挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
謙虚、堅実をモットーに生きております! 作者:ひよこのケーキ
19/273

19

 そのまま鏑木家の車に拉致されると、早速スパイ活動の成果を聞かれた。

「どうだった。愛羅からちゃんと聞けたんだろうな?愛羅が入っていくのも見たんだからな」

 なんという事だ。
 この人、本物のストーカー気質だ。危険だ。
 そしてもしかして暇人?

「愛羅様には、後で優理絵様に聞いてくださると約束して頂きましたわ。近々連絡をしてくださるそうです」

 アドレス交換した事は絶対言わない。
 そんな事言ったらこの皇帝改めストーカー予備軍は、絶対自分も私のアドレスを要求し、昼夜問わず催促のメールをガンガン送りつけてくるに決まっているからだ。
 ストーカーとはそういうものだ。

「そうか。ほかには何か言っていたか?」

 う~ん、あれはさすがに言っちゃまずいよね。

「なんだよ、答えろ」

 うっ、睨まないで、怖いから。

「えっと、愛羅様がおっしゃるには、こうやって嫌がる人間を脅してこき使うような事をすると、余計に優理絵様が怒る、そうですわ」

 わー言っちゃった。
 でもこれは愛羅様が言ってたんだからね?私じゃないからね?

 鏑木はきょとんとした。

「嫌がる人間って誰の事だ?」

 えっ、この子バカなの?
 ストーカーのうえにバカなの?
 俺様でストーカーでバカっていう、残念な子なの?

「おい、お前。なんか今失礼な事を考えてただろう」
「いいえ、まさか」

 だから人の心を読むな!

 鏑木はしばらく私の顔をジーッと見ていたが、やがてふんっと鼻を鳴らした。

「まぁいい。愛羅からの連絡はいつ来るんだ?」
「さぁ。週明けくらいでしょうか?」
「どうやって連絡してくるんだ?お前が中等科に聞きに行くのか?」
「え…っとそれはどうなんでしょう?」

 痛いところを突いてきたー!

「なんだよ。しっかり確認しとけよ。どうする、愛羅の英語が終わるまで待つか?」

 冗談じゃない。
 どうして私がそこまでしないといけないんだ。

「いえ。それでしたら月曜日にでも私が愛羅様に聞きに行きますわ」

 とりあえずこれでごまかしておこう。

「ふーん。よし、わかった。月曜日だな。忘れるなよ」
「えぇ、わかりましたわ」

 ではこれで帰ってもいいですね?

「あ、そうだ。お前、携帯持ってるか?」
「いいえ」

 嘘をつくときは絶対に右上を見ない。
 お兄様の教えです。

「本当か?」
「両親の教育方針ですの」

 鏑木が疑わしげに見つめてくる。
 そうだ、こいつは人の心が読めるんだ。平常心、平常心。

「そろそろ私、帰ってもよろしいですか?私の迎えの者が心配していますから」

 これ以上ボロが出ないうちに撤退したい。

「え、あぁいいぞ。じゃあ月曜日にな」
「はい」

 私が鏑木家の車を降りようとした時、鏑木が思い出したように聞いてきた。

「ところで、さっきの嫌がる人間って誰の事だ?」

 円城のあの黒い笑顔を真似て、にっこり笑ってみた。

「それはもちろん私の事ですわね。では、ごきげんよう、鏑木様」

 ぽかんとする鏑木を放って、私は吉祥院家の車へと歩いて行った。


 言ってやった、言ってやったぞ、私!
 ……でも報復されたら、どうしよう。





 爆弾を落とされたのは、帰りの遅いお兄様を除いた親子三人での夕食の時だった。
 お父様がニコニコとご機嫌な様子で聞いてきた。

「今日、相模から聞いたんだが、麗華に会いに鏑木家の雅哉君が英語教室まで来たんだって?」

 げーーーーーーっ!

 先程からやたら機嫌がいいなと思ってたけど、理由はこれか!
 相模さんというのは私を迎えに来てくれた運転手さんだ。
 迎えに来た私が、よその車に拉致されたのに助けに来なかったのは、相手が誰だか知ってたからなんだな。
 そしてそれを報告しちゃったんだな。

「いつの間に仲良くなっていたんだ?お父様は知らなかったよ」
「いいえ、お父様。鏑木様とはほとんど話したこともありませんわ」

 駄目だ。ここは断固否定しておかないと、後で取り返しのつかない事になる。

「何を言っているんだ。あの雅哉君がわざわざ麗華に会いに来たんだろう?もしかして雅哉君は麗華の事を気に入ったのか?」

 うわぁっ、とんでもない誤解している!
 完全に夢見ちゃってるよ、お父様。

「ありえませんわ。鏑木様のご迷惑になりますから、絶対にそんな事は言わないでください!」

 このままでは、婚約なんて野心を抱いてしまうかもしれない。
 元々、マンガではそういう人だし。
 あぁ、どうしよう。
 こんな時、お兄様がいてくれたら!

「何をそんなにムキになっているんだ、麗華」
「だってお父様がおかしな誤解をしているから!」

 まずい、破滅の足音が聞こえてきそうだ。
 婚約披露パーティーで、大恥かかされる役回りなんて絶対に嫌だ!

「まぁまぁ、貴方。麗華はまだ、恥ずかしいお年頃なのだから、そっとしておいてあげましょうよ」

 お母様がやんわりとお父様を止めてくれた。
 しかしお母様も、こちらを期待した目で見ている。
 もう勘弁して~!

 こうなったのは、何もかもあいつのせいだ。ストーカー鏑木!



 このモヤモヤした気持ちを誰かに聞いてもらいたくて、私は予備校から帰ってきたお兄様の部屋に突撃した。

「というわけで、お父様とお母様がとんでもない誤解をしてますの。どうしたらいいのでしょう、お兄様」

 帰ってきたばかりで疲れているであろうお兄様には申し訳ないが、愚痴を吐き出させてもらう。

「誤解なら放っておけばそのうち二人も落ち着くさ。僕も軽率に煽らないように言っておくから。それよりも、その雅哉君との約束っていうのは大丈夫なの?」

 お兄様には一応、鏑木が愛羅様から聞き出したい内容というのは伏せてある。
 あとは脅されたっていう事も。心配かけたくないから。
 優理絵様の事を話さなかったのは、相手はストーカーだけど、やっぱり人の恋をぺらぺらしゃべっちゃうのはどうかと思うので。

「多分それは大丈夫だと思いますわ」
「だったらいいけど」

 お兄様がポンポンと頭を撫でてくれる。
 はぁ~、やっぱりお兄様とお話しすると安心するな~。

「ねぇお兄様」
「なに?」
「お兄様は将来、吉祥院の会社を継ぐのでしょう?」
「まぁそうだろうね」
「真っ当な経営をしてくださいませね」
「なんだい、それ」

 野心家のお父様を止められるのは、この誠実なお兄様しかいない!
 どうかお兄様、私の平穏無事な未来を守ってね。



+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ