挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。

朝はシリアルと決めている

結婚相談所

 あるところに、成功率ほぼ百パーセントという結婚相談所が有った。ほぼと言うのは、たった一人成功していない男性客がいるからである。所長は、今までたくさんの女性を男性に紹介してきたが、ことごとく失敗した。
 それは、女性側ではなく、男性側が原因であった。男は、類まれに見るほど理想が高かった。
「ではこの人は如何でしょうか」
「少し目が小さくないか」
「ではこの人は」
「待て待て、身長が高すぎる」
「この人なら文句はないでしょう」
「年上は好かん」
 いつもこのような感じで突っぱねる。顔は女優並みの美貌を、スタイルはモデル並を、かといって自分よりも身長が高いのはいけない、年齢も若ければ若いほど良い。バカもいけない、運動神経が悪過ぎる愚図もいけない。男の好みを挙げるとキリがなかった。
 ごく稀にデートまで行くこともある。しかし、一度目のデートを終えた後、男は決まって女性の悪い部分を次々と挙げ、やはり厭だと言うのだ。
 ちなみに、この男に突っぱねられた女性はみな美人で教養もある、魅力的な女性である。男に拒絶されて、一度は落ち込むものの、みな無事に他の男性と幸せな結婚をしていった。

 ある日のこと。また男が現れた。
「そろそろ次の人を紹介してもらいたいのだが」
 所長は言った。
「もう貴方のお眼鏡に適うような方はおりません」
 男は言った。
「まだいるだろう。ここは大勢登録しているのだから」
 所長は少し語気を強めていった。
「貴方は理想が高い男性だという噂が広まっている。女性たちも貴方を敬遠している」
 男は、所長より更に語気を強めていった。
「そんなことで敬遠する女性など要らない。早く紹介してくれ」
 話は平行線に入った。両者譲らず、にらみ合う。
 そこへ、所長の娘が帰ってきた。
「ただいま、お父さん」
「ああ、お帰り」
「接客中なのね。二階へあがっているわ」
「そうしてくれ」
 男は、娘を見ると一目で気に入った。
「じゃあ所長の娘を紹介してくれないか」
「娘を君に? 冗談じゃない」
 勘弁してくれというように所長は、男の要求を突っぱねた。
「じゃあ一度だけでもデートを」
「娘にも聞いてみないことには分からない」
「今すぐ聞いてくれ」
 男が必死なので、所長は渋々了承し、二階に上がったばかりの娘を呼んだ。
「なあに? お父さん」
「この人が、お前と一度デートしてみたいそうだ」
「やだわ、私は登録してるお客さんじゃないのよ? でもいいわ。一度なら」
「本当かい?」
 信じられないというような目で所長は自分の娘を見た。
 男は小さくガッツポーズをして喜んだ。

 デート当日。心配になった所長は、相談所を休業にして娘と男のデートを、後ろから付けていった。
 二人は仲睦まじく街を歩き、食事をし、そして最後にはキスを交わして別れた。
 所長はもう少しで卒倒する勢いであった。
 それからも度々デートを重ね、男と娘は結婚することになった。所長は何度も反対したが、娘の意志は固かった。

 しかし、数年後。娘が泣きながら所長の元へ帰ってきた。
「どうしたんだ」
「年をとって少し劣化したから、あの人に捨てられたのよ」
 娘は、所長のひざに頭を乗せてわんわん泣いた。所長は、娘の頭を撫でながら男に対する復讐を考えた。
「返品しただけだ。代替を用意してもらおうか」
 次の日、悪びれる様子もなく、男が現れた。幸い娘は留守であった。
 所長はぶん殴りたい衝動をかろうじて抑え、男にディスクを手渡した。
「これはなんだ」
「今日から紹介方法を変えた。データを載せているからそこから気に入った人を選んで、あとは勝手に連絡してくれ」
 男はディスクを受け取ると、嬉しそうに笑った。
「家でじっくり吟味したほうが、いい人を探せるだろうな」
「ああ、決まったら連絡をくれればいい。じゃあな」
 男は大事そうにディスクをカバンにしまい、相談所を後にした。
 数週間後、男から電話があった。
「決まったのか」
「ああ。選り取りみどりだったからな」
「そうか」
「世話になったな。じゃあ」
 それが、男からの最後の連絡になった。

 数週間後、男は死んだ。交通事故だった。
 男の遺体のちょうど腕辺りに、ノートパソコンがあった。男は、ノートパソコンをかばう様にして死んでいた。
 幸い、男の巨体に守られていたためか、ノートパソコンは外見に傷がついただけで、故障はしていなかった。警察が調査のためにパソコンを開く。
「ねえ、今日の晩御飯は何がいいかなあ?」

 その晩、所長はネット上の掲示板に書き込みをした。
『エロゲに夢中になりすぎてわき見運転していた男性(55)死亡ww』
 結婚相談所は今度こそ成功率百パーセントになった。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ