挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
村人転生~最強のスローライフ 作者:タカハシあん
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

7/992

7 木版は優れた教材

生きている。
それだけで物語。面白いか面白くないかは別として……。
「あんちゃん、また新しい話か?」

 マ〇ダムしながら焼きごてで木版に文字を焼いてると、妹が声を掛けてきた。

「ああ。そろそろ新しいので文字を教えようとと思ってな」

 王都や大都市ならまだしもこんなド田舎に学舎などある訳がないし、文字を知ってるヤツなんて十人もいないくらい識字率が低い。

 確かにここなら知らなくても生きて行けるが、文字を知っていて損はないし、より良い生活ができる。なにより本が読める生活は心を豊かにしてくれるのだ。

 とは言え、製紙技術がまだ未発達のこの時代では本は高額。文字を写す水晶版など貴族様でもないと買えないくらい希少品だ。

 薬師のオババに貢いで文字を教わり、小遣い貯めて行商人から本を買って読んでいたら妹も興味を持ち、教えて欲しいとねだってきた。まあ、今は覚える気十七パーセントぐらいしかないがな。

 そのときはまだ勉強中で、買える本も旅行記や植物図鑑、歴史書と言うものばかりでまだまだ理解してなかった。

 さて、どうしたもんかと悩んだ結果、お伽噺で文字を教えることにした。

 紙を作る知識も能力もあったのでやってみたが、なかなか手間が掛かった。そこで思った。別に紙じゃなくても良いんじゃねぇ? と。

 木はそこら辺に腐るほどある。木を切るなど造作もない力がある。土魔法があるので焼きごてを変形させることができる。

 A3サイズのベニヤ板で一物語となると少々嵩張ってしまうが、土魔法で地下室を作ったので問題なし。

 なぞって良し。読んで良し。九九も焼けば算数も教えられる。教材として売ろうかなと皮算用するくらい優れものであった。

 まあ、妹の場合文字を学びたいと言うよりはお伽噺を聞きたい方が勝っていてるので音読させながら文字を覚えさせている段階だけどな。

「今度のはなんの話なの?」

「鶴の……いや、ホウ鳥の恩返しって話だ」

「どんな話なのっ!」

 瞳をキラキラさせながら迫ってきた。

 なんの娯楽もない世界では町にサーカスがやってくるくらいの大興奮ものなんだよ。

「できたら話してやるよ。ほら、オカンがきたし、朝メシにするぞ」

 妹を押し戻し、居間へと上がった。

 絶対だよ。絶対だからねと言う妹に生返事しながら運んでくる朝食を炬燵の上に並べて行く。

 今日の朝メシは、肉まんに具沢山のシチュー。ゆで卵。漬け物。魚の練り物を焼いたもの。統一感はまったくないが、この村では、いや、この領主の食卓以上の豪華さだろう。

 一日の元気は朝食から。良く食べて良く働くが我が家の家訓である。

「では、いただきます」

 十才であるが、家長たるオレが音頭を取る。

「いただきます」

「いただきま~す」

 あ、そーいや、弟が帰ってきてねーや。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ