挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
VRMMOの支援職人 ~トッププレイヤーの仕掛人~ 作者:二階堂風都

彼女が「勇者」と呼ばれるまで

15/89

リベンジマッチ

「MP回復のルール? そうだなあ……」

 MPが回復する条件について聞きたい。
 そんな事をリィズが言い出したのは『ドンデリーの森』を抜ける頃の事。
 リィズは俺の弟子であると、それらしい説明をしてクラリスさんに許可を貰い、森で数戦だけ戦闘を行った。
 その際に得た疑問なのだろう。
 リィズは飲み込みが速く、即座にコツを掴んで一人でも森のモンスターを倒せるようになった。
 俺達はヒイヒイ言いながら倒してたのに……装備の差があったからだと思いたい。

「まずはアイテムか。これは戦闘時・非戦闘時問わずに何時でも回復できる基本的な手段だ。で、他には戦闘時以外は歩いたり、走ったりしていればそれに応じて回復するな。距離だと体格で有利不利が出るから、多分歩数だと思う」
「疲れる行動をしているのに回復するって、少し変ですよね?」
「良いんじゃないか? 人間、じっとしているとかえって体調が悪くなる場合もあるし……。適度に運動すると健康的だろ? MPもそんな感じってことで」
「ククク、完璧に言いくるめられているではないか。ざまぁないな!」

 おー、根に持ってる根に持ってる。
 ユーミルがゲームシステムを説明している時は、えらく嚙みつかれていたもんな……。
 そのユーミルのあおりに、リィズが眉をピクリと動かした後に無表情になる。
 あ、これはキレてるな。

「ハインドさんのそういう理由付けはとても納得しやすいです。何処かの誰かさんと違って。何処かの誰かさんと違って」
「どうして二回言った貴様!」

 武器を抜いて二人が睨み合う。
 やめてくれよ……後で回復するのは俺なんだからさ……。
 それまで成り行きを見守っていたクラリスさんが、俺の隣に来てのんびりと一言。

「皆さん、仲がよろしいんですね。羨ましいです」
「これは仲が良い……んですかね? まあ、見方によってはそう取れなくも……」
「お互いに遠慮が無い感じがして素敵ですよ? 望んでも、中々得られないものだと思います」
「……あー、得難い関係だとは思っていますよ。確かに」

 俺は照れもあって頭をポリポリと搔きながら答えた。
 落ち着きあっていいなぁ、クラリスさん。
 俺もこんな姉が欲しか――おっと、止めよう。
 また冷たい視線をぶつけられそうな気がするし。

「お前らー、話の続きをしても良いか? 止めないと明日の弁当作らねえぞ」
「お願いします、ハインドさん」
「ちっ。続けてくれ」
「んで、次は戦闘中のMP回復についてな。戦闘中は歩いて回復する分が削除、微弱な自然回復が付与される。加えて、前衛の場合は……ユーミル」
「んむ。ダメージを与えるか与えられるかすると貯まるな」
「で、魔法職の回復手段は別にあって……と、丁度いい。あそこのゴブリンで試そう。敵に見つかるか、こちらから一発殴ると戦闘状態に入る。ほいっと」

 ホーマ平原南部に入ったので、低レベルのゴブリンを杖で殴りつける。
 ゴブリンの攻撃を躱し、『ガードアップ』と『アタックアップ』の魔法を自分に使って適当にMPを消費する。

「ここで、ある一定のポーズ……神官の場合は片手で杖を天に向かって掲げる体勢な。この状態で静止すると……」

 足元に魔法陣が出て光を放ち始める。
 その効果でMPゲージが通常よりも早い速度でチャージされていく。

「MPが回復する。立ち止まる必要があるから、これを使うかはケースバイケースだ。立ち止まれない時は回復アイテムを使うか、自然回復を待つかのどちらかだな――せいっ!」

 レベル6のゴブリンを殴って戦闘を終わらせる。
 クラリスさんが俺の手際にパチパチと拍手をくれた。
 おだて上手だなぁ。
 実際、悪くない気分だけど。

「なるほど……魔法を使う職は距離の取り方が大事なんですね」
「パーティなら、前衛が敵を引き付けている間はMPの回復に専念すればいいと思うぞ」
「つまり、ユーミルさんをおとりに使えばいいと」
「おい」
「言い方は悪いが、その通りだ」
「くっ、納得がいかん……事実だとしても……」
「仕方ないだろ。前衛1、後衛2のパーティなんだから。本当は盾役を出来る奴が居るとバランスが良いんだけどな。ユーミルはアタッカーに回して」
「居ないものは仕方ないか……もういい、この苛立ちはオーガにぶつけてやる!」
「もはや発言がパターン化してきたな、ユーミルよ」
「頑張って下さい、メイン盾さん」
「うるさいぞお前ら! もう、さっさと進むからな!」

 肩を怒らせて進むユーミルに続いて、俺達は『ホーマ平原』を北へ縦断した。



「ガアァァァァッ!」
「ひっ!」

 北エリアに入り、現れたオーガの咆哮にクラリスさんが身を竦める。
 俺の後ろに居る様にお願いし、三人でオーガと対峙する。

「ヒャッハー! リベンジマッチだぁ!」
「わあ……あんなに大きな相手に対して、全く恐れを抱かずに……」
「あいつはアホで鈍いだけです。リィズ、適当に魔法で援護してくれ。まだレベル差が大きいから、オーガに狙われそうになったら逃げに徹してくれていい」
「了解です、ハインドさん」

 ユーミルがオーガに斬りかかる。
 新しい防具の効果もあってか、充分に戦える状態に仕上がってはいるが……。

「うわらば!」
「は、ハインド様! ユーミルさんが!」
「防具込みで三発か……補助魔法を足して四発ってとこか? WT的には充分だな」
「お、落ち着いてますね……大丈夫なんですか!?」
「大丈夫です、打ち合わせ通りなんで。まずはユーミルに聖水を投げます」

 瓶が命中し、ユーミルが起き上がる。
 続けて『ヒーリング』を使用、体力がフルに近くなる。

「な、なんのっ! まだまだ!」
「三十秒は持たせろよー。続けて補助魔法を掛け、ピンチになったら初級ポーションを投げます。で、MPをチャージ」
「……」

 ユーミルがオーガに何度も斬りつけ、時折、リィズの方から『ファイアーボール』の魔法が飛んで行く。
 ユーミルの被弾が一発、二発……そろそろか。

「次にユーミルの集中力を読んで、途切れそうになったのを見計らって……蘇生魔法の詠唱を開始」
「ふ、普通は無理ですよ? そんなの。魔法が空撃ちになっちゃいますよ!」
「ちにゃっ!」
「ええ!?」

 長ったらしい詠唱が終わった瞬間、ユーミルが棍棒で吹っ飛ばされた。
 良いペースでオーガにダメージを与えているじゃないか、これならイケる!
 レベル15で取得した待望の蘇生魔法『リヴァイブ』を、ユーミルに向けて放つ。

「何度でもおっ!」
「か、完璧なタイミングで……!?」
「ユーミル、回り込んで背中を斬りつけろ! 攻撃が大振りだから、それで避けやすくなるはずだ! リィズ、弱点は頭部だ! 狙いをつけて魔法を撃ちまくれ!」
「応!」
「はい!」
「すごい……なんて的確な……」

 パターンは読めた。
 稀に事故の様に大振りの攻撃が当たるユーミルをフォローしながら、オーガのHPを削る、削る、削る……って、序盤にしてはやけに硬いな!?

「グオォォォォォ!」
「とどめだ!」

 ユーミルが大ジャンプからの『捨て身』『アタックアップ』が乗った状態の『スラッシュ』をオーガの頭部に決め、ようやく巨躯が膝をついた。
 体に亀裂が走り、光を放ちながら大げさに爆散する。
 序盤のエリアボスに使う演出じゃねえだろ……。
 それを見届けたユーミルがこちらを向き、嬉しそうに剣を掲げた。

「勝ったどー!」
「ああ、勝ったな」
「勝ちましたね」
「お前ら、淡泊過ぎないか!?」

 嬉しいけど、キャラじゃないというか……まあ、いいじゃないか。
 やっぱり、蘇生魔法があると戦いの安定性がぐっと増すな。
 ユーミルは死に過ぎだけど。

「ハインド様、私、感動しました!」
「く、クラリスさん?」

 突然、クラリスさんが両手で俺の手を握ってくる。
 柔らかい手だな、癒される……。

「ハインド様、何処かのお城に仕えてみたらどうでしょうか! 貴方なら、立派な指揮官になれると思います!」
「……城?」

 城を抱えているような大きな街が、TBには複数あるのか……?
 新たな展開の予感に、ユーミルが目を輝かせた。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ