挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
村人転生~最強のスローライフ 作者:タカハシあん
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

55/992

55 威厳を脅かさないで!

「……あんちゃん、あのままで良いのか……?」

 ゴブリンを収納して我が家に帰る道すがら、なにか言いたそうにしていたトータがやっと口を開いた。

 五才児とは言え、狩りに出て半年は経つ。毎日なにかを狩ってくるほど腕があり、命のやりとりをしてきた経験がイケメンなゴブリンを放置してきたことに危惧を感じているのだろう。

「お前は、殺した方が良かったと思うのか?」

 その問い返しにトータは口を一文字にして考えた。そして、一分くらいして「わかんない」と答えた。

「まあ、命のやりとりをしているヤツらならオレのしたことは甘いと言うだろうな」

「そうなの?」

「殺せるときに殺さないの───いや、殺せないのは甘いことだし、命のやりとりをする資格はねぇ。だがな、しなくても良い殺しをするヤツはバカだ。三流だ。いや、ゴブリン以下だ」

「でも、あいつはおれを殺そうとした。あんちゃん、敵には容赦するなって言ったよ」

「確かに言った。だが、それはお前に戦う選択しかないからだ」

「?」

「お前は確かに狩りの腕は良い。あんちゃんより上だ。だが、それだけだ。圧倒的に経験がねーし、知識もねー。学ぶこともしなければ考えようともしねぇ。お前、あいつらに襲われたと言ったが、なんで先に見つけなかったんだ?」

 その問い詰めるような口調にトータは下を向いてしまった。

「まあ、お前が油断していたとは言わない。いつものようにやってたんだろう。なら、なんであいつらが先にお前を見つけたんだ? なぜ反撃もできずに逃げたんだ?」

「………………」

「答えられんだろう。それが経験不足であり知識のなさだ」

 まあ、オレも生まれて十年。そんなに戦闘経験がある訳じゃねぇし、なんでも見通せる訳じゃねぇが、思考すること、敵を知ることをいつも心掛けている。

「ゴブリンが進化することは教えたな?」

「うん」

「ゴブリンが進化する。それは不思議じゃねぇ。今までも魔術を使うゴブリンはいたし、剣を使うゴブリンもいたしな。だが、あいつの進化は異常だ。あそこまで進化するのに最低でも五段階か六段階は必要だ」

 まあ、勘だけどよ。でも、そうは間違ってないはずだ。魔術に剣術、しゃべりもすればレベルの高い部下を指揮する。いくら進化すると言っても一気には進化などできる訳じゃねぇ。仮にできたとしても知識(人語を話した)まで備わるなんてことはない。それも仮にできたとしたら、この世はとっくにゴブリン天下。人間などとうに滅んでるぜ。

「これはオレの勘だが、あのゴブリン、誰かに仕えているな」

「つかえる?」

「まあ、誰かの手下ってことだ」

 あの沸点の低さと言い、あの騎士のような姿と言い、あいつが"キング"にはどうしても見えない。幾つもある部隊の中の一部隊って感じだ。

「最近のゴブリンの目撃。あのゴブリンの戦闘能力。異常な進化。わからねーことばかりだ。そんな中であいつを殺すことは損でしかねぇ。貴重な情報を捨てることだ。良いか、トータ。情報は武器だ。思考は鎧だ。狩人になるなら今のままでも構わねぇが、それ以上の存在を目指すなら経験を積め。知識を蓄え考えろ。己の無力さを知れ。己の強さを知れ。敵はお前より賢く強いぞ」

 五才児になに言ってんだと突っ込まれそうだが、このスーパー幼児が平凡でいられるとは思えねぇ。必ず上を目指すだろうし、必ず厄介事に見舞われる。ならば、教えられるときに教え、鍛えてやるのが兄としての優しさ。兄の義務である。

「……おれ、強くなる。あんちゃんみたいに……!」

 あ、いや、そんな決意しなくてもイイんだよ。君ら天才に本気出されたらあんちゃんの立場がなくなっちゃうから。もうちょっと大きくなってから決意しようよ。せめてオレが成人(十五才)になるまでは可愛い弟でいて。あんちゃんの威厳を脅かさないでぇぇっ!










+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ