挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
村人転生~最強のスローライフ 作者:タカハシあん
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

565/990

565 まったくもってその通りですが、なにか?

 昼食も終わり、あんちゃんの挨拶で……そう言や、なんだ、この集まり? 職業説明会か? 集団就職? いやまあ、なんでもイイや。会合にしとこう。メンドクセーし。

 で、緊張したあんちゃんの挨拶も終わり、世界貿易ギルドの説明やらそれぞれの商会に入りたい者は歓迎するとか、大変だな~ぐらいの軽い気持ちで眺めていた。

「そこの他人事のように見ている腐れ村人。テメーもなんか挨拶しやがれってんだ!」

「オレはベー。十一才。ボブラ村でおもしろおかしく生きてる村人です!」

 って言ったらあんちゃんに椅子を投げられた。

 結界を纏っていたので痛くも痒くもありませーん。つーか、あんちゃん。最近、オレの扱い雑じゃね?

「まあまあ、落ち着けアバール。こいつのことを一番知ってるのはお前だろう。今更なんだから軽く流せよ」

 なにやらフォロー上手なチャンターさん。あなたたち、結構イイコンビだよね。

「あ、ああ。ワリー。最近忙しかったから歯止めが利かなかったよ」

 ガンバ! ってイイ笑顔で言おうとしたらカイナにチョップされた。

「ベーは黙ってようね」

 そのつもりだったのをしゃべらせたのあんちゃんじゃん。とか思ったけど、空気の読めるボクはお口にチャックです。

 会合が再開され、まず、世界貿易ギルドへ就職する人を募った。

 世界貿易ギルドは、このジオフロント計画の資金調達や人材確保のために組織したので――って、そう言や、そんな説明してなかったっけ。

 うん、まあ、説明しなくてもそうなるんだし、いっか。そのうち誰かが気づくだろう。そんとき説明すればイイや。

 肝心要な組織なので、バーザさんを筆頭に、三十一人が世界貿易ギルドに就職した。

 続いてあんちゃんのところに八人。一見、少ないように見えるが、商会の規模としてはそれで充分だろう。

 本店に二人。港に二人。広場に二人。クレインの町に二人。まあ、そんなところだろう。

 チャンターさんとアガダさんは二人ずつ。港とクレインの町の支店を任せるのだろう。

 カイナは雇わず。魔族ばかりの中に入れても埋もれるだけだし、多少なりともいさかいはある。人の商人を入れるのはもうちょっと落ち着いてからだろうよ。

 で、残りはゼルフィング商会に就職しました。

「九人かい。予想以上に来たな」

 まあ、二、三人も入れば御の字と思ってたんだが、まさかこんなに来るとは。しかも、望んで来るなんて想像もしなかったわ。なぜに?

「正直、世界貿易ギルド員になることも考えましたが、あなたの態度が気になり、悩んだ末にあなたに賭けました」

 と、線の細い三十前の男が真っ先に口を開いた。

 他を見れば自分も同じだとばかりに頷いた。

「それはまた、大胆な賭けに出たもんだ。ハズレかもしれんぜ?」

「そうですか? これでも賭けには強い方ですよ」

 なんとも落ち着いた笑みを見せてきた。

 ……見た感じ、賭けとかするタイプには見えんのだがな……?

 と言うか、よくよく見たらうちの商会に来たの、全員が三十前って感じだな。

 何才なのと聞いたら全員三十前で、商会の次男坊三男坊なんだとよ。

 どこでも次男坊三男坊の扱いは同じか。大変なこった。

「我々では不満でしょうか?」

「いや、逆にオレに不満はねーのかい? こんなガキに使われるなんて、あんたらはそれでイイのか?」

 それなりのプライドがあったらこんなガキに使われるなんて嫌だろうに。

「バーザさんからあなたのことは聞きましたし、見た目に騙されるなとも言われました。しかも、先程の一幕を見たらあの中で誰が仕切ってるかなど一目瞭然。ならば、あなたの下が一番出世できると判断しました」

「フフ。なかなか熱い野望を持ってるじゃねーの」

 本当に見た目を裏切るあんちゃんだ。

「気に障りましたか?」

「いや、イイんじゃねーの。うちで働くんならそのぐらいの気概がねーと心が病むしな」

 うちで働いてる訳でもねーのに、オレの注文で心が病みかけてる人いるし。

「あなたたち、自分が大切なら他で働いた方がいいわよ。このアホは常識にケンカ売るのが大好きだから」

 メルヘンに常識うんねん言われるファンタジーな世界で生きる村人。世は不条理なり。

「まあ、頭の上のは気にしなくてイイよ。うちに就職するなら大歓迎さ。ただ、さっきも言ったが、ゼルフィング商会の全権は婦人……」

「フィアラ。なんで忘れるのよ!」

 それは世界の神秘、的な?

「フィアラに与える。なんであんたらの配置はフィアラが決める。が、オレの展望としては、帝国、南の大陸、東の大陸、西の大陸と支店を置く考えがあり、いずれそこを独立させ、ゼルフィング商会と協定関係商会として世界を相手にする」

 そんなオレの展望に全員が絶句した。

 まあ、やるのは婦人ですけどね。と言える雰囲気ではなかった。

「やるやらねーはあんたらの自由だ。ただ、やるんなら遠慮なくやってもらうがな」

 うちに来たことを大正解と思わせてやるよ。

「……他人任せの人生ね……」

 頭の上からの突っ込みに、オレは胸を張る。

 ハイ、まったくもってその通りですが、なにか?
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ