挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
村人転生~最強のスローライフ 作者:タカハシあん
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

561/990

561 シュンパネ

 明日、お昼に出発すると伝え、今日は解散した。

 本当ならもっと説明やら話し合いが必要なんだろうが、なんか面倒くさくなったんで止めました。

 なにやってんのお前? とか突っ込みされそうだが、されたところで右から左。オレ知ーらねー、だ。

「マスター。創造主様がアリュエ様を連れて来て欲しいとのことです」

 超絶に拒否したいが、娘さんを前に……と言うか近いです。あと、輝かんばかりの笑顔は止めてください。目が腐りそうです。

「ベー様。お姉様の元にお願いします!」

 幾百万の突っ込みを繰り出してーが、それ以上に関わりたくねー。なので、超スピーディーに解決しましょう。

 いろいろめいげ――これもメンドクセーな。ん~、そうだな。移動の翼、いや、瞬間の羽根……うん! シュンパネと命名しよう。

 単純だな。との突っ込みに「ハイ!」と答えよう。だって難しくしたら忘れそうだもん!

 あ、ついでに連れて行くのも略させてもらいますね。語りたくないんでよ。

 完全に記憶から削除して我が家に無事帰還。なぜか涙が溢れてきます。

「どうしたの?」

 庭先でさめざめと泣いていると、モコモコガールが串肉を片手に現れた。

「食べる?」

 えぐえぐ言ってると、モコモコガールの励まし方なんだろう、大切な串肉を差し出してきた。

 エエ子や~とモコモコに埋もれて腐臭に犯された心を癒した。

 あ、このモコモコ、気持ちイイ。今度、モコモコガールの毛で毛布作ろう~っと。

 ってことで、ハイ、オレ復活です。心は晴れました~。

「ありがとな。お礼にこれやるよ」

 カイナーズホームで買った飴をあげた。

「ありがと~」

「おう。また今度やるからな」

 モコモコ頭をわしわししてサリネのところへ向かった。

「サリネ、いる~?」

 誰もいない工房に向けて声をかけるが、なにも返ってこなかった。留守ですか?

「あ、そこなメイドさん。サリネ知らね?」

 工房の前を横切ったメイドさんに気がつき、声をかけた。横なだけに名札は見えませんでした。

「サリネ様でしたらロノ様と食堂にいらっしゃいます」

 ロノ? 誰だっけ? と首を傾げながら食堂に行くと、サリネとドワーフのおっちゃんの嫁さんがいた。

 あ、ああ。おっちゃんの嫁さんのことか。すっかり忘れったわ。

「宿屋の話かい?」

 テーブルの上に宿屋だろうミニチュアな建物が乗っていた。

「ああ。今、ロノさんに確認してもらってたところさ」

 サリネの作るものは屋根が取り外せるようになってたり、分離できたりできるんで、ちゃんと中が見れるのだ。

「んで、どうなんだい?」

「なかなかいいだよ。こんな宿屋をやれるとか夢みてーだ」

 ん? 嫁さんは、モコモコ族の村で育った訳じゃねーのか?

「オラらたちが生まれたところは、それなりにデカイ町だったがや、魔物に襲われてなくなっただよ。着の身着のまま逃げ出して、シュラダ族のもんに助けられただ。その礼にと住み着いただよ」

 疑問に思ったので口にしたら、そんな答えが返ってきた。

「ほーん。だから宿屋とか知ってた訳か。ん? 宿屋やってたんか?」

「いや、若い頃手伝いをしてただよ。これでも看板娘としてモテてただ~」

 うん。そんな話いらねー。とか言っちゃダメだぜ。おばさまの話は笑顔で聞くが吉。それが身内なら根性据えて拝聴しろだ。

「あ、なら、宿屋を建てるか。ちょっと大人数を泊まらしたいからよ」

 よーわからん昔話がやっと終わり、逃げるように話題を変えた。

「わかっただよ。で、何人だや?」

「つーか、何部屋あんだ、この宿屋?」

 まったく携わってねーので、なんも知りませんです。

「二人部屋用が二十に一人用が十だよ。あと高級部屋が二つだ」

「結構あんだな。嫁さん一人じゃ大変なんじゃね?」

 いや、無理だろう、それ。

「魔族のもんを雇っただよ。働きてーってもんはいっぱいいるでよ」

 なかなかアグレッシブな嫁さんだな。いつの間にやってたんだ?

「まあ、宿屋のことは嫁さんに任すわ。あ、宿屋と繋ぎで高級食堂をやるんでよろしくな。近いうちに料理人夫婦を連れて来るからよ」

「高級食堂かや?」

「貴族や大商人が来るからな、その会合や接待に使うんだよ。もちろん、一般の客にも開放するが、特別な日に食事をする、的な感じにしてーんだわ」

 まあ、まだふわ~んとしたイメージでしかねーがよ。

「よくわからんだがや、わかっただよ。直ぐやるだか?」

「ああ。明日には全部屋埋まるくらい連れて来るんで、今日中建てっちまうよ。場所は拓けさせておいたからよ」

 いつやったんだよ? とか突っ込みはノーサンキュー。都合のイイときにやったんだよ。

「わかっただ。なら、直ぐに集めるだよ。いつでもいいように準備はしてたでよ」

「おう、頼むわ」

 任せろだやと嫁さんが食事を飛び出して行った。

「元気な嫁さんだ」

「フフ。相当楽しみにしてたからね。もう毎日そわそわしてたよ」

 まあ、夢に向かって爆進してくださいだ。

「つーことで、高級食堂を追加で頼むわ」

「ああ。任された」

 なんの文句も言わず、鼻唄を歌いながら食堂を出て行くサリネ。まったく、うちの女性陣は働き者だぜ。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ