挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
村人転生~最強のスローライフ 作者:タカハシあん
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

554/988

554 飲んで忘れろ

 予想通りと言うか、当然と言うか、アブリクト島に到着する頃には陽が完全に沈んでいた。

 暗くて島の概要はわからなかったが、この時代、魔術で光りを創り出すことはそれほど難しくはなく、ちょいと学べば誰でもできるものであった。

 そんなヤツが結構いるみたいで、いたるところに光りが灯っていた。

「夜も作業してんのか?」

「いや、夜行性の海竜や虫除けさ」

 なんでも夜行性の海竜は、光を嫌うようで、こうして明るくしてないと近づいて来るんだってよ。

「虫は寄って来るんじゃねーの?」

「海の虫は魔光のなんかが嫌いなようで寄って来ないんだよ」

 へ~。それはイイこと聞いた。港までの通路は魔光にしよう。いや、港全体にやるか。虫ども、覚悟しとけよ!

「って、なんか被害は出てんのかい?」

 一応的には結界は敷いてるが、本格的な海竜対策なんてしてねー。いや、正直言って外敵対策なんて忘れてたわ。

「いや、被害は出てないよ。ここは、海竜の生息圏ではないし、頻繁に船が通るから大型のはいないからね。まあ、だからと言って海はなにが起こるかわからない。念には念を、さ」

 さすが海で仕事をしているだけはある。頼もしいね~。

 赤毛のねーちゃんが歩き出したので、そのあとに続いた。

「総督邸も結構できてんだな」

 簡易的に土魔法で創ったが、なにやら細かいところまで手が入り、なかなか立派なもんになっていた。

「土木屋や建築屋を雇ったからね。いろいろできてるよ」

「泊まるところなんてあるのか?」

 建物はちらほらと建っているが、人が住んでるのは二つ。大規模に泊められる大きさじゃねーだろう。

「通いで来てんだよ。ここには酒場もなにもないし、家族がいる者は泊まりたくないそうだしね」

 なるほど。世界が違えど仕事終わりの一杯は明日への英気。それが楽しみで生きてると言っても過言じゃねー。それを奪ったら反乱が起こるわ。

 総督邸に入ると、中もキレイに仕上がっており、いつでも営業できる感じだった。

「親父さんは?」

 内装はできてるようだが、事務ができるようにはなってないようで、机がいくつかあり、羊皮紙が何枚か乗ってるくらいだった。

「二階にいるよ」

 と言うので二階へ。開け放たれた総督室へと入ると、皮羊紙に囲まれた親父さんと、まさに事務職と言った感じの男が何人かいた。

「お、ベー。よく来たな」

 不意の訪問にも関わらず、親父さんがフレンドリーに迎えてけれた。

「夜中まで仕事とか、大変だな」

「なに、やり甲斐があって楽しいさ。どうしたい、今日は?」

「今、イイのかい?」

 修羅場にはなってねー見たいだが、忙しいのはなんとなく理解できた。

「まあ、休憩も大切だしな、コーヒーを頼めるか?」

「あいよ。夕食は食ったのかい?」

「いや、まだ食ってない」

 ならと、収納鞄から料理を出し、ドレミに並べてもらう。あと、瓶ビールがあったはずだからそれも出してやるか。もちろん、よく冷えたやつをな。

「いい匂いだ。皆、ありがたくいただこうや」

 事務職な男たちが席につき、喜びながら食い始めた。ついでに赤毛のねーちゃんと副船長の少年も。

「ほれ、これも飲みな」

 魔術で冷やしたビールをコップに注ぎ、配ってやる。あ、赤毛のねーちゃんと副船長の少年は、葡萄ジュースだよ。君たちには朝早く戻ってもらうんだから。

「ほおう、旨いな、これ。喉ごしが最高だ。なんなんだ、これ?」

「ビールって酒さ。気に入ったのなら何本か置いて行くよ」

「それは助かる。酒がないと仕事に支障が出るからな」

「酒が唯一の娯楽かい?」

「まーな。まだなにもないところだ、食い物と酒に走ってしまうのさ」

 まあ、確かにそれしかねーか。賭け札やチンチロリン的なギャンブルはあるが、儲けたところで使う場所もねー。なんか娯楽を考えんと精神的に参るかもな。

「まあ、今は酒で晴らしてもらうしかねーか。なら、酒を沢山置いて行くよ。結構あるからよ」

 以前、港の酒場でバカやらかしたときの酒が結構ある。それで我慢してもらおう。

 前世での酒がほとんどだが、人外さんらは倒れるくらい飲んでたから口には合うだろう。

「……結構どころか商売ができそうな量だが……」

「余ったら売ればイイさ。親父さんに任せる。好きにしな」

 酒屋が開けそうな量を出したが、これでもまだ半分。どんだけ出したんだよって話だ。

「あ、ああ。なら遠慮なくもらっておくよ」

「おう。もらっとけ。その見返りとして赤毛のねーちゃんらはもらって行くぞ。もちろん、船ごとな」

「はぁ!? ちょっと待て。それは困る。ナバリーは唯一の流通手段なんだぞ!」

「それがわかってんならちゃんと娘を縛っておけ。身内だからって甘く見てたら逃げられるぞ」

 もちろん、奪われもしますのでご注意を。

「いや、だが、ナバリー! お前、急になんでだ!?」

 ふ~ん。赤毛のねーちゃんの前では親父さんもただの父親か。娘の心情をわかってねーよ。

 ……いや、オレも年頃の女の心情なんて知りませんけどね……。

「あたいは、海を駆け回りたいんだ。毎日毎日行ったり来たりなんて嫌だ!」

「あ、う、いや、ベー!」

 こっちくんなよ。自分の娘なんだから自分でなんとかしろ――と言うのは酷か。強いようで娘にはダメっぽいし。

「別に直ぐ連れて行く訳じゃねーし、代わりに魔道船を一隻置いて行く。それに、今度帝国に行くから魔道剣をいくらか仕入れて来て、サリエラー号の同型船を造る。なんで、赤毛のねーちゃん。しばらくは操船技術を高めておけ。オレのところでは海竜のいる海でも走ってもらうんだからな」

 多分、戦闘もしてもらうかもしれねー。しっかりと腕を磨いてもらわねーと海の藻屑になるぜ。

「……わ、わかったよ……」

「結構。しっかり腕を磨いてくれよ」

 愚痴を言わないだけ立派。イイ船乗りになれるぜ。

「まあ、そんな感じなんでよろしくな、親父さん」

 言ってビールを注いでやった。

「くそ! 今日は飲むぞ!」

 おう。飲んで忘れろ。相手にプリッつあんをくれてやるからよ。ほいっと。

「まったく、しょうがないわね。付き合ってあげるわよ」

 親父さんの肩に座り、なんか慣れた感じで相手し始めた。

「…………」

 えーと。プリッつあんの度量に敬礼デス。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ