挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
村人転生~最強のスローライフ 作者:タカハシあん
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

99/990

99 オレの名は

名前、いろいろ候補はありましたが、今日、思い付いたコレにしました。
「わかるように最初から話しやがれ」

 ねーちゃんらがエレベーターに消えると同時に切り出した。

「……あ、あの、ちょっといいでござるか?」

 向かいに座った汚物がおずおずと手をあげた。

「なんだい?」

「え、えーと、拙者、名をシゲモチエリナと申します。あ、こっちだとエリナシゲモチでござった。エリナと呼んでくだされ」

「どっちでもイイよ。たぶん、汚物と同じ世界からの転生してきたもんだからな」

「え、あの、エリナでござるよ」

「ああ、わかってるよ。だからそう呼んでるだろうが」

 生憎と言葉にルビは付けられんがな。

「え? 汚物と聞こえたでござるが?!」

「気のせいだろう」

 バッサリと切り捨てる。

「オレはベーだ」

「ベーどのでござるか?」

 首を傾げる汚物エリナ。なにか問題があんのか?

「あ、いや、すっかりこちらの人間になっているのでござるな?」

「当たり前だろうが。いくら前世の記憶があろうと、この世界に生まれた時点でオレはオレだ。ヴィベルファクフィニーだ」

「ヴィベルファクフィニー?」

「オレの本当の名前だ。誰も発音できねーし、長いからベーって呼ばれてんだよ。つーか、一回聞いただけでよく言えたな?」

 つーか、久しぶりに自分の名を言ったよ。意外と言えるもんだな、そんなことにびっくりだよ。

「オホホホっ! 貴腐人のたしなみでしてよ!」

 なんだろうな。貴婦人が貴腐人に聞こえたオレはもう汚物エリナに汚染されてしまったのだろうか……。

「あれ? ツッコミはなしでござるか!?」

「一々突っ込んでられっかよ! もうメンドクセーわ!」

「寂しいでござる……」

 しゅんとなる汚物エリナ。オレは漫才しなきてんじゃねーぞ、こん畜生が!

「マスター。そろそろ本題に入ってください」

 ぷるぷるな体から怒気を発しながら先を促すバンベルさん。ほんと、器用なスライムだ。

「あ、え、すまぬでござる。バンベルは怒ると怖いのでござる」

 突っ込んだら負けな気がするから突っ込んだりはしねーが、そのしゃべりなんとかなんねーのか? うっとーしくてたまんねーよ。

「……え、えーとでござる。ヴィどの───とお呼びしてよかろうか?」

「好きなよーに呼べよ」

 別に名前に拘りはねーし、ベーもヴィも大して変わんねーよ。

「はい、ヴィどの!」

 なんでそこで喜ぶんだよ。意味不明だよ、まったく。

 んで、話を戻して、だ。汚物エリナが話始めたのは神(?)との邂逅からだった。

 オレもなぜか神(?)との邂逅は今でもはっきりと覚えている。まあ、なぜかは知らんがな。

「三つの能力は、汚物の命に関わることだ。言いたくねーのなら言わなくてもイイが、言ってくれねーとわかんねーからぼかして言えよ」

 バンベルの頼みとは言え、まだ助けれるかどうかもわかんねーんだから秘密を聞く気はねー。まあ、今更って感じだがな……。

「大丈夫でござる。バンベルが信じたのなら拙者もヴィどのを信じる」

「あんまり期待されてもな~。オレはただの村人で十才のガキだぞ」

「前世を含めれば拙者より年上でござろう。それに、リックスたちを殺さずにいてくれもうした」

「バンベルにも言ったが、別に殺す必要がなかったから殺さなかっただけだ。必要なら殺すぞ」

 その言葉のどこに微笑みになる要素があったんだ?

「ヴィどのは、優しくてお人好しでござるが、ちゃんと計算もできて覚悟もあるでござる。信じるに値いします」

 前半の汚物っぷりはどこへやら。後半はまるで慈愛に満ちた聖母ばりの笑みを見せた。

「……エリナ───」

「───はいっ!」 

 エリナの返事になにを言おうとしたのかわからなくなり、なぜか照れ臭くてお茶に逃げた。
アリテラがこれを知ったらどうなるんだろう……?
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ