挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
村人転生~最強のスローライフ 作者:タカハシあん
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

97/992

97 聖剣(釘バット)

 一時館なるマンションに入ると、一階部はエントランスホールとなっており、正面にエレベーターがあり、右手に郵便受け(どっからくんだよ! 誰が持ってくんだよ! 意味わからんわ!)があり、左手には受け付け窓(?)があり、見える限り管理人室っぽい内装だった。

「あら、バンベルさん。お帰りなさい」

 と、受け付け窓から黒髪の東洋系美女が顔を出した。

 上半身(黄色いエプロンを装着してる)しか見えないが、豊満なお胸さまは女だと主張してる。が、イン子の例がある。女に見えても女じゃない可能性があるので油断は禁物だ。

「女もいんだな」

 カマを掛けてみる。

「はい。マスターが管理人は女でないとと言うもので」

 思わず心の中で『わかってんじゃねーか』と言ってしまった自分が憎いぃ……。

「お客さまですか?」

「はい。マスターにお会いさせたくてお越しいただきました。マスターに変わりはありませんでしたか?」

「ええ。まったくです」

 なにやら呆れ顔で肩を竦める黒髪のお胸さま。なかなかエエ光景や~。

「───ふげっ!」

 突然、頭に衝撃が生まれた。

 なんなんだと振り返ると、アリテラが手刀を構えながらエエ笑顔を見せていた。なんなのいったい!?

「なにすんだよ意気なり?」

 痛くはねーが、今の衝撃からして本気の一撃だったぞ!

「なんとなく?」

 エエ笑顔のまま首を傾げるアリテラさん。ほんと、なんなのさっ?!

「ガンバレ」

「ガンバレ」

「ガンバレ」

 なんの応援だよ! なにをがんばんだよ! 意味わかんねーけど、股間がキュッとするから止めろや!

「ベーさま」

「あ、ワリーな、何度も何度も。で、入んのになんか許可がいんのか?」

 黒髪のお胸さまに目を向けた。他意はありませんぜ、ダンナ。

「いえ、必要ありません。キョーコさんはここの門番。無断で侵入する者を排除するのが役目。マスターかわたしが認めれば問題ありません」

 あらやだ奥さん。突っ込みはしませんわよ。ウフフ。

「あのねーちゃんは、なんの種族なんだ? まあ、無理には答えんでもイイがよ」

「キョーコさんはマスターが創りしホムンクルスです」

「ホ、ホムンクルスですって!?」

 魔術師系ねーちゃんがびっくりして声をあらげた。

「ホムンクルスって、確か人工生命体だったよな?」

「正確には人工魔導生命体よ。まさか伝説のホムンクルスがいるとは……凄い錬金術師のようね、ここの主は……」

 まあ、ある意味その評価は正しいんだろうが、オレは嫌な評価(予感)しか出てこねーよ。

 バンベルに促され、開かれたエレベーターへ入った。

 ねーちゃんらは未知なものに動揺しているようだが、平然としているオレを見て、大丈夫と感じたのか、不用意な動きはしなかった。

 エレベーターの表示が五階を表す。

 もはや四階建てのマンションが実は五階建てだろうと十階建てだろうと驚きはしない。『あ、そっ』でスルーである。

 チーンとベルが鳴り、扉が開かれる。

 現れたのは通路ではなく、薄暗い大部屋だった。

 広さはだいたいテニスコート一面分くらい。なにかが、いや、薄い本が天上まで積み重ねられていたり、人形……と言うよりはフィギアと称した方がしっくりくるものが壁側のケース棚にぎっしりと飾られ、ところどころに抱き枕(美少年なアニメキャラが描かれている)が転がっていた。

 大部屋の真ん中には長方形の炬燵と座椅子があり、テーブルの上にはノートパソコンのようなもが鎮座していた。

「……なかなかの散らかりようだな……」

 ゴミ屋敷ほどではないが、前世のオレの部屋より酷い状況だな……。

「申し訳ありません。マスターは部屋をいじられるのを嫌うもので……」

「構わんさ。人それぞれの拘りがあるからな」

 オレもどちらかと言えば散らかっている方が落ち着くタイプだしな。まあ、片付け上手なサプルちゃんはそれを許してはくれんがな。

「んで、そのマスターとやらはどこにいんだ?」

 見える範囲にはそれらしいモンは見当たらんが? 便所にでも行ってんのか?

「少々お待ちを」

 と言ってバンベル(スライム形体のままね)が部屋の中へと入って行き、奇妙───じゃなくて器用に床のものを避けながらオレから見て右斜め方向に進んで行った。

 その先には布団がもっこりと山積みとなっていた。

「マスター。隠れてないで出てきてください」

 山積みの布団がビックと動いた。

「……いないって言って……」

 中から女の声が発せられた。

「いるじゃん……」

 ダメだよ、斥候系ねーちゃん。そこはスルーするのが人としての優しさだよ。

 なにか、ため息を吐いたような感じの仕草をすると、山積みの布団に近付き、なにやら囁いた。

「───なんですとっ!」

 布団が撥ね飛ばされ、ジャージにモコモコのどてらを羽織った、クルクルメガネなきょぬーなねーちゃんが現れた。

「───ぬをををっ!! シュタキタァーーーーッ!!」

 奇声をあげたきょぬーなねーちゃんがヨダレを滴ながらこちらへと突進してくる。

 慌てず騒がずポケットから聖剣(釘バット)を静かに抜いた。

「アハハ。死んで☆」





クルクルメガネなきょぬーなねーちゃん。またの名を腐死王(腐女子は死して腐の王となる)と呼ぶ、かどうかは自分にもワカリマセーン。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ