挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
村人転生~最強のスローライフ 作者:タカハシあん
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

89/988

89 女のコ? いえ、違います

無理矢理です。わかってます。
 魔族二十四種の一つ、サキュバス。

 婬魔とも夢魔とも呼ばれている、背中にコウモリの羽を生やすサキュバスは、魔族の中でも数が少なく、ほぼ伝説になっていると言う(サリバリーのおっちゃん談)。

 魔族は魔物とは違うカテゴリーらしく、もらった魔物図鑑には載ってないから、本当に目の前のがサキュバスかは断言できねー。だが、黒髪に金色の瞳、コウモリの羽、そして、魔眼。聞いた限りの特徴はサキュバスと言っていた。

「……こんなとこに、サキュバスとは珍しいな……」

 ちょっとカマを掛けてみる。

「なんで効かないのよっ! ズルい!」

 が、どうやら前二匹よりおバカのようでした。まともなのいねーのかよ!

「おい、そこのおバカ。話があんなら下りてこいや」

「ボク、おバカじゃないモン! チャーニーだモン!」

 プンプン怒るおバカなサキュバス。ほんと、どんな進化論なんだよ……。

 折れそうな心を奮い立たせ、おバカを睨んだ。

「モンキーだかチャイコフスキーだか知らねーが────」

「───チャーニーだモン!」

 ゴメン。オレ、もう死んでもイイかな?

 なんて思うくらい精神的ダメージを負ったぜ……。

 なんなの? なんだって言うの? こんなの前世を含めて見たことねーよ。ほんと、マジつらたんだぜ。

「……あ、あー、そのチャーニーさんは、なにしにここへ?」

 来世の根性を前借りしておバカに尋ねた。

「そーだよ。君のせいで忘れてたよ!」

 うん。こいつ泣かす。メッチャ泣かしてやるヨ☆

「バリアルを返してよ!」

 バリアル? 誰だそれ?

 なんてバカな問いはこのおバカでお腹一杯だよ。

「なんで返さなきゃいけねーんだよ。アレはオレが捕まえた獲物だぜ?」

「バリアルは獲物じゃないモン! ボクらの仲間だモン! 返してよ!」

 仲間、ね。珍妙なイキモンにも仲間意識はあんだ。うん? 仲間?

 なにか、とてつもない不吉な連想が次々と浮かび、とてつもない嫌な答えを映し出した。

 ……いや、そんな、まさか。んなワケねーよ……。

 だが、どんなに否定しても最後に出たイヤなものがどうしても消えてくれねー。それどころかトラウマになりそうなくらい頭ん中で膨れ上がってきてるぜ……。

 イケメンなゴブリンに美丈夫なオーガ。そんでおバカなサキュバス。

 なかなか珍妙な組合せだが、共通するものがある。それは、三匹とも美形と言うことだ。

 偶然だと言われたらその通りだし、こじつけもイイところだと、罵倒してくれても構わない。それで事実が変わるなら甘んじて受け入れるさ。

 だが、こーゆーときのオレの勘はムダにイイ。嬉しくはねーがな……。

「……その服、カワイイな」

 オカン、ごめん。オレ、今無茶なことしてます。

「え? そー思うぅ? エヘヘ。イイでしょう。マスターがボクのために作ってくれたんだぁ~!」

 ごめん、オカン。無茶じゃなかったわ。おバカだったわ……。

 来世の、そのまた来世の根性を更に前借りして崩れ落ちそうな心を奮い立たせた。

「そ、そーなんか。イイ趣味してんだな」

「そーなんだよ! マスタースッゴく趣味イイんだから!」

「ほ、他にも服はあんのか?」

「うん! いっぱいあるよ! ごしっくやミニとか、いーっぱい! ぜーんぶ、マスターが作ってくれたのー!」

「そりゃスゲーな」

「うん! マスタースゲーのー!」

「でも、なんで女もんなんだ?」

「ボクがカワイイからだって! エヘヘ。テレちゃうよねー!」

 はい、決定です。

 このおバカなサキュバス、男の娘でした。

 っざけんなっ!
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ