挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
謙虚、堅実をモットーに生きております! 作者:ひよこのケーキ
136/277

136

 ベアトリーチェと会う日、私達は室内ドッグランのある最寄駅の前で待ち合わせをした。私だけ日傘を差していたので、さすがお嬢様とか言われちゃったけど、日焼けをするとお母様に怒られるので許してほしい。それでも今日は犬と戯れるので、私にしては珍しくチェニックにレギンスというかなりカジュアルな格好をしてきたのだ。

「おーい!」

 改札から梅若君が出てきた。手に大きなキャリーバッグを抱えている。

「おまたせ!連れてきたよ、ベアトリーチェ!」

 そっとキャリーバッグのファスナーを開けると、中から茶色い犬がひょこっと顔を出した。

「可愛い!」

 つぶらなお目々のベアたんは、写真で見るより数倍可愛かった!
 私達はベアトリーチェの入ったバッグを取り囲み、口々に「可愛いねぇ」「ベアトリーチェ~」と話しかけた。梅若君はそれに対し「可愛いって、良かったね~、ベアた~ん」とすでに犬バカの片鱗を見せ始めていた。
 このまま外にいても暑いので、私達はおしゃべりしながらドッグランに移動することにした。

「犬も電車に乗れるんですね」
「うん。きちんとバッグに入れて乗車料金払えば乗れるよ」

 バッグから顔だけ出したベアトリーチェは好奇心旺盛なのか、きょろきょろと辺りを見回している。可愛いな~。梅若君はみんなとおしゃべりをしながらも、ずっとベアトリーチェの頭を撫で続けていた。
 梅若君はベアトリーチェの入ったバッグのほかにもうひとつトートも持っていたので大荷物だ。ベアトリーチェのブラシや水などが入っているらしい。
 お店は駅から歩いて数分の場所にあった。受付で予約していた旨を伝える。
 ドッグランはほかのお客さんに気兼ねすることなく写真を撮ったり計測したりしたかったので、私があらかじめ予約して貸し切りにさせてもらった。。
 室内ドッグランに着いて梅若君がバッグを開けると、勢いよくベアトリーチェが外に飛び出した。

「ワンッ!」

 元気いっぱいのベアトリーチェは、梅若君の周りをぐるぐると走った。

「ベアた~ん!狭かったね~!でもいい子にしてたね~!」

 梅若君は膝を付いてベアトリーチェに頬ずりをした。ベアトリーチェもくぅんくぅん言って梅若君に甘えている。甘い甘いふたりだけの世界だ。

「聞きしに勝るデレっぷりだな」

 茶髪の北澤君が梅若君を見て言った。そうかな。ベアたんメールを送られている私からすれば、こんなのまだまだ序の口だと思うけど。

「さぁ!ベアたん、今日はお友達の麗華たんのモデルさんになってあげるんだよ~。可愛く撮ってもらうために、きれいきれいにしようね~」

 梅若君は傍らのトートバッグからブラシを出し、ベアトリーチェを丁寧にブラッシングした。ベアトリーチェの茶色い毛は梅若君が毎日手入れしているたまものか、艶々ふわふわだ。両耳にピンクのお花のヘアアクセサリーを付けている。

「ほ~らきれいになった!ベアたん、麗華たん達にご挨拶しよう!」
「麗華たん…?」

 隣の森山さんの顔が若干引き攣った。あ、まずい。麗華たん呼びはあくまでもベアたんの心の友という意味でして…。
 私が森山さんに言い訳しようとしたその時、ベアトリーチェがいきなり私に飛びかかってきた!

「わあっ!」

 突然のベアトリーチェの攻撃に、私がよろけて尻もちをつくと、ベアトリーチェはさらに私の上半身に伸し掛かり、私の髪をはむはむ噛みだした!

「うわあっ!なに?!なに?!」

 ベアたん大興奮。私の髪を離さない。誰か助けて!飼い主!飼い主!
 北澤君達はベアたんの行動にどうしたらいいかわからない様子で、私達に向けて手を伸ばしたり引っ込めたりしていた。

「おい、梅若!」
「ベアたん、大好きな麗華たんに会えて嬉しいんだね~。麗華たんの毛づくろいをしてあげてるのかぁ。ベアたんは優しいね~」

 この髪をはむはむして引っ張っているのは毛づくろいなのか!でもベアたん、ダメだ!私の髪には化学物質がたくさん塗られているのだから、体に悪いよ!舐めちゃダメだ!あぁ、私の髪の毛よだれまみれ…。
 犬バカ、なんとかしろ!

「ベアたん喜んでる、喜んでる。自分と同じくるくるヘアーだもんねぇ。仲間に会えて嬉しいねぇ」
「いや梅若、吉祥院さんが限界だ…。助けてやれ」
「そうか?吉祥院さん、限界?そっか。じゃあベアたん、こっちおいでー」

 私が全力で限界だと訴えると、犬バカ君がやっとベアトリーチェを後ろから抱えて引き離してくれた。それでもベアトリーチェはぎりぎりまで私の髪を噛み続けていた。

「吉祥院さん、大丈夫?!」

 森山さん達が私を支えて起こしてくれた。レギンス履いてきてよかった…。

「…ええ、大丈夫ですわ。少し驚いてしまっただけで…」
「でも髪、ぼろぼろだよ?一度トイレで直してきたほうがいいかも…」

 そうさせてもらいます…。
 私はよろよろしながらトイレに行き、洗面所でよだれの付いた髪を静かに洗い、顔に付いた茶色い毛を落とした…。
 なんとか復活して戻ると、少し正気に戻った梅若君に謝罪されたので、気にしないでと言っておいた。
 さて、先にプレゼントを渡しておこう。プレゼントはベアトリーチェ用のキャリーバッグにした。水色の生地にひまわりのプリントが付いた可愛いバッグだ。横に小さく“Asuka&Beatrice”と名前も入っている。
 最初はお揃いのネックレスと首輪にしようと思ったのだけど、ベアトリーチェはともかく梅若君にアクセサリーをプレゼントしたら、また梅若君を好きな森山さんに余計な勘繰りをされるかもしれないと思ったのでやめたのだ。

「うわあっ!凄い可愛いっ!これもらっていいの?!ありがとう吉祥院さん!」

 梅若君はプレゼントを見て大喜びしてくれた。気に入ってもらえて良かった。梅若君はベアトリーチェに「ほら、麗華たんからベアたんにって可愛いバッグもらったよー。わ!あーたんとベアたんの名前も入ってるよ、嬉しいねぇ」と声をかけていた。
 ベアたんは私のプレゼントしたバッグをがじがじ噛んでいた。喜んでくれてなにより。
 一息ついたところで写真撮影だ。今日のためにベアたんはサロンでトリミングもしてきてくれたんだって。完璧なベアたんだ。全体写真と部分写真をデジカメで何枚も撮る。合間に体の計測もさせてもらった。

「おリボンは変えたほうがいい?いろいろ持ってきたよ」
「うわっ、冠まであるのかよ」
「もちろん。ベアたんはお姫様だからねー。ティアラは必需品だよ。ねー、ベアたん」

 撮影に飽きたベアたんがドッグランを走り回る。その後を「待て~!」と追いかける梅若君。「つかまえた!」「きゃうんきゃうん!」「ベアたん小悪魔~!」
 友人の予想以上の犬バカぶりに、みんなが少し引いていた。
 それからもドッグランに併設されているカフェでみんなでお茶を飲んでいる間や、近くを散歩している時も、終始ベアたんとベタベタにじゃれ合う梅若君を見て、森山さんが「梅若ってこういうヤツだったんだ…」とボソッと呟いていた。あれ、森山さん、もしかして恋愛ぼっち村に入村ですか?
 榊さんに慰められる森山さんをよそに、梅若君は恋人の顔にキスの雨を降らしていた。

 私がぬいぐるみを作ることを知っている梅若君が、気を利かせてトリミングした時に切った毛をチャック付きの小袋に入れて持ってきてくれた。ありがたい。これがあればフェルトの色選びの参考になる。梅若君は迷惑な犬バカだけどいい人だ。
 さっそく帰りに手芸屋さんに寄ってベアトリーチェの毛に合わせた羊毛フェルトを買った。今夜から頑張るぞー!

“ベアたん、今日は麗華たんに会えてとっても嬉しかった!ベアたんのぬいぐるみ、美人に作ってね”

 おまかせください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ