挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
謙虚、堅実をモットーに生きております! 作者:ひよこのケーキ
27/273

27

「よいっしょぉぉっ」

 最近、心なしか若干太った気がするので、毎日夜、運動をする事にした。
 腕立て伏せ、腹筋、スクワットだ。
 そして現在は、スクワット50回に挑戦中だ。

「よいっしょぉぉっ」

 これが中々きつい。
 両手を頭の後ろで組んで、体育の教科書通りに実践したら、あっという間に足がブルブルしてきた。
 しかし、気合だ。
 あともう少し。

「よいっしょぉぉっ」

 美は一日にして成らず。
 毎日の積み重ねが大事なのだから。
 さぁ、あと3回!

「よいっしょぉぉっ」



 ふうっ、汗をかいてしまったな。
 お風呂にはさっき入ったけど、もう一度シャワーだけ浴びてこよう。
 部屋を出ると、ちょうど廊下にいたお兄様に行きあった。

「あら、お兄様どうしたのですか?」

 なにかお兄様が困惑した顔をしている。

「いや。なんか妙な物音が聞こえた気がしてね」
「物音ですか?」

 私には何も聞こえなかったけどな。
 はっ、もしかして泥棒?まさか幽霊?

「この家、幽霊がいるんですか?」

 やだ怖い。私、怪談苦手なのに!

「どうしましょう、お兄様。私これからシャワーを浴びようと思っていましたのに。幽霊は水場に出ると聞いています」

 ホラー映画でも、殺人鬼に襲われるのは大抵シャワールームだ。
 困った。今夜はシャワーを我慢すべきか。

「それはない。この家に幽霊が出るなんて聞いたことないから。安心してお風呂入っておいで」
「でも~」
「妙な物音が聞こえたのは、僕の気のせいだと思う。ごめんね、驚かして」
「そうですか?お兄様がそういうなら信じますけど」
「うん」

 お兄様が安心させるように微笑んだので、とりあえず信じることにした。

 しかしお兄様、受験勉強で疲れてるのかもしれないな。
 どことなく顔色も悪かったし。
 可愛い妹としては、お夜食を作って持って行ってあげたほうがいいのかしら?
 調理実習以外で料理した事ないけど。
 まぁこういう物は気持ちの問題だから。きっとお兄様も喜んでくれると思う。
 夜食の定番と言えば、おにぎりとかラーメン?
 いやいや、この家には似合わなすぎる。
 でも夜にこってりしたものもね~。
 雑炊でも挑戦してみようかな。
 早速明日、お手伝いさんに相談してみよう。

 その夜はやっぱり怖いので、一応明かりを点けて眠った。
 妙な物音はしなかった。




 5月には毎年遠足がある。今年は牧場だ。
 お母様からは出かける前に日焼け止めをしっかり塗られ、こまめに塗り直すようにとそれを渡された。
 牧場では牛の乳搾りや乗馬や渓流下りなどを体験することになっている。

 着いた牧場は、自然がいっぱいで空気がおいしい!
 思わず大きく深呼吸。
 時々、糞の臭いもしたけどね。
 乳搾りでは箱入りのお嬢様方は牛の大きさに怯えていたが、私はわくわくしながら率先してやった。

 うお~、生暖かい!

 終わると「麗華様は勇敢ですわ」と称賛されてしまった。だって楽しいよ?
 牧場にはほかにも山羊や羊やうさぎなどもいて、とってものどか。
 片っ端からふれあってみる。

 う、うさぎ可愛い。飼いたい!

 うさぎのつぶらなお目々が私を誘惑するので、本気で連れて帰りたくなってしまった。

 私がのんびり山羊に餌をやっていたら、遠くで歓声があがった。
 何事かと思って見に行くと、そこには颯爽と馬を乗りこなす鏑木と円城の姿があった。

 乗馬経験があるのか、ふたりとも堂々としたものだ。
 その姿はまさに白馬の王子様。(白馬じゃなかったけど)
 女子達は大騒ぎだ。
 ほかにも何人か乗馬経験のある生徒もいるみたいだけど、残念なことにすっかり霞んでしまっている。

「鏑木様、素敵…」
「まるで本物の王子様みたい」
「きゃあ!円城様がこちらを見たわ!」

 彼らに手まで振る子もいる。
 もちろん振り返してはもらえなかったけど。
 それでもいつもと違う姿が見られて、ファンの女の子達のテンションは上がりまくりだ。
 普段ポーカーフェイスの鏑木が、時々笑顔で馬に話しかけていたりする。
 不覚にも、私もそれを見て一瞬キュンとしてしまった。
 いかんいかん、恐るべし動物マジック。

 午前中にさんざん家畜と戯れて、昼食にお肉が出てきた時には全員微妙な顔になった。
 冷たい搾りたて牛乳はおいしかったけど。

 そのまま午後の渓流下りとハイキングをして、一日体を動かしたおかげで、帰りのバスの中では全員疲れて爆睡してしまった。
 川の水しぶきがかかったせいで、私のトレードマークの巻き髪も少しくったりだ。

 もう、起きられない…。
 よだれを垂らしていないことだけを、切に願う。



 しかし、あの鏑木と円城の乗馬はかっこ良かったな。
 私も引き馬で体験したけど、あんな風にひとりで乗れたらもっと楽しいだろうな。
 聞けばお兄様も、昔たしなみとして乗馬を習った事があるそうだ。
 弓道部なので流鏑馬をした事もあるそう。
 何それ!知らなかった!
 お兄様が流鏑馬する姿なんて、絶対見たかったのに!

 私も習ってみたいなと思い、お母様に頼んでみたけど、女の子が怪我をしたら大変という理由で反対されてしまった。
 う~ん、残念。
 乗馬はダイエットにもいいらしいのにね。


+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ