挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
村人転生~最強のスローライフ 作者:タカハシあん
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

71/988

71 そんな男になりてーよ

「ベー。薬代は幾らになる?」

 山小屋に置いてあるハーブティーで一服した後、ザバルのおっちゃんが聞いてきた。

 オレは薬師ではあるが村専属の薬師ではなく、副業としての薬師だ。

 専属と副業、なにが違うかと言うと、専属は村から金をもらい村人をタダで診る(本当は調合する、または煎じると言うのだが、オレは診ると言っている)。多くても少なくても村から出る金は一定だ(税金を引いた分な)。

 副業は個人相手。怪我したヤツから薬代をもらっている。まあ、個人が払えないときは村からで、怪我したヤツは分割で村に払うことになっているがな。

 厳しいと思うが、こればっかりはしょうがねーよ。薬師としての立場と糧を守るためにもタダにはできねぇし、健康保険なんてねーご時世では自分の命は自分で守るしかねーからな。

 それに、うちは恵まれている方だ。薬師が三人(見習いは入らない)もいる村なんてなかなかなねーんだからな。

「銀貨三枚と銅貨十枚だな」

 高い! なんて言うなよ。さっきの治療を街でやったら銀貨二十枚は取られるからな。それも良心的な薬師だったら、って前提でだぞ。

 材料費だけでも銀貨十三枚はする。それらを調合する技術料で銀貨七枚なんてありえねーからな。

 村で薬師をやれるくらいの知識を身に付けるのに最低でも五年。調合技術をマスターするのに最速で十年。師匠のサポートの元、五年は経験しなくちゃなんねー。具合(症状)を見抜けるなんて一生勉強(オレの場合は前世の知識があるし、調合は天秤を使用し、計算してメモを取れるから早く薬師になれたのだ)だ。一人立ちするまでに費やした時間を考えたら決して安くねー代金だぞ。

「そうか……」

 ザバルのおっちゃんもそれがわかっているから文句は言わない。普通なら死んで当たり前。奇跡的に助かっても寝たきり状態。放置と言う名の看病で一年もしないで死ぬことだろうよ(経験談)。

 もちろん、オババのところで診てもらえば助かるし、タダ(まあ、薪代から引かれてはいるがな)だ。

 だが、オババは高齢で伐り場までこれる体力も気力もねー。無理してきたら道半分で死ぬぞ、絶対。

 だからと言ってこちらから行くなんて無謀以外なにもんでもねー。伐り場へと続く道は悪路だ。そこを運んで行ったらやはり道半分で死ぬわ。

 村長つう手もなくはないが、それをするには状況と容態を的確に教えなければ薬の調合はできねー。オレのように結界術がある訳じゃねーから作り置きなんてできねぇし、していたとしても量が違えば治癒力が暴走して心臓麻痺を起こしかねない。

 ファンタジー薬とは言え、量を超えたら毒でしかねーし、どっかからエネルギーを持ってきてくれる訳でもねー。あくまでも治癒力を促進させるまでだ(まあ、そーゆーのもあるが、そんなもん王様か大貴族しか持ってねーよ)。そのための栄養丸と薬水だ。

 その点、オレなら直ぐに駆け付けられ、適切な薬を投与(結界術で)できる。しかも、後遺症を残さねー(切傷の場合ね)。更に安いときてる。

 これで文句言われたらオレは薬師辞めるよ。割りに合わねーもん。

「いつもすまねーな」

 ザバルのおっちゃんの感謝のこもった謝罪に笑みが溢れる。

 それだけで報われるってもんだが、素直に礼を言うのも違うような気がするので、ザバルのおっちゃんの肩を叩いた。

「なに、こっちも経験を積ましてもらってんだ、気にすんなって」

 だいたいにして十才のガキに命預けるとかありえねーよ。いくら神童(笑)でも経験のねーヤツに命預けるなんてバカだろう。そんなバカに敬意を払って当然だ。

「……まったく、ベーには敵わんよ……」

 なにが敵わんかは知らんが、オレから見たらザバルのおっちゃんの方がスゲーよ。

「それはオレのセリフだぜ」

 前世を通して今のオレではザバルのおっちゃんの足下にも及ばねーよ。

「四人の子供を育て二十五人もの家族養うばかりか、こうして樵衆を纏めあげる。男として、父親として、スゲーよ。イイ男過ぎて直視できねーわ」

 比べても意味はねぇとわかっちゃいるが、どうしても比べてしまう。

 前世のどうしようもねーオレと、結婚して家族を養う男との差にな。バカだぜ、ほんと。

「オレはそんな男になりてーよ」

 まあ、こんなオレが結婚できるとは思わねーが、志しだけは持っておきたいぜ。
読んで下さる方々に感謝です。
感想を下さる方々にも感謝です。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ