挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
村人転生~最強のスローライフ 作者:タカハシあん
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

557/992

557 有能なバーザ

 会長さんの店は今日も大繁盛だった。

 以前は店からお邪魔させてもらったが、仕事中に店から入るのはワリーと思い裏に回り、住宅の方からお邪魔します。

「これはベー様、よくお越しくださいました。どうぞ」

 偶然にも家令さんが出て来てくれ、中へと通してくれた。

「申し訳ありません。ただ今主は外出しておりまして、明日にならないと帰ってこないのです」

 応接室的なところに案内され、お茶を出しながら家令さんがそんなことを言った。

「そうかい。それは残念だ」

 まあ、天下の大商人様。オレの出会い運がイイとは言え、そんな日もあるだろうよ。それに、いたらラッキーな気持ちで来たまで。本来の目的は別にあるからな。

「ところで、ここにバーザと言うおっちゃんは来てるかい? 親父さ――ブラーニーからここにいると聞いたんだが?」

 アブリクト島を出る前に聞いたらそんなことを言われたのだ。

「来てはいませんが、バーザ様の住所はお伺いしております。向かわれますか?」

「ああ。行くよ」

 転職するとも聞いてある。なら、さっそくお持ち帰りさせてもらうさ。

 住所が書かれた羊皮紙を受け取るが、王都の土地勘なんてまるでゼロ。クラウニー通り四番地区十七と書かれていてもわかんねーよ。

「ワリー。誰か案内をつけてくれるかい?」

 知らねーもんは知らねーんだ、誰かに案内してもらうしかねーじゃんかよ。

「畏まりました」

 と言って部屋を出た家令さんが、なぜか会長さんの……娘さんを連れて来た。

「ザニーノよ」

「あ、うんうん。ザニーノのね。知ってる知ってる。オレはベーだよ」

 やっぱりな。オレもそんな名だと思ってたんだ。いや、ちょっとド忘れしただけ。ザさえ出たら直ぐに思い出したさ。

「ふふ。わたしもベーだと知ってるわよ」

 そ、それはなにより。覚えてもらってて光栄デス!

「つーか、ザニーノが案内してくれんのか?」

 なにも会長の娘自らそんなことせんでもイイだろうに。案内なら下男かでっちで充分だろうが。

「ええ。バジバドル商会の大切なお客様。蔑ろにはできないわ」

 別に、蔑ろにされたからってどうこう言うつもりはねーが、それを説明すんのもメンドクセー。好きにしろ、だ。

「んじゃ、頼むわ」

 と言うことでザニーノの案内でバーザさんのところに向かう。

「ところで、その子は?」

 しばらくしてザニーノがオレと手を繋ぐリムアのことを聞いてきた。

「こいつはリアム。さっきオレの妹になったやつだ」

「わたし妹。ベーと兄弟」

 多分、ザニーノを見て言ったところをみると、自己紹介をしたんだろう。いや、これは自慢、かな?

「そう。わたしはバーボンド・バジバドルの娘でザニーノ。よろしくね」

 なにやらすんなり受け入れたザニーノさん。まあ、どうせオレだからとか思ってんだろうよ。

「もう一つ、ところで、なんだけど、ベーから香ってくる匂いはなんなのかしら? 凄くいい香りなんだけど」

 やっぱ気になるか、この香りは。ほんの少量を使っただけなのによ。

「これは花人族からもらったフラワーエキスだよ」

「ふらわーえきす?」

 あ、前世の言葉で言っちまったわ。失敗失敗。

「まあ、香水だな。って、香水はわかるか?」

 オレは香水があるとは聞いたことはねーが、匂い袋の元は花の油だったり香木だったりする。なら、香水もあんだろう。

「ええ。知ってるわ。帝国の貴族が愛用してると聞いたことがあるわ」

「帝国に、ね~。それはまた発展してんな」

 まあ、大国でありこの世界で一番……かどうかは知らんが、この大陸では随一の文化を持つ国である。香水があっても不思議じゃねーか。

「香水を持っているベーの方が発展しているわよ。香水の製造法は秘匿されているのだからね」

「別にオレが考えた訳でもなけりゃオレが作った訳でもねー。花人にお願いしてもらったまでさ」

 謎の生命体の不思議能力。突っ込むのもメンドクセーわ。

「……ベーの顔の広さはどこまで広いのよ……」

 さーな。オレにも知らんよ。

「んじゃ、会長さんの顔の広さはどのくらいよ? 帝国――帝都にも広まってるかい?」

 浮遊石があることからして帝国に伝はあるんだろうが、どう言う伝かまではわからねー。もし、あるなら貸してくれや。

「取引はしてるから名はある程度知られてはいるでしょうけど、親しい人はいなかったと思うわ」

 そうなんか。それは残念。違う伝を探すか。

「帝国に行くの?」

「ああ。ちょっと用事があってな。夏に行こうかと計画してるよ」

 まだ行けたらイイな~、ぐらいの思いつき程度だが、まあ、行けるとは確信している。あとは、タイミングだな。

「もし、父が許してくれたのなら、わたしも連れてってくれないかしら? 帝都の文化を知っておきたいの。ダメ、かしら?」

「ん? 別に構わんよ。行くときは飛空船だし、一人二人増えたところで問題ねーしな」

 一応、輸送船を二隻は連れて行く。乗るところはいっぱいある。

「言っておいてなんだけど、大丈夫なの?」

「問題はねー。帝国の公爵さまが後ろに控えているし、ザニーノが一緒に来てくれるならいろいろ安心だ。商売のことは商売人に頼るのが一番だしな」

 オレはなんちゃって商人。帝国の海千山千の商人に太刀打ちできる訳もねー。ついて来てくれんなら万々歳だ。

 とまあ、そうこうしてたらバーザさんちに到着。したのだが、なにやら人がいっぱい。なんなの、これ?

 バーザさんちの前で戸惑っていたら、中からバーザさんが出て来た。

「ヴィベルファクフィニーさん、いらっしゃい」

「おう、バーザさん。来客中かい?」

 立て込んでるなら出直すが。

「はい。ですが、皆さん、ヴィベルファクフィニーさんのところで働きたいと言う方々です。勝手ながらわたしが独断で雇い入れました」

「そうかい。それは助かる。なら、全員を雇うよ」

 そう返したらバーザさんがびっくり。ふふ。オレを驚かせようとしただろうが、そんなことで我は揺るがん。

 って言うのはウソです。びっくりしました。バーザさん、マジ有能過ぎだわ!
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ