挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
謙虚、堅実をモットーに生きております! 作者:ひよこのケーキ
17/271

17

 ワタクシ吉祥院麗華、皇帝陛下からスパイという名のパシリを拝命しました…。


 あの後、皇帝はサロンにいた方々を部屋から追い出し、私、皇帝、円城の3人だけになると、作戦会議を始めた。

「まず、お前は愛羅から何を聞いた」

 ううっ、目力が怖いです…。
 逃げ出したい。

「で、ですからお灸を据えるつもりという話を…」

「なんでお前が愛羅からそんな事聞いてんだよ」

「英語教室で偶然お会いした時に、愛羅様から、か、鏑木さ、まのご様子を聞かれて、お元気がなさそうですとお答えしたら、優理絵様のお気持ちを教えて頂いて」

 怖い、怖すぎる。睨まないで~。
 ついでに本人に対して、初めて名前呼んじゃったよ。
 緊張のあまりつっかえちゃった。
 もう誰か助けて~。

「なに勝手に人の事、噂してんの?」

 仰せごもっとも。
 誰だって、自分の知らないところで自分の噂されてたら、いい気持ちしないよね。
 私、主人公が入学してくる前に、終わるかもしれない…。

「まぁまぁ、そんなに脅かすなよ。怯えちゃってるじゃん」

 ね、と私に笑顔を向けてくれる円城秀介。
 その笑顔、信じていいんですか?

「うるせぇよ、秀介」

「大体、今の雅哉の状態は、学院中が噂しててもおかしくないんじゃない?ねぇ、吉祥院さん?」

 そんな話、振らないで。
 思ってても、絶対同意できませんから。
 たとえそれが真実であろうとも。

「秀介、てめぇ…」

「雅哉も優理絵の情報が欲しいんでしょ?だったら脅かすんじゃなくて、ちゃんとお願いしなくちゃ。まぁ、愛羅だったら僕が聞いてもいいんだけどね」

 ぜひぜひ、そうしてください。
 そして一刻も早く、私をここから解放して。

「ダメだ。秀介じゃきっと愛羅はしゃべらない。この女を使う」

「あぁそうかもね。じゃあ吉祥院さん、お願いできる?具体的には、優理絵がどれくらい怒っているのかと、いつごろ許すつもりでいるか。雅哉、あとは何を聞く?」

「……優理絵は許す気あるのか」

「う~ん、お灸を据えるつもりって本人が言ってるんだから、絶交って事じゃないと思うよ。雅哉がこれだけ反省してますって事が伝われば、優理絵も許してくれるかも」

「そうか!」

 いきなり元気になった。
 案外この人、単純?
 ぎゃっ、生意気なこと考えてごめんなさい!ごめんなさい!
 睨まないで~。
 やっぱり皇帝は人の心を読めるのかも。

「よし!お前、英語教室はいつだ?」

「明後日です」

「なんだ、まだ先じゃないか。いっそ今から中等科行って愛羅に聞いてこいよ」

 無茶言わないで。

「また強引な事してるのがバレたら、優理絵がもっと怒るよ。ここはおとなしく明後日まで待った方がいい」

「はっ、そうだな。これ以上怒らせるのはまずい」

 優理絵様の名前が出ると、素直に聞くんだな。
 やっぱり単純。

「じゃあそういう事で。吉祥院さん、頼むね」

 にーっこり。
 私の意志は無視ですか。そうですか。

「お前!名前なんだっけ」

「吉祥院麗華です…」

 今更ですか。別にいいけど。

「よし!吉祥院!立派にスパイの使命を果たせよ!」

「はぁ」

 なにがスパイだ。ただのパシリじゃないか。

 すっかり元気になった皇帝は、おなかがすいたのかお菓子を取りに行った。

「俺様ではないけれど」なんて誰が言った。私が言った。
 見る目ないわ~、私。
 これを俺様と言わずして、なんというか。
 なぜ、ほとんど話したこともない、名前すらあやふやな人間を、ここまで当たり前にこき使える。
 いっそ愛羅様を通じて、優理絵様にチクッてやろうか。
 いたいけな女子生徒を脅かしてパシリに使おうとしてるんですよ、と。
 ……いやいやいや、ヤケになってはいけない。
 そんな事をしたら、100%確実に殺される。えぇ確実に。

「がんばってね、吉祥院さん。成功したら憧れの雅哉に感謝されるよ」

「別に憧れてないし…」

 あまりに理不尽な扱いに、思わず小声で本音がもれてしまった。
 皇帝に憧れていた過去なんて、きれいさっぱり前世に捨ててきましたよ。
 二次元に憧れる、ちょっぴり痛い女子でしたがなにか?
 今の私にとっては皇帝は破滅の代名詞であって、憧れた事なんて一度もない。

「あれ、そうなの?だってよく雅哉のこと見てるでしょ。だから吉祥院さんも雅哉が好きなんだと思ってた。ほら、吉祥院さんの友達って、僕らの周りをうろちょろしてるし」

 なんて言い草だ。しかも私がこっそり観察してるのばれてるし。

「お二人は目立つので、つい目がいってしまうのですわ。ご迷惑だったらごめんなさい。これからは気を付けますわ」

 とりあえず気持ちを立て直さなければ。
 皇帝の目力さえなければ、私の飼っている巨大な猫は復活する。
 円城だけなら負けるもんか。

「ではお話がこれだけならば、私は帰りますね。ごきげんよう」

 一刻も早く、この魔窟から立ち去りたい。
 尻尾丸めて、全力疾走で逃げ去りたい。

「うん、さよなら。気を付けてね」

 円城が優しく手を振った。

 私が帰るのを、クッキーをかじりながら歩いてきた皇帝が見つけると、

「おぉ!パシリ、しっかり働けよ!」

 パシリって言っちゃってるし…。
 スパイじゃないのかよ。スパイじゃ。



 口は災いの元。
 なんかもう、いろいろ泣きそうだ。
 古今東西、任務に失敗したスパイは、組織によって始末されるという。
 私の明日はどっちだ。


+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ