挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
村人転生~最強のスローライフ 作者:タカハシあん
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

77/990

77 何気ないおしゃべり

内容が薄いのはいつものこと。短いのもいつものこと。だから書けた。
でも、書けないときは書けないから不思議です。
 夜、趣味に没頭してると、戸が叩かれ、我に返った。

「開いてるよ」

 作業を止め、戸に向かって言った。

 戸が横に移動し、来客用のローブを着たアリテラが現れた。

「お邪魔しても良いかな?」

 なにやら乙女っちくな感じで言ってくるアリテラさん。昼間のはなんだったんだと突っ込みたいくらいの変貌である。

 ……ほんと、よーわからんわ、女ってのは……。

 椅子を勧め、オレは台所へと向かい、果実酒とチーズを皿に盛って、テーブルへと置いた。

「ベーは紳士ね」

 変態が付いたらオレは今直ぐ死ぬがな。

「女には優しくするもんだからな」

 女は敵にしてはならぬと、前世で学びましたから。あ、別に経験したからじゃないんだからね。たんにおっかない場面を見ただけなんだからね。勘違いしないでよねっ。

「ネラフィラにも?」

 ネラフィラ? 誰だそりゃあ? と言おとしてなぜか殺気を感じた直後、それが姉御の名前だと思い出した。

 ……な、なんだろう、この命が縮む思いは……?

「ベー?」

「あ、いや、ワリー。なんか命の危機を感じたんでな」

「なに言ってるの?」

「オレにもよーわからん」

 わかりたくもねーよ、なんか知らんけど。

「で、姉御がなんだって?」

 唐突になんなんだい?

「ベーはネラフィラにも優しいの?」

「別に普通だろう。むしろ、優しくされてんのはオレの方だな」

 小さい頃から世話になってるし、オトンが死んだときやトータが産まれるときは涙が出るくらい助けてもらった。冒険者ギルド(支部)に行ったとき声を掛けてくれるのはも当然として、ときどき家の様子を見にきてくれ、オカンやサプルを助けてくれる。ほんと、姉御には足を向けて寝れねーよ。

「姉御は、オトンの仲間だったし、オカンとも仲がイイし、オレが産まれたときはよく子守りしてくれたし、まあ、オレのお───じゃなくて、お、ねーちゃん的存在だな……」

 な、なんだろう。"お"の次を言った瞬間、死をイメージしたぞ。股間がキュッとしたぞ……。

「ふ~ん。おねえちゃん、ね~」

 なにかとってもイイ笑顔を見せるアリテラさん。いったいなんなんです?

「姉御がなんかしたのか?」

 もし敵にしたのなら即、謝れよ。あの人を敵にしてもなんもイイことねぇからな。

「ううん。ベーのこと心配そうに見てたから、なんでかな~って思っただけよ」

 姉御、そんな風に見てたっけ?

「まあ、オレはバカなことたまにやるからな、そうなってもしょうがねーかもな」

 心配してくれる人がいる。なんともありがたい話だぜ。

「たまに、じゃなくいつもでしょう」

 違うと反論できないのが悔しいが、別に周りに迷惑掛けてねーんだからイイだろう。

「……ところで、なにしてるの? 鎧作り?」

 テーブルの横へと置いた手甲を見た。

「まあ、そんなもんかな」

 ラーシュにやった防御力特化の初期型とは違い、スピードも追加した改良型である。しかも、十秒から五秒まで短縮させた。

 まあ、まだまだ改良の余地はあるし、納得できるもんじゃねーが、楽しみはゆっくりとだ。

「……また、バカなことしようとしてる訳ね……」

 なんとも呆れた目でオレを見るアリテラさん。バカじゃない。これはロマンだ! っと言っても理解されないので肩を竦めるだけにした。

「そー言やぁ、依頼の礼を言ってなかったな。ありがとな」

 明日、三人にも礼を言わんと。

「ベーが言うことじゃないでしょう。村の依頼をわたしたちが受けただけなんだから」

「そりゃそーだが、オレも村のもん。村のために動いてくれてんだ、礼ぐらいは言わしてくれや」

 仕事だから当然、メシを食うために、では、する方もさせる方も味気ねーじゃんかよ。それに、感謝を忘れたら人はダメになる。オレを生かしてくれる全てのことに感謝するって決めたんだ。

「フフ。なら、ありがたく受け取っておくわ」

「まあ、邪魔にならん程度でな」

 これはオレの主義主張。他人さまに押し付けるもんじゃねーしな、ホドホドでイイよ。













操るのもイイけど、纏うのもイイよね、装着!とか(とある田舎に住んでいた少年談)。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ