挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
村人転生~最強のスローライフ 作者:タカハシあん
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

6/988

6 ん~マ〇ダム

 家畜小屋の掃除を終えて家に戻ってくると、眠っていた腹の虫を一瞬で目覚めさせるくらいの匂いが漂っていた。

「今日は肉まんか」

 前世で例えるならこの今世は中世時代であり、水車が最新技術と言う感じの科学レベルだ。ただ、魔法や魔道具のレベルは高い。ド田舎じゃまず見ることはないが、王都では魔石を燃料とした自動車(貴族の乗り物だがな)があり、飛空船が飛んでる。照明器具やら冷蔵庫と言った日常品(富裕層の話な)もあるそーだ。

 まあ、都会で売っているものの、どんなもんかまでは知らねぇが、三つの能力があるオレに掛かれば冷蔵庫など造作もねーし、日常品も負けてねー。調理器具は王宮の厨房より豊富だろうよ。

 昔(前世)は、スーパーの見切り品が主食だったオレではあるが、煮る焼くの食事は余りにも辛く、淋しいものだった。

 厳しい世界(時代)ではあるが、食材に関しては恵まれた土地だ。味噌みたいなものもあればトマトソースもある。油が取れる植物に香草もいろいろ生えている。海では魚はもちろん昆布も貝も取り放題。山では鳥に兎に猪が狩れるから肉も困らない。オークなど見た目はアレだが結構旨い。ちょっと遠いが竹もある。今なら竹の子取り放題だ。

 パンが主食なこの時代ではパン屋でしかパンを買えない決まりがある。麦が税金なので、できたものは全て国のもの。それを管理しているのがパン屋な訳だ。まあ、なにごとも抜け道はあって、商業ギルドに属している店(この村では雑貨屋だな)から小麦を買うことができるのだ。

 そう。パンが食えないのならお菓子を食えば良いじゃないと言った昔の人は偉大である。確かにそーだ。パンが食えないのなら他のものを食えば良いのだ。

 肉まんしかり。ナンしかり。パスタにラーメン、クッキーしかり。料理がダメなオレでも作り方ぐらいは知っている。なら、できる者に教えれば良いじゃない。

 なんて軽い気持ちで妹に教えたら、才能開花。僅か八才ながら前世の肉まんにも負けぬ肉まんを作り出してしまったのだ。

 由緒正しい村人なのに、なんなんの、その無駄な才能は? なんて言う突っ込みはノーサンキュー。生かそうが殺ろそうが、それは本人が決めること。妹が料理人になりたいと言うならなれば良いし、このままが良いと言うのならこのままでいれば良い。好きに生きろだ。

「あ、あんちゃん。もうちょっと待ってな。もうすぐできるから」

 ド田舎の家には不釣り合いな台所(釜戸二つに湧水を利用した流し台に氷結界の冷蔵庫に調理台がある)で生き生きと料理を勤しむ妹どの。

「イイよ、急がんでも。オカンもまだだしな」

 日本風家屋の我が家は土禁であり、居間には炬燵がある。冬は雪は降らないが氷点下になるので暖炉もある。

 その暖炉から土瓶を取り、近くにある茶碗に中身を注ぐ。

 コーヒー紅茶はさすがにないが、薬茶なら数種類ある。タンポポみたいなものもあるのでコーヒーモドキも作れる。今はこれがお気に入りでよく飲んでいる。

 ん~〇ンダム。

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ