挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
VRMMOの支援職人 ~トッププレイヤーの仕掛人~ 作者:二階堂風都

最善の一振りと最高の一枚を求めて

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

271/295

ファレン大瀑布

「おおお、滝だ! 幅広っ! 水多っ! そして何よりも――」
「高い……怖いなこれは」
「落ちたらまず助からんでござるな。ゲーム的に、蘇生も不可能な距離でござるし……」

 近場に立って得た感想は、その景色の雄大さよりも恐怖である。
 轟音を放ちながら崖を滑り落ちていく大量の水流。
 もし落下したらまず助からないだろうこの高さ。
 俺たちは一つ前のフィールドのボスを蹴散らして『ファレン大瀑布』に到着していた。

「下ばかり見るから怖いのですわよ、二人とも。もっと上をご覧なさいな」
「上?」

 水温で互いの声が聞こえにくいことを考慮してか、顔を寄せながらヘルシャが俺の背に触れる。
 ヘルシャが示した上……というよりも、ほとんど目線の高さから何かが浮かんでいた。
 フィールドの天候は快晴、昼時間、そしてこの水飛沫と来ればそれが何なのかは明白だ。

「おー、虹かぁ」
「凄いな! ここまで大きな虹を見たのは初めてかもしれん!」
「大迫力でござるなぁ……そして美しい。どれ、一枚。パシャリと」

 トビが珍しく風景をスクリーンショットに収めた。
 七色の光が、滝の落下地点のやや先から天に向かって伸びている。
 この景色を見ると、やはりTBの大規模フィールドに外れなしと言ってもいいかもしれない。

「極短い時間ですけど、夕刻などはまた違った情緒が楽しめますよ。オレンジ色に染まった空と、それを反射する水がとても綺麗なんです。夜も夜で綺麗ですけど、ボクのおすすめは夕刻です」

 ワルターは柔らかな髪を揺らしながら、笑顔で滝についての解説を入れてくれた。
 話しぶりからして、このフィールドのことを気に入っているのが伝わってくる。

「そっか。見たいけど、TBの夕方って本当に一瞬だからなぁ……この前、俺たちも夜のフィールドは楽しめたんだけど」
「うむ、そうだな。今回ばかりは、さすがにタイミングよく目にするのは難しいかもしれん」
「あ、じゃあボクが前に撮ったものをお見せしますよ」
「本当でござるか? それはありがたい!」

 今回は地形の問題もあって徒歩なので、馬は『商業都市アウルム』に預けてきた。
 山のフィールドを一つ越えて、このフィールドを歩き始めたのはおよそ五分前。
 歩きながらワルターの写真を見せてもらってもいいのだが……。
 そこそこ移動したし、そろそろあれがあるんじゃないか?

「ヘルシャ、この近くに安全エリアってあるか?」
「あら。勘が良いですわね、ハインド。ありますわよ」
「OK。じゃあみんな、そこで少し休憩していこう」

 反対意見は特になく、やがてヘルシャの言葉通りに休憩所が姿を現した。
 やや開けた場所に、座るって休むのに都合の良いベンチとテーブルのセットが存在している。
 もしかして、この場所は帝国にきちんと管理されている設定なのだろうか?
 何にしてもありがたい。

「ではワルター殿。早速!」
「あ、はい。今メニュー画面を呼び出しますね」

 ワルターのスクショも気になるが、俺は俺でやることがある。
 それが落ち着いてから見せてもらうことにして、先にこちらを済ませてしまおう。

「む、ハインドは何をする気なのだ?」
「次の休憩で食べる料理、今の内に作っておこうと思ってな。みんな、完成品を入れておくのにインベントリを一枠使うけど……大丈夫だよな?」
「もちろんですわ。ハインドの料理があるからこそ、クースにお弁当を用意させなかったのですから」

 そうまで俺の料理を食べたいと言ってもらえるのは嬉しいが、若干のプレッシャーも感じる。
 折角だから、何かヘルシャのリクエストに沿ったものを用意するか。
 一応、俺の腹案もあるにはあるのだが。

「さて、ヘルシャ。何が食べた――」
「和食を! ……失礼、お話を遮ってしまいました」
「あ、ああ、別にいいけど……そんなに和食、食べたかったのか? クースさんだって作れるだろう?」
「クースの話では、米が手に入り難いと」
「なるほど……」

 TBにおける米の立場なのだが、発見そのものは割と早期だった。
 ただ、TBというゲームが国外の文化を基本にしているためか、生産品としては小麦のほうが人気がある。
 雰囲気に合わせて何となく、というプレイヤーが多いのだろう。
 そんな都合もあって取引掲示板では現在、米のほうが希少性も値段も高い。
 俺たちの場合は和風ギルド……特に“匠”と時折生産品の交換をしているので、米は潤沢にある。

「でも、ドリルたちだって和風ギルドとは付き合いがあるだろう? 私たち抜きでも、偶に連絡を取っているらしいではないか。そうキツネの姐さんが言っていたと――ハインドが言っていたぞ!」
「ややこしい言い方をしないでくださいます? 確かにそうなのですけれど……私たちのギルドの基本食は、あくまで小麦ですから」
「ああ、そうか。必要な量が少ないから、あえて頼むのもどうかってことか」

 ヘルシャが浅く頷く。
 そういう機微にも気を使えるから、シリウスはあれだけ大きくなったのだと思う。
 和風ギルドとシリウスは距離感的にも、元は俺たちを介した知り合いだから微妙なところだしな。
 そういうことなら、予定通りのメニューに米を加えたものを一旦提案してみるか。

「分かった、じゃあ……天丼とかどうよ?」
「それは素敵ですわね! 天ぷら、わたくしも好きですわよ!」

 外国人のヘルシャに生ものはどうかと思ったので、天ぷらをと考えていた。
 この反応を見る限り、それは正解だったようだ。

「クースさんと魚の話をしてたら魚介系食べたくなってさ。商業都市で材料も揃えてきたし、結構しっかりしたやつを作れるぞ。同意も得られたことだし、取りかかるとするか」
「しかしハインド。天丼では海老くらいじゃないのか? 入る魚介系は。それとも、きすでも揚げるのか?」
「鱚はちょっと手に入らなかったなぁ。だからちくわでも作ろうぜ。自家製で」
「ちくわを? 作る?」
「ピンと来ていないみたいだけど……ユーミル、すり潰すのを手伝ってくれよ。タラのすり身で作るから。炭火も用意できるから、きっと美味しくできるはず」
「分かった!」
「何やら本格的な香りがいたしますわ。楽しみです!」

 次々と食材を取り出す俺の姿に、目を丸くしつつも笑顔のヘルシャ。
 特に『高級携帯調理セット』を出した時はびっくりしていた。
 でかいんだもんな、これ……ある程度の空間があるところでインベントリの『取り出し』ボタンを押すと、その場に出現する仕様である。
 どうしてマールで使った『小舟』は、この仕様じゃなかったんだろう……。
 作業を始めて直ぐに、スクショを見ていた二人も近付いてきた。

「ハインド殿。ワルター殿の写真、誠に綺麗でござるよ! ハインド殿もユーミル殿も、見ないと勿体ないない!」
「あ、折角だからこの辺に拡大して、順番に見せてくれよ。作業しながら――って、それだと片手間っぽくて何だな……」
「いえいえ、大丈夫ですよ師匠。そんな風に思いませんから。拡大して……はい、どうぞ!」
「おおっ!」

 ユーミルが持っていたすり鉢を降ろして、写真に感嘆の声を上げた。
 このフィールドの夕刻を写した写真の数々は、ワルターが熱心に薦めるだけあって……非常に美しい。
 料理をしながらワルターのスクショについての感想を言い合い、俺たちの休憩時間は過ぎていった。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ