挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
村人転生~最強のスローライフ 作者:タカハシあん
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

562/988

562 ファイト!

 宿屋に決めた場所は、あんちゃんの店から五十メートルくらい山に入ったところだ。

 この領の税は人頭税。一人いくらと決められている。なので土地をいくらもとうと税はかからない。

 まあ、だからって好き勝手に、こっからここまでオレもの~とかは言えない。いや、言っても構わねーが、土地が欲しけりゃ自分で開墾しろ。そしたらそれはお前の土地だ、となる。

 一見、素晴らしいと思うが、重機もなけりゃまともな道具もねー。全て人力で行わなくちゃならねー。しかもだ。その日を生きるのが精一杯なド田舎で開墾なんてしている暇はねー。

 他にも魔物がいる世界では、下手に家と家の間を開けることは敵地で孤立するのと同じ。襲ってくださいと言っているようなもの。死にたくなければ群れろは、弱者の基本だ。

 まあ、うちの村は昔から冒険者を囲っているので、他よりは魔物の被害は少ねーので、家と家の間隔は広いし、襲って来るのは野獣なので、年に一人か二人くらいしか死人は出ねー。

 出るんかい! とか言われそうだが、それは前世の感覚。この時代で一人か二人なんて奇跡だわ。他の村では毎年十人近く野獣や魔物に襲われて死ぬんだからな。

 開拓しては消え、開拓しては消えの繰り返し。それが今の時代。村が百年も続けられたら立派なものである。

 とまあ、それも一月前まで。エリナが来たことにより、この辺から魔物や野獣は消えてしまった。

 狩りができなくなったのはバンたちに申し訳ねーが、そこは別のことで補てんするのでカンベンだ。

 なんで、陽当たり山にいるのは小動物くらい。幼女一人歩いてても安全なところになった。

「……とは言え、三才の子が一人とかアブねーだろう」

 宿屋予定地に来たらドワーフのおっちゃんところの娘――なんったっけ、このお嬢さま?

「なにしてんだ?」

 バケツ片手に予定地の真ん中で佇む幼女。謎ですわ?

「リアム。あの子と遊んでやれ」

 え、いたの!? とか突っ込みを受けそうだが、いたんですとしか返せません。

 油断するな、諸君。オレは一人でいるようで常に周りには誰かいるんだゼイっ! 

「遊ぶ?」

「ああ。あの子もうちの子。つまり、リアムの妹だ。兄弟は仲良くがうちの決まりだ」

 今日もオレのテケトーは冴え渡る。

「妹。あたし、姉。あの子、妹。……わかった」

 リアムの中でなにがあったかは知らんが、面倒よろしくです。

「……体のいい――」

 その先はノーサンキューとばかりに頭の上の二日酔いを黙らせた。

 なにやら姉と妹のコミニュケーションが成り立ったようで、二人手を繋いで館の方へと戻って行った。

 いったいなにがあったのか気になるところだが、小さいとは言え女の中に入る勇気はオレにはありませぬ。リアムの健闘に期待します、だ。

「ほんじゃやりますかね」

 予定地の真ん中に、宿屋を置き、結界で浮かせる。

 この下まで保存庫との通路を創ったので、宿屋と地下へと続く階段との位置を確認しながらデカくして行く。

「もうちょっと右か? ちょい斜めだな。おっと、行き過ぎた」

 角度や位置を方向を確認しながら結界を徐々に消して行き、慎重に土台とドッキングさせた。

「ふぅ~。こんなもんだな」

 宿屋を一周して確認。問題はなかった。

「ありゃま、もうできたかや!?」

 と、嫁さんと従業員と思われる魔族の女性陣がやって来た。

「いや、まだ固定しただけさ。地下通路と水路、あと下水を繋がんとな」

 まあ、館や嫁さんちでやっているのでそんなに手間はかからん。二時間もしないで終了した。

 地下から出て来ると、もう道具の搬入が始まっており、忙しそうに従業員らが働いていた。

「嫁さん。あとよろしくな~」

「あ、ああ。任せるだや!」

 満面の笑みを浮かべながら従業員に指示を出す嫁さんに挨拶し、次の仕事へと移った。

 あんちゃんの店の前で来ると、頬に傷のある……タマちゃん? タラちゃん? ではねーな。なんだっけ、この幼女さま?

「タユラです、ベー様」

 なんだっけ~と悩んでいたら、頬に傷のある幼女さまが名を告げた。なぜに?

「アバール様が、ベー様が人の顔を見て悩んでるときは名前を思い出してるときなので、無駄だから名乗れと申してました」

 そこはかとなく悪意を感じるが、まったくその通りと言う自分がいる。グヌヌ!

「……オホン。で、あんちゃん、店の主はいるかい?」

 これ以上はオレの威厳やらなんやらが急降下しそうなので、無理矢理冷静な態度を見せて尋ねた。

「はい。アバール様なら中におります」

「そうか。ありがとな」

 ポケットから小銅貨を一枚取り出してタユラにお駄賃をあげた。決して威厳をお金で買ったんじゃないんだからねっ!

「あんちゃん、いる~?」

「いるよ」

 と、カウンターで書き物をしていたあんちゃんが素っ気なく応えた。なんだい、力がねーな?

「忙しくて寝てねーんだよ。仕入れだ、仕分けだと一人でやんなくちゃならんでな」

 商売を広げ過ぎ。自業自得だとは言えねーな。半分以上、オレの尻拭いみてーなもんなので。

「そんなあんちゃんに朗報です。王都の商人が転職を求めてやって来ます。何人か雇わねーか?」

 と、尋ねたら深いため息をつかれました。なんどすえ?

「……わかった。召集しておくよ」

 懐からスマッグを取り出し、ギルドメンバーに連絡を取り始めた。

 あー、なんかようわからんけど、ギルドマスター、ファイト! 
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ