挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
村人転生~最強のスローライフ 作者:タカハシあん
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

8/990

8 ゴブリンが出た

一つ前で主人公に名前がないことに気がついた。なんて名前にしよう……。
「……ただいま……」

 と、言ってるそばから弟が帰ってきた。

 左手には、オレが作ってやった弓を持ち、右手には一羽の灰色兎を持っていた。

「獲れた」

 うちの弟は無口な性格なもので必要最低限のことしか言わないが、表情は人並みので獲れたことが嬉しいことがわかった。

「でかいの獲ってきたな。一発か?」

 そうだとばかりに嬉しそうに頷いた。

「あとでサプルに捌いてもらうから手洗って朝メシ食え」

 うんと頷き外にある流し場へと駆けて行った。

「毎日仕止めてくるんだからトータも立派な狩人だね~」

 オカンらしいセリフだ。

 だが、一般的に言って五才で灰色兎を狩ってくるのは異常である。

 灰色兎は前世の兎サイズだが、凶悪な爪を持ち、猫並みにすばしっこい。こいつを狩るのは一流の狩人でもなかなかできないのだ。

 そろそろ弟に狩りでも教えてやるかなと弓を持たせたら才能開花。僅か五日で百発百中。投げナイフも教えたらこれまた才能開花。今度はたったの三日で右でも左でも百発百中。さすがのオレも唖然としたが、オトンも弓の腕は天才だったので血だろうと無理矢理納得させた。

 ……まあ、この世界、いろんな種族がいるし、人間でも化け物じみたヤツがいるし、そんなもんなんだろうよ……。

「狩ってくるのはイイけど、毎日狩ってこられても食いきれないないよ。保存庫だって一杯なのに」

 朝の狩りで一匹。昼の狩りで二、三匹。そりゃ嫌でも貯まるよね。

 飢饉、いつでもかかってこいや、の精神で貯蓄していたが、さすがに貯めすぎたか。我が家の保存庫、並みの体育館くらいあるからな……。

「オババのところに持っててやるか」

 そろそろ食材も切れる頃だし、薪も貯まった。今日は集落に行って見るか。

 なんて考えていると、手を洗ってきたトータが席へと着き、朝食に食らいついた。

 朝食が終わり、薬茶で一服していると、トータが巾着袋を突き出してきた。

 なんぞやと受け取り、中を見ると、ゴブリンの耳が入っていた。

 食後に見て気持ちにのイイものではないが、それほど忌避感はない。剣と魔法の世界に十年も生きてればゴブリンなど日常茶飯事。たまには土竜(モグラじゃないよ、サイみたいな恐竜だよ)でも出て欲しいものだ。

「春だしな」

「いや、ゴブリンに春とか関係ないから」

 無口な弟からの鋭い突っ込み。ほんと、やればなんでもできる弟である。

「何匹いたんだ?」

「三匹いた」

 三匹ってことは斥候か。こりゃ、大群生が渡ってきた可能性がありそうだな。

 基本、ゴブリンの群れは十匹前後で、単独で狩りをする。聞いた話(とある冒険者談)だと三十匹前後でも単独で狩りをするとのこと。それが三匹となれば百匹、下手したら二百以上の群れになってても不思議ではないな。

「……大暴走になるな……」

 ゴブリンなどの魔物(知恵を持つものは魔獣と呼ばれている)大発生は自然災害扱いであり、わかれば逃げるし、わからなければ滅ぶだけだ。

 領主に報告? そんなもしたところで見捨てられるのがオチである。領主軍っても百人もいない。ゴブリンとは言え、バーサーカ状態の二百匹もの大群を相手にすれば被害は甚大。下手すりゃ全滅である。なら村一つダメにして油断しているところを狙うのが領主軍のやり方(某奴隷談)である。

 冒険者に依頼する手もあるが、領主軍ですら匙を投げる自然災害に我が身大事の冒険者が依頼を受ける訳もない。まあ、A級の冒険者パーティーなら受けてくれるかもしれないが、そんな国に十組もいない高ランクパーティーに払える金などこの村にはない。

 まあ、わかってラッキー。即逃げろーーってのが一般的で常識ある対応だが、この村に関しては、いや、オレにしたら暖かくなって変態が出たくらいの感覚。取り立てて騒ぐようなものではない。

「まあ、良いタイミングではあるか」

 最近、毒見役が欲しいと思ってたところだ。まあ、悪食なゴブリンなのはちょいと不満だが、毒のあるなしくらいはわかるから我慢するか。山賊も出てくる季節だし、運が良ければ捕まえてられるだろうよ。

「トータ。明日にでも出てみるからだいたいの場所と数を調べてきてくれ」

「今日、魔法教えてくれる約束」

 あれ、そうだっけ?

「も~! あんちゃん、直ぐ忘れるんだから」

 最近、魔法に興味を持ち始めた姉弟。そして、才能開花しそうな兆しあり。うちの血筋、ほんとどーなってんだ?

 ちなみに、サプルもトータも大暴走など気にもしない。なんせ、オレがオーガの群れを棍棒一つで殺戮するのを見ていれば、大岩かち割っているのも何度も見ている。もはや非常識に慣れた姉弟は、今では立派な非常識。大暴走程度ではもはや驚かないのだ。

「んじゃ、昼からで良いから見てきてくれ。魔法は午前中に教えるから。それで良いだろう?」

「わかった」

「サプルも良いな?」

「うん。わかった」

 素直な妹と弟であんちゃんは嬉しいよ。  
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ