挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
化け比べ 作者:薄桜
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

2/2

続き。
「狐さん、天狗様ってどんな方なんでしょうね?」
「知らん。」
「さぞかし立派な方なんでしょうね、」
「さあな。」
「いやー、早く会いたいな!!」
はしゃいて口を閉じる事のない隣の狸が、兄弟狐の親には煩わしくて堪りません。
「黙れ狸。」
「ひどいなぁ白樫(しらがし)さん、僕には雄日芝(おひしば)って名前があるんですよ?」
「狸でいい。」

狐の白樫(しらがし)、狸の雄日芝(おひしば)それぞれ立派な名前があるようです。
年も性格も違うニ匹は、それでも何とか天狗の元に辿り着き、子分の鴉天狗の取次ぎで、念願の天狗にお目通りが叶う事となりました。

「天狗様、これこれこういう次第でございまして、是非とも天狗様に間に入って公正な判断を宜しく願い致したく、はるばる参上いたしました。」
「そうかそうか、で?」
真面目な顔で聞いていたはずの天狗に聞き返され、もったいぶって奏上していた狐の白樫(しらがし)は、唖然としてしまいました。
「ですから、これこれじかじかで、お願いしたいのでございます。」
「そうかそうか、で?」
やはり、反応は変わりません。
徳の高いはずの天狗が、まさか袖の下を要求しているのか?
これでは公正な判断など望めない。白樫は無駄な行程を思い、がっかり致しました。
「天狗様、(よわい)はいくらになられましたか?」
ところが突然、これまで黙っていた隣の雄日芝が、口をひらきます。
旅の途中の態度からきっと失礼な事をしでかすと思い、黙らせていたのですが、やはり失礼千万な事を口にし、白樫はひやりと致しました。
相手は高潔とは言い難くとも、霊験あらたかな天狗です。たかが狐や狸が叶うはずがありません。
自分の身がどうなるのかと、白樫は恐ろしくてがたがたと体が震えだしました。
「そうかそうか、で?」
しかし、天狗の言葉に白樫は再び唖然としました。
「どうしましょう、天狗さまはご高齢の故、御判断がつかなくなっておられるようですよ?」
苦笑いする雄日芝に、白樫も苦笑いする他ありません。

とりあえず丁寧に頭を下げて天狗の前から下がりますと、外から笑い声が致します。
表では、子分の鴉天狗達が笑い転げておりました。
事情を察した狸の雄日芝は、鴉天狗達に文句を言いに行きます。

「鴉天狗様、ひどいじゃないですか。」
「天狗様に御用だと言われるので、お通ししただけですよ。」
「じゃぁ、鴉天狗様でいいですから、審判をお願い致します。それだけ笑っておられるのですから、話はきいておられるのでしょう?」
「まぁいいでしょう、我々で良ければ協力致しましょう。面白いものを見させてもらった、そのお礼という事に致しましょう。」
「それではよろしくお願いします。」

承諾した鴉天狗に、雄日芝は丁寧に頭を下げています。
白樫が唖然として状況についていけないうちに、事は決まっていました。

「どうしたんですか白樫さん? 用事が終わったんですから帰りましょうよ?」
雄日芝にそう促され、白樫は「あぁ、」と返事をしただけで、その後は口を開こうと致しません。行きは不機嫌に口を閉ざす白樫でしたが、帰りはまた様子が違います。
幾分元気の無い姿が、雄日芝には気になって仕方がありませんが、それでもまた機嫌を損ねるても、それはそれで面倒だという結論に達しまして、雄日芝は黙々と隣を歩き、やがてそれぞれの里に帰り着きました。

 ***

天狗の事情を聞かされ、狐の教師達は驚きましたが、それでも鴉天狗の協力を得られ、ほっと一安心です。
それから狸との間で協議を計り、規則を定め、日取りを決めました。

さて、いよいよ決戦の当日がやってきました。
双方の、変化の術に自信のある者達が一斉に、人の世界に降り立ちました。
普段は隔絶された異界に住む狐も狸も、人の世界に足を踏み入れるのは皆初めてです。
多少の恐怖心と、それを勝る好奇心と、選ばれた使命感を胸に抱いて目にした世界は、聞き及んでいた所とは、別の世界のようです。

「なぁ、ここどこだ?」
「あれなんだろうな?」

『田んぼ』に『畑』『案山子』『牛』『馬』『牛車』習った言葉に当てはまる物は、見当たりません。
やっかいな『犬』はいましたが、皆首に紐がかけられています。
足元は硬く、ひたすらうるさく、よく分からない大きな物が走り回っています。
『家』と言うには高過ぎる建物で埋め尽くされています。

「ここは都じゃなかったのか?」
「そう聞いてきたんだけどな。」

歩く人々の姿も、教材の絵とはまったく異なりす。
背の高さ、着物、毛の色。全てにおいて知らないものばかりです。

「あの黄色や茶色の頭は何なんだ?」
「ひょっとして、あれ鬼っていうんじゃないか?」
「じゃあ、人はどうなったんだ? 全部やられて鬼の世界になったのか?」

それでも使命を果たさねばと、狐も狸も頑張りました。
人か鬼かは分かりませんが、化かせればそれでいいのです。

空いた場所に小屋の幻を現し、人を待ちますが一向に人は来ません。
やがてやって来た人に狸は沸き立ちますが、その人に
「公園に家を建てはいけません。早々に撤去して下さい。」
とよく分からぬままに注意され、化かしたとは言えません。
また、狸囃子(たぬきばやし)を鳴らせば、騒音だ、うるさいと、近所から恐ろしい声で怒鳴られ、狸は肝を冷やしました。

一方狐は、一人の男に取り憑きますが、その男は一切外に出る事が無く、異常である事がまったく他の人間に伝わりません。
手応えのない事態に、狐は諦めて他の手段を講じる事にしました。
次に取ったのは、得意の変化の術です。美人に化けてバカな男を引っ掛けよう。
そう意気込んだものの、自信満々に化けたのは、やはり時代錯誤な美意識の、のっぺりとした女です。
それでも少しは周りの人間を観察し、服や姿を修正したが、それが返って悪かった。
ますます可笑しな女が男を惹いた所で、気味悪がられ、笑われるだけです。

けっきょくどちらも自信を失ったまま、勝負の時間は終わりを迎え、双方の責任者の前で成果を発表しますが、もちろんどちらも歯切れが悪い。
全てを見ていた審判の鴉天狗に、意見を求めますが、
「どちらも外の世界を学んだ方が宜しかろう。これでは勝負が着けられませぬ。」
と、ニヤニヤと笑います。
改めて代表者達に人の世界の有様を聞きますと、これまで教えてきた事とは全く違う様子を、口々に驚きを持って伝えてきます。
それを見た鴉天狗は、さらにニヤニヤと笑い、とうとう堪えきれずに大笑いを始めました。
「鴉天狗様、どうした事でございましょう?」
「何をそんなに笑っておられる?」

憮然とした狐と狸に、鴉天狗は申します。
「狐も狸も化けますが、人も時代によって変わります。」
お後がよろしい・・・ですか?

自分でもまさかの落語です。
しかもオリジナルってどういう事よ?
「幻想事典・日本編」(飯島健男:監修/SOFT BANK出版)
っていう本を眺めながら出来たお話・・・おかしいなぁ?

落語は一時期嵌りまして、高校の頃ですね。
そもそも、物心ついた頃から「パタリロ!」で慣れ親しんでた感はありますが、
・・・でも、まさか!? です。
まー頭の使い過ぎで、方向がおかしかったのかな???

次はいつもの恋愛物で・・・

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ