挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
VRMMOの支援職人 ~トッププレイヤーの仕掛人~ 作者:二階堂風都

彼が「本体」と呼ばれる理由

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

92/297

決勝ブロック実況スレ 準々決勝・準決勝

 イベント終了から三日後の夜。
 闘技大会に全力を出し尽くした俺は、丸二日の間ログインする気が起きず……というわけでもなく。
 単に定期テストが在った為にゲームをやっている暇が無かっただけである。
 しかし、テストが終わった今日も未祐と理世がログイン出来ない。

 なので残った三人もログインせずに、今夜は自室でチャットをしながらダラダラと過ごしている。
 これはこれで楽しいので個人的には大いにアリだ。
 文字だけのやり取りだとセレーネさんもリラックスして書き込んでくれている気がするし。
 湯気を立てるレモンティーを一口含んだところで、画面が変化を見せる。

トビ@TBに首ったけ:そういえばお二人は
トビ@TBに首ったけ:イベント終わった後の掲示板見たでござるか?
セレーネ:実況スレなら見たけど、他はあんまり
ハインド:お前テスト期間中に何してんだよ……随分と余裕じゃねえか
トビ@TBに首ったけ:(゜Д゜;)だ、大丈夫。赤点は回避してる……はず!
トビ@TBに首ったけ:で、前にハインド殿に優勝予想スレを見せたでござろ?
トビ@TBに首ったけ:実は、今のスレの状態がとても酷くて
トビ@TBに首ったけ:見事に賭けに勝った拙者としてはメシウマでござったが
トビ@TBに首ったけ:倍率が示す通り、大多数は兄貴に賭けたわけでござるから
セレーネ:ああ、なるほど……
トビ@TBに首ったけ:もう阿鼻叫喚でござるよ! お二方も見てくるでござる!
ハインド:悪趣味だなぁ
トビ@TBに首ったけ:またまたぁ。そうは言っても見るんでしょ? でしょ?
ハインド:まあ、見るけど……ちょっと待ってろ
セレーネ:あ、その間に私、少し離席するね。掲示板は戻ってきたら見るよ
ハインド:じゃあ丁度いいので時間を置きましょうか
セレーネ:ありがとう。三十分後で良いかな?
トビ@TBに首ったけ:了解でござる! 拙者は今の内に風呂に
ハインド:了解
セレーネ:また後でね

 ……さて、俺もトイレに行ったりしておこうかな。
 例によって家事は終わらせてあるので、後は風呂に入るくらいしかすることがない。
 この空いた時間、どうしようかな?

「ただいまぁ。……兄さん? 兄さん、どこですかぁ?」

 ――っと、ヤバい。
 理世の帰宅時間を勘違いしていたか? まだ塾で時間が遅くなると思っていたんだけど。
 急いで階段を駆け下り、玄関で妹を出迎える。
 一人で食べた夕飯を理世の為に温め直し、あれこれと世話を焼いていたら時間があっという間に過ぎていく。

 昨日一昨日と、TBで『サクリファイス』を使ったせいか理世の機嫌は非常に悪かった。
 今はどうにか通常通りになったが……。
 あの時は理世だって、使うのも仕方ないって反応をしたのに。
 俺がそう言うと「頭で納得するのと感情は別問題です」という、もっともらしい反論をされてしまった。

「――ご馳走様でした。兄さん、今日のお風呂は何時にします?」
「ん? そうだな……今から二時間後にするか。理世は――」
「もちろん、兄さんの後です。続けて入りますよ」
「あ、そう……」

 いつも通り、と。
 理世はそれまでの間、自分の部屋で勉強するとのこと。
 リビングの灯りを消し、それぞれ二階の自室へと引っ込む。



 二人は……まだ戻っていないのか。
 チャットに戻った旨を打ち込んでおき、折角なのでセレーネさんが見たという当日の実況スレも見ておくことにした。
 まだスレは残っているはず――と、これか。
 時間が無いので、自分達の試合の書き込みだけ拾って見て行った方が良さそうだ。


【トーナメント】決勝ブロック実況スレ6【終盤!】

TBで開催中のPvPトーナメント・決勝グループのゲーム外生放送を実況するスレです。
スレはマナーを守って正しく使いましょう。
次スレは>>800が宣言して立てること。
立てられない場合は必ず次のレス番号を指定すること。
次スレが立っていない場合は各自減速を。

606:名無しの騎士 ID:KnEBy8c
勇者ちゃんキターーーーーー!

607:名無しの神官 ID:EFGMUjV
本体もキターーーーーー!

608:名無しの弓術士 ID:ei9Nj5x
たった一日で本体呼びが浸透してるぅwww

609:名無しの魔導士 ID:yeMjzm2
しっくりきた人が多いらしいな……
で、彼の本当のプレイヤーネームは?

610:名無しの重戦士 ID:ingsx8B
バインド?

611:名無しの軽戦士 ID:BwWN72s
カインド?

612:名無しの武闘家 ID:AKQ3Qjn
ハなんとかさん

613:名無しの魔導士 ID:yeMjzm2
>>610>>611>>612 
お前ら……
じゃあ勇者ちゃんは?

614:名無しの武闘家 ID:AKQ3Qjn
ユーミルちゃん

615:名無しの軽戦士 ID:BwWN72s
ユーミルちゃん

616:名無しの重戦士 ID:ingsx8B
ユーミルちゃん!

「……」

 俺はモニターの前で一人虚しく項垂うなだれた。
 なんやかんやで名前が売れても、結局はこんな扱いということに涙を禁じ得ない。
 そのまま試合開始時点まで画面をスクロールしていく。

623:名無しの神官 ID:F7EGY3C
魔法職同士の戦い悲しい……

624:名無しの軽戦士 ID:cwLmkTM
それ言ったらもう既に軽戦士は全滅してるんですが

625:名無しの武闘家 ID:UBwsD2Z
武闘家もワルター君だけだぞ

626:名無しの弓術士 ID:bJibGHE
決勝まで残るの確定してるのは重戦士だけ

627:名無しの重戦士 ID:kDPbrtp
ああ、魔法職ってこの二組の後衛だけなのか
この試合のどっちが残っても次は厳しいだろうなー

628:名無しの騎士 ID:FgEtMFz
お嬢様が持ってる鞭って珍しいよね?

629:名無しの魔導士 ID:QHLyQBF
珍しいと思う
使ってみたけど当てるのが難しい

630:名無しの弓術士 ID:bJibGHE
なるほど……
俺も「シリウス」に入ればお嬢様に鞭で叩いて貰える訳か!

631:名無しの神官 ID:33w3sNH
ええ……

632:名無しの重戦士 ID:kDPbrtp
(無言で>>630から距離を取る音)

633:名無しの魔導士 ID:QHLyQBF
あ、開始早々勇者ちゃんお嬢様に特攻

634:名無しの軽戦士 ID:ppzyb6F
ワルター君までお嬢様のフォローに戻って来ちゃったよ……オワタ

635:名無しの弓術士 ID:iLEiDmn
え? 何が終わったの?

636:名無しの騎士 ID:FgEtMFz
い つ も の

637:名無しの重戦士 ID:p2NJtZr
どうせ何度も甦る

638:名無しの神官 ID:C4DTdVu
>>635
見てれば分かる
本体放置してる時点でお嬢様チームに勝ち目はない

639:名無しの武闘家 ID:3c7eVSw
パターン入ったな

640:名無しの武闘家 ID:3c7eVSw
と思ったら勇者ちゃん瞬融け! ヤバい!

641:名無しの軽戦士 ID:Z82TDmB
アカン
珍しく本体がリヴァイブのタイミング遅れてる

642:名無しの神官 ID:C4DTdVu
急げえええ!

643:名無しの重戦士 ID:p2NJtZr
躱せええええ!

644:名無しの魔導士 ID:9XNZGcF
躱したあああ!? ちょっとかすったけど!

645:名無しの軽戦士 ID:Z82TDmB
回避うまwww
これでなんで前衛やらんのや勿体ない
そして勇者ちゃん復活

646:名無しの武闘家 ID:3c7eVSw
ワルター君吹っ飛んだぁ!
これでもアルベルトの方がエドワードを遠くまで吹っ飛ばしたという恐怖www

647:名無しの弓術士 ID:63BywyA
しかもあっちは通常攻撃だし……

648:名無しの魔導士 ID:DJ4SzrY
おっとレイジングフレイム
しかもでっか! ウチの子と全然違う……魔力差しゅごい……

649:名無しの軽戦士 ID:Z82TDmB
って、なんで本体が盾になるんじゃいwww
普通に考えたら逆じゃないのか?

650:名無しの重戦士 ID:7LKruAX
神官が全職で一番魔法抵抗高いからね
あっ……

651:名無しの騎士 ID:diSVBQ5
ミリwww残りHP1ドットしかないじゃんwww

652:名無しの弓術士 ID:Win4kec
あ、お嬢様降参した

653:名無しの軽戦士 ID:Z82TDmB
まぁもう無理だわな
しゃーない

654:名無しの魔導士 ID:9XNZGcF
で、次リヒトだよね。このコンビで勝てるかな?

655:名無しの騎士 ID:Ezuej9g
あのコンビ後衛崩し上手いからなぁ
厳しいんじゃない?

656:名無しのリア充撲滅委員会 ID:QwgdrMJ
リヒトが負けるなら何でもいいです

657:名無しの弓術士 ID:63BywyA
なんか変なの湧いたwww
お前等のギルマスはグループ戦で勇者ちゃん達に負けたでしょ!



 ――ここまでがヘルシャ戦か。
 神官と騎士ということで、どちらも魔法耐性が高いことから相性が良かったからな。
 ヘルシャには悪いが、その不利をワルターの『発勁・破』だけでは覆し切れなかった形だと思う。
 さて、準決勝のリヒト・ローゼ戦は……次スレの……この辺か。



【筋肉】決勝ブロック実況スレ7【躍動!】

TBで開催中のPvPトーナメント・決勝グループのゲーム外生放送を実況するスレです。
スレはマナーを守って正しく使いましょう。
次スレは>>800が宣言して立てること。
立てられない場合は必ず次のレス番号を指定すること。
次スレが立っていない場合は各自減速を。

322:名無しの重戦士 ID:XyefGru
始まったぞ

323:名無しの武闘家 ID:Daum94n
近っ! 勇者ちゃん達の位置取り、近っ!

324:名無しの魔導士 ID:axR3CL8
ほぼ背後霊状態じゃんwww
あなたの後ろに……何かが……w

325:名無しの軽戦士 ID:xZEzbKG
名前通りのポジショニングっすね本体さんw

326:名無しの弓術士 ID:C9X5XcS
むしろ除霊する側じゃないの神官って

327:名無しの騎士 ID:Jwkf2Bz
何であんなに近場で勇者ちゃんがブンブン剣を振り回してるのにFFしないのか

328:名無しの重戦士 ID:XyefGru
おい、勇者ちゃんにオートガード(杖)が付いてるぞwww

329:名無しの魔導士 ID:axR3CL8
そしてこの不意打ちと挑発のコンボである
ローゼの顔真っ赤www

330:名無しの騎士 ID:isn5Hcn
べ、別に挑発なんかしてないんだからねっ!w

331:名無しの弓術士 ID:C9X5XcS
二人ともイイ性格してんなーホント
その間にちゃっかり回復も済ませてるし、これは酷い

332:名無しの武闘家 ID:Daum94n
おっ、戦闘再開したな

333:名無しの重戦士 ID:e8p2g9B
しかしこの絶望的な連携の差よ……

334:名無しの軽戦士 ID:xZEzbKG
リヒトコンビの連携すげー! ぜろ!
とか言ってた俺達が馬鹿みたいだなw

335:名無しの魔導士 ID:9yFs3Fy
全然本体に触れてないじゃん
こりゃ無理だ、勝ち目無し

336:名無しの騎士 ID:KbWuMzs
また番狂わせか……リヒトとローゼちゃんに賭けてたのに……

337:名無しの重戦士 ID:XyefGru
八位対二位だから大番狂わせだな

338:名無しの弓術士 ID:48fegEX
ジャッジメントソード来たけど悪足掻きっぽい
これを防ぎ切れば本体チームの勝ちかな

339:名無しの神官 ID:TFHiNs2
うわっ、本体が勇者ちゃんに託して下がったぞ
大丈夫なのか?

340:名無しの弓術士 ID:i5DtzMb
リヴァイブの準備してるんじゃないの?

341:名無しの神官 ID:hy9AkRK
いや、魔法陣のサイズが違う
中級魔法だぞこれ。リヴァイブは大魔法のはずだから

342:名無しの弓術士 ID:i5DtzMb
マジで? ここにきてリスクを負う意味が分からん

343:名無しの魔導士 ID:iSdGRab
よっしゃ入った!

344:名無しの軽戦士 ID:dz7WBBi
勇者ちゃんええっ!

345:名無しの重戦士 ID:m8Kci9m
うわぁ……仲良死w
本体はこうなるって分かってたのかなぁ?

346:名無しの魔導士 ID:XYpT39R
本体の俯瞰力というか戦況把握の能力が高いのは前からだし、多分
あとリヴァイブじゃなくて>>341の言う通りクイックだったね

347:名無しの騎士 ID:KbWuMzs
終わった……俺の50万G……

348:名無しの弓術士 ID:xXeSY6T
どんまいw

349:名無しの武闘家 ID:ARWiZEf
このバーストエッジ二連はえぐいのう……

350:名無しの神官 ID:hy9AkRK
二人ともMP空になるけどね
外したらおしまい

351:名無しの騎士 ID:ei4rWNA
いよいよ決勝かあ
この二人意外性があるし、実はちょっとだけ期待してる

352:名無しの魔導士 ID:iSdGRab
これだけ良い試合してもちょっとなのかw

353:名無しの騎士 ID:ei4rWNA
だって決勝の相手はアルベルトだし……



 と、ここまでが準決勝の分だな。
 後は決勝だが……見る前に冷めたレモンティーを飲み切り、温かいお茶を淹れるために一度部屋を出た。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ