挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
VRMMOの支援職人 ~トッププレイヤーの仕掛人~ 作者:二階堂風都

最善の一振りと最高の一枚を求めて

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

278/292

掲示板・スクショコンについて語るスレ

 おやつのホットケーキを三人で食べた後は、早速部屋に戻って掲示板を閲覧……と思ったのだが。

「狭い狭い狭い! 何これどういうことだよ!?」

 大きめのデスクチェアとはいえ、三人で座るのは無理がある。
 あり過ぎる。
 俺が座った直後に、左右から尻が迫って来た時は何事かと思った。
 理世が膝の上に乗り、未祐が半分のしかかるように隣に座る。

「ただでさえ暑いのに……」
「暑い!?」
「何で繰り返すんだよ!? 今俺が暑いって言ったよな!?」
「フフフ、だったらどいたらどうですか? 未祐さん……」
「無理をするな。貴様こそ、その汗は何だ?」
「……」

 段々馬鹿馬鹿しくなってきた。
 それと、状況的に自制心を働かせるのが大変なので……立ち上がって理世を椅子の横にリリース。
 窓を全開にして風を通す。
 ホットケーキの残り香と、体臭の混ざった甘ったるい匂いが抜けていく。
 エアコンをつけるほどじゃないんだよな、季節的に。
 VRギアを使う時は戸締りをしてエアコンつけるけど。
 俺は二人のほうを振り返り、間を置く為にも質問する。

「冷たい飲み物を用意するけど、何が良い?」
「麦茶!」
「お、運が良いな。ちょうど昨日煮出したのを冷やしておいた。理世は?」
「あ、同じ物で大丈夫です」
「了解。お前ら、一緒に掲示板見るんなら椅子を出しておいてくれよ。そこにパイプ椅子が二つあるだろ? 俺が片方使うから、じゃんけんでもして勝ったほうがデスクチェアにゆったり座れよ」

 さすがに飲み物を用意する程度の時間では、喧嘩もできないだろうと思っていたのだが……。
 俺がお盆に載せたグラスを手に部屋に戻った時には、パイプ椅子の上で互いに威嚇のポーズを取っていた。
 どうやったらそうなるんだ……ここまで来ると、もはや芸術的ですらあるな。


【まもなく】スクショコンについて語るスレ8【投票開始】

トレイルブレイザーのスクリーンショットコンテストついて語るスレです。
過度な宣伝は嫌われますのでご注意を。
また、自薦認定・荒らしなどは黙ってNG登録を。
次スレは>>950が立てることと

216:名無しの魔導士 ID:LSWEyaE
初めてここに書き込むんだけど、スレの注意書きって効果出てる?
見た感じここまではあんまり荒れてないみたいだけど、どうなの?

217:名無しの騎士 ID:kieBHJC
気にし過ぎるとエントリー作品に関して何も語れないからね
最低限のマナーさえ弁えていれば問題ないよ、多分

218:名無しの魔導士 ID:LSWEyaE
多分て
まあ、でもそうか
しつこく同じ作品を話題にしたりしてなければ大丈夫……かな?

219:名無しの軽戦士 ID:UpNQtKj
そうだね
一スレ内で同一人物が何度も、スレの流れを考えずに同じ話題で書き込まなければ

220:名無しの神官 ID:pJWEyjn
戦闘系イベントほどギラギラしてる人はいないし、大丈夫だよ
まったり語るべ

221:名無しの魔導士 ID:LSWEyaE
そっかそっか、了解
折角答えてもらったんで、無難な話題提供を
NPC部門が有名NPCで重複祭りなんだけど、やっぱ被ると不利かな?

222:名無しの重戦士 ID:U4yhGKN
一概にそうとも言えないんじゃね?
有名NPCで人気があるなら、その中で出来のいいスクショに票が集まるだろうから

223:名無しの弓術士 ID:UPjaD3i
被写体が一緒でも、撮る人によって違いは出るからね

224:名無しの武闘家 ID:kta4cJw
逆にいくら珍しいNPCだろうと、プレイヤーの琴線に触れないと意味ないんじゃない?

225:名無しの魔導士 ID:LSWEyaE
そう考えると、やっぱり美男美女だと無難かなぁ

226:名無しの弓術士 ID:Ez6dAdp
でも、各国の首脳NPCは物凄くエントリー数が多いのよな……
この中からお気に入りを探すのは中々に大変

227:名無しの神官 ID:62XWiWP
俺はみんなが投票して、浮き上がってきたやつを保存させてもらうぜ!

228:名無しの騎士 ID:kieBHJC
せこい!

229:名無しの重戦士 ID:U4yhGKN
だが合理的だ。俺もそうしよ……

230:名無しの神官 ID:2hY8BFG
一人三票しかないからなぁ、悩む
抽選あるからちゃんと投票権は使い切るけども

231:名無しの魔導士 ID:bgBJb6z
何が貰えるんだっけ? 抽選って

232:名無しの軽戦士 ID:8d4uNRU
スクショの拡張機能
自分よりレベル5以上低いモンスターの解析ができるとかどうとか

233:名無しの軽戦士 ID:HkduGHD
そんなんいらな……いや、いるか

234:名無しの武闘家 ID:ydBW4jU
どっちだよ!

235:名無しの軽戦士 ID:HkduGHD
素材集めたい時とかは便利かもよ
弱点部位が分かり難い敵も多いし、もしレア泥の情報とかが出るとしたら……

236:名無しの重戦士 ID:DJwM8sN
それはもらえた人とそれ以外で差が付き過ぎない?

237:名無しの軽戦士 ID:HkduGHD
まあ、妄想だからな

238:名無しの武闘家 ID:ydBW4jU
えっ

239:名無しの騎士 ID:kieBHJC
ひでえええ
慌てて公式サイトを確認しに行ったら、レア泥以外の部分は合ってた

240:名無しの重戦士 ID:ZnG2ZXp
騙された……
レベル下のモンスターの情報なら、そこまで大きな差にならないかな?

241:名無しの魔導士 ID:wgEgCNU
どうせ30体以上倒せば同じ情報が
メニュー>図鑑で見られるようになるしな

242:名無しの軽戦士 ID:cnf767f
生産ばっかしてるから知らなかった……

243:名無しの騎士 ID:SgmJt8j
TBの報酬は便利グッズみたいなのが多いよね?
特に非戦闘系のイベントは

244:名無しの騎士 ID:dzSNGwZ
なくても困らん、あると嬉しいって感じか

245:名無しの武闘家 ID:DX7mJnS
ゴールドラッシュも新規キャンペーンもどっちも夏休みまで続くっぽいし、
まだまだ新規を呼びたいみたいだからね
新規と古参で差が広がり過ぎないようにしたいんじゃないかな

246:名無しの重戦士 ID:r3SNUmK
ぶっ壊れ報酬が上位アイテムとか勘弁だし、個人的にはこのままでいいぞ

247:名無しの魔導士 ID:Ea9LtEu
TB全体の話よりもスクショの話しよーぜ
風景は綺麗系が多いな、やっぱ

248:名無しの軽戦士 ID:UpNQtKj
大抵のスクショは撮影場所が併記されてるんだけどさ
全然知らない地名とかがあって驚いてる

249:名無しの弓術士 ID:UPjaD3i
各国にプレイヤーが散ってはいるけど、
レベルキャップの都合でまだまだ未踏破のフィールドが多いからな

250:名無しの神官 ID:tUiLbCt
有名NPCの画像が追加されてたぞー

251:名無しの重戦士 ID:ZnG2ZXp
朝昼晩の変化を考慮に入れると、かなりのバリエーションがあるような
同じフィールドでも違いがあっていいね

252:名無しの軽戦士 ID:cnf767f
>>250 誰の?

253:名無しの神官 ID:tUiLbCt
魔王ちゃん(実物)

254:名無しの重戦士 ID:GAkEubT
!?

255:名無しの重戦士 ID:ShjTa7L
えーと……
実際に姿を現したことのない魔王ちゃんのスクショが出るはずないと思うんだが
幻像じゃないんでしょ?

256:名無しの騎士 ID:kieBHJC
魔王ちゃんスレが凄い加速してるんだが……
そっち見た感じ、本物認定してる人のほうが多いね

257:名無しの神官 ID:muckUA2
スクショ見てきた
見てきたけど……何だこれ?

258:名無しの魔導士 ID:YueHs4x
ご褒美アングル過ぎる

259:名無しの弓術士 ID:fifkSBB
それは一部の人だけだろ……踏まれてるところ?
絶妙に背景(天井?)がぼけてて、場所が分からないな

260:名無しの武闘家 ID:ydBW4jU
これをコンテストに出す神経も、咄嗟に撮った機転も根性もすげえ

261:名無しの魔導士 ID:LSWEyaE
運営側の反応は予想できないけど、プレイヤーの票は伸びそう

262:名無しの騎士 ID:xdEQbX3
どうかな……男性票だけでどれくらい伸びるかな?
一部の女性プレイヤーからは反感買いそう

263:名無しの重戦士 ID:ZnG2ZXp
大丈夫だよ、女性プレイヤーもイケメンNPCのファン多いし
変わらん変わらん
女性であのスクショに票を入れる人だっているかもしれないし

264:名無しの魔導士 ID:MsMVzgW
俺は風景とアイテムにしようかな……

265:名無しの弓術士 ID:fifkSBB
どうしたん? 急に冷静になって

266:名無しの魔導士 ID:MsMVzgW
あそこまで狙いが露骨過ぎると、俺のように萎える場合もあるのだ

267:名無しの弓術士 ID:fifkSBB
捻くれてんなぁ
でも、ちょっと気持ちは分かる



「……」
「それで、見るのか? 亘。秀平が撮った魔王ちゃんのスクショ」
「見るのですか?」
「いや、止めておくよ……」

 お前らの視線が怖いし、どんなスクショかおおよそ分かったからな。
 実体となるとレイドイベントの報酬授与の時か……いつの間に撮ったんだ、あいつ。
 魔王ちゃんファンの数はかなりのものだし、そのスクショの希少性なら本気でプレイヤー投票賞を狙えるかもしれないな。
 俺は少し長めに息を吐くと、パソコンの電源を落とす。
 それから夕飯の食材の買い出しを手伝ってくれないかと二人に声をかけ、椅子から立ち上がった。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ