狼の魔術師に転生した主人公ヴァイトは、魔王軍第三師団の副師団長。辺境の交易都市を占領し、支配と防衛を任されている。 元人間で今は魔物の彼には、人間の気持ちも魔//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全413部)
  • 21954 user
  • 最終掲載日:2017/06/23 11:24
とんでもスキルで異世界放浪メシ

※タイトルが変更になります。 「とんでもスキルが本当にとんでもない威力を発揮した件について」→「とんでもスキルで異世界放浪メシ」 異世界召喚に巻き込まれた俺、向//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全368部)
  • 24815 user
  • 最終掲載日:2017/06/26 20:46
無職転生 - 異世界行ったら本気だす -

34歳職歴無し住所不定無職童貞のニートは、ある日家を追い出され、人生を後悔している間にトラックに轢かれて死んでしまう。目覚めた時、彼は赤ん坊になっていた。どうや//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全286部)
  • 31536 user
  • 最終掲載日:2015/04/03 23:00
10年ごしの引きニートを辞めて外出したら自宅ごと異世界に転移してた

【本編完結済み】北条雄二、30才、無職、引きこもり歴10年。両親の死をきっかけに引きこもり脱却を決意し、家の外に出る。が、そこは見覚えのない景色とファンタジー生//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全519部)
  • 17539 user
  • 最終掲載日:2016/10/25 18:00
金色の文字使い ~勇者四人に巻き込まれたユニークチート~

『金色の文字使い』は「コンジキのワードマスター」と読んで下さい。 あらすじ  ある日、主人公である丘村日色は異世界へと飛ばされた。四人の勇者に巻き込まれて召喚//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全808部)
  • 19003 user
  • 最終掲載日:2016/11/16 00:00
蜘蛛ですが、なにか?

勇者と魔王が争い続ける世界。勇者と魔王の壮絶な魔法は、世界を超えてとある高校の教室で爆発してしまう。その爆発で死んでしまった生徒たちは、異世界で転生することにな//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全499部)
  • 29947 user
  • 最終掲載日:2017/06/22 23:05
詰みかけ転生領主の改革(旧:詰みかけ転生領主の奮闘記)

享年29歳の男――人生をドロップアウトするには早すぎる死だったが、気が付けば領地を持つ上級貴族の息子、ソラ・クラインセルトとして転生していた。 ――主人公の両親//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全243部)
  • 18813 user
  • 最終掲載日:2015/04/10 23:00
理想のヒモ生活

月平均残業時間150時間オーバーの半ブラック企業に勤める山井善治郎は、気がつくと異世界に召喚されていた。善治郎を召喚したのは、善治郎の好みストライクど真ん中な、//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全93部)
  • 17395 user
  • 最終掲載日:2017/05/15 06:00
私、能力は平均値でって言ったよね!

アスカム子爵家長女、アデル・フォン・アスカムは、10歳になったある日、強烈な頭痛と共に全てを思い出した。  自分が以前、栗原海里(くりはらみさと)という名の18//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全202部)
  • 26176 user
  • 最終掲載日:2017/06/23 00:00
本好きの下剋上 ~司書になるためには手段を選んでいられません~

 本が好きで、司書資格を取り、大学図書館への就職が決まっていたのに、大学卒業直後に死んでしまった麗乃。転生したのは、識字率が低くて本が少ない世界の兵士の娘。いく//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全677部)
  • 19882 user
  • 最終掲載日:2017/03/12 12:18
異世界食堂

しばらく不定期連載にします。活動自体は続ける予定です。 洋食のねこや。 オフィス街に程近いちんけな商店街の一角にある、雑居ビルの地下1階。 午前11時から15//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全119部)
  • 23509 user
  • 最終掲載日:2017/06/10 00:00
八男って、それはないでしょう! 

平凡な若手商社員である一宮信吾二十五歳は、明日も仕事だと思いながらベッドに入る。だが、目が覚めるとそこは自宅マンションの寝室ではなくて……。僻地に領地を持つ貧乏//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全205部)
  • 31290 user
  • 最終掲載日:2017/03/25 10:00
甘く優しい世界で生きるには

 勇者や聖女、魔王や魔獣、スキルや魔法が存在する王道ファンタジーな世界に、【炎槍の勇者の孫】、【雷槍の勇者の息子】、【聖女の息子】、【公爵家継嗣】、【王太子の幼//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全231部)
  • 20843 user
  • 最終掲載日:2017/06/23 12:00
リビティウム皇国のブタクサ姫

リビティウム皇国のオーランシュ辺境伯にはシルティアーナ姫という、それはそれは……醜く性格の悪いお姫様がいました。『リビティウム皇国のブタクサ姫』と嘲笑される彼女//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全211部)
  • 18324 user
  • 最終掲載日:2017/06/26 19:25
この世界がゲームだと俺だけが知っている

バグ満載のため、ある意味人気のVRゲーム『New Communicate Online』(通称『猫耳猫オフライン』)。 その熱狂的なファンである相良操麻は、不思//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全239部)
  • 18394 user
  • 最終掲載日:2017/04/01 23:59
ログ・ホライズン

MMORPG〈エルダー・テイル〉をプレイしていたプレイヤーは、ある日世界規模で、ゲームの舞台と酷似した異世界に転移してしまった。その数は日本では約三万人。各々が//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全126部)
  • 18198 user
  • 最終掲載日:2017/04/16 21:09
デスマーチからはじまる異世界狂想曲

 アラサープログラマー鈴木一郎は、普段着のままレベル1で、突然異世界にいる自分に気付く。3回だけ使える使い捨て大魔法「流星雨」によって棚ボタで高いレベルと財宝を//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全530部)
  • 24760 user
  • 最終掲載日:2017/06/25 18:00
↑ページトップへ