挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
村人転生~最強のスローライフ 作者:タカハシあん
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

64/988

64 ここにいますがなにか?

 夜、サプルたちを寝かし付け、いつもの場所でコーヒー(モドキ)を飲みながらラーシュからの手紙を読んでると、家の戸を叩く音がした。

「開いてるよ」

 基本、うちの戸に鍵は付いてない。ま、結界は施してはあるが。

 出入口の戸が開き、アリテラが現れた。

「どうしたい?」

 なにか戸惑いを見せるアリテラに尋ねる。

「ベーと話がしたいと思って……良いかな?」

「構わんよ」

 中に招き入れ、椅子を用意して座らせた。

 待ってなと言い残して台所へと向かい、棚から果実酒とツマミの野菜チップスを皿に盛ってテーブルに置いた。

「用意が良いのね」

「まあ、よく客がくるからな」

 行商人のあんちゃんとは離れじゃなくここで話してるからな、自然と用意は良くなるさ。

「そうなんだ」

「ま、どうぞ」

 カップに果実酒を注いでやる。

「十才とは思えない気の遣いようね」

「一緒に飲んでやれんからな、せめてもの付き合いさ」

 話し相手がゲコでは興醒めだろうし、気持ち良くないだろうからな。

「それが十才とは思えないのよ」

 確かにそうだなと思い、苦笑で応えた。

「手紙?」

「ああ。文通友達からのな」

「あれだけ非常識を見せられたあとだと、文字を読めることがどうでも良くなるわね」

 呆れるアリテラ。なに気に失礼なことを言うヤツだな。

「相手はどこかのお姫様?」

「いや、南の大陸の王子様だよ」

 訂正したらなぜか沈黙するアリテラ。どったの?

「……あなた、本当に何者なの……?」

「ただの村人だよ」

「どこの世界に王子様と文通する村人がいるのよ」

「ここにいますがなにか?」

「……………」

 また沈黙するアリテラ。見ればげっそりしてる。

「まあ、オレだって自分が普通だとは思ってねーよ。けど、何者だって聞かれたら村人ととしか言いようがねぇんだよ。逆に聞くが、アリテラは何者なんだ?」

 その問いにアリテラは言葉を詰まらせる。

 当然だ。答えが出る訳じゃねーし、答えがある訳じゃねーしな。

「オレは魔術は使うが魔術師じゃねぇ。山で木を伐る樵でもあれば薬草を採取する薬師でもある。畑を耕やしたり家畜を飼ったりするし、内職で道具も作る。獣も狩る。何者、なんて一言で片付けられる存在じゃねぇし、一言で片付けてイイもんじゃねぇ。だが、オレはこの村が好きだ。この生活に満足してる。普通じゃねぇ自分が好きだ。だからオレは何者だって聞かれたら村人と答えるし、村人であることに誇りを持っている。他人に否定されようがなんと言われようが関係ねーよ」

 オレの人生はオレだけのもの。他人にどうこう言われて変える気はねー!

「強いね、ベーは」

「別に強くはねーよ。ただ、生きることに後悔したくねぇだけだ」

 なにもせず、現実から逃げる毎日は確かに平和だった。可もなければ不可もねー。イイ人生だったと言えるだろう。だが、そこに充実感はなかった。生きている実感がなかった。

 平々凡々に、悠々自適に、前よりは良い人生をと、今でも思っているが、その望みを叶えようとしたら覚悟がいる。努力がいる。力がいることを知った。

 なにより生きる喜び知った。

 知ってしまったからにはもう捨てるなんて無理だ。

「オレにアリテラの苦労や苦悩をわかってやることはできねー。強くしてやることもできねー。だがよ、話は聞いてやれるぜ」

 便秘じゃねーんだ、胸の奥底に溜まったもんを吐き出してすっきりさせろってんだ。

「……まったく、十才のクセに男前なこと言っちゃって……」

 うん。余計なことは言わなくて正解だったぜ。

「まあ、ぶっちゃけ、アリテラの物語を聞きたいだけなんだがな」

 ニヤリと笑って見せると、苦笑しながらも穏やかな目でオレを見るアリテラ。結構表情豊かじゃねーか。

「しょうがないわね。なら、わたしの物語を語ってあげるわ。感謝しなさいよ」

「感謝感激雨霰。アリテラさまに足を向けて眠れませんぜ!」

「意味わかんないわよ、それ」

「オレもわかんねー」

 その夜、アリテラの物語を沢山聞くことができた。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ