挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
村人転生~最強のスローライフ 作者:タカハシあん
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

549/990

549 早く人間になりたぁ~い

 カバの持久力が意外にもスゴかった。

 ニッコウの全力疾走に遅れることなく、十キロの山道を駆け抜けやがった。

「どうするの? リリー、スゴく怒ってるよ」

「元気なカバだな」

 別にカバの怒りなど馬耳東風。なんら心に響かねーよ。

「ニッコウ。もうちょっと走れるか?」

「ヒヒーン!」

 まだまだ平気さと鳴くニッコウ。頼もしいね。

 多分、エリナの手下が造っただろう細い道に入り、土魔法でリリーの目の前に壁を創り出した。

 バゴーン! と、壁が粉砕。怒れるカバ子さんが現れた。

「アハハ! カバ、スゲー!」

 厚さにして二十センチの土壁を粉砕とか、マジスゲーな。なんかおもしろくなってきた。

 と、武装したゴブリンが視界を掠めた。

「ドレミ。ゴブリンを下がらせるように言え。リリーに殺されるぞ」

「畏まりました」

 背中に爪を立ててしがみつくドレミに指示を出すと、こんな揺れなど関係ないとばかりに普通に返してきた。

 道を走りながら壁や落とし穴を創るが、リリーは屁ともしねー。なんか吠えながら突き進んで来る。

「アハハ!」

 自分でもなにが楽しいのかわからんが、心の底から笑いが噴き出してきて、どうにも笑いが止められないのだ。

「ニッコウ、恐れず跳べ!」

 数メートル先が崖となっているが、構わず突き進ませ、ジャンプすると同時に結界の道を生み出した。

 もちろん、ニッコウが通り過ぎたと同時に結界の道を消す。

 どうだと振り返れば、カバジャンプ。六メートルもある崖を飛び越えやがった。

「スゲー!」

 思わず叫んでしまう。なんか決定的瞬間を見たときと同じ感動が沸き起こったぜ。

「しかし、カバ子は本当に戦闘タイプだよな」

 それで、なぜに聖女となったのか不思議でたまらんわ。

「本当にどうするよ? リリー、ちょっとやそっとじゃ静まらないわよ」

「なら、静まるまで動けばイイさ。あのカバは、他人の言葉など聞かねータイプ。自分で思い知るまではなにも受け入れねーよ」

 全てが敵と、周りを拒否したアホに、生半可な説得や暴力は逆効果。なら、全力で動き回れ。その鬱屈を吐き出すまでな。

「ニッコウ。カバに負けんなよ!」

「ヒヒーン!」

 あたりめーだ、こん畜生が! とばかりにニッコウのスピードが上がり、なんか体が光り出した。なんですのん!?

「ニッコウが更に進化したようです」

「なににだよ!」

 思わず突っ込んでしまったが、エリナの能力に突っ込んでも無駄。スルーするのが平穏である。

 ……ん? 進化?

 ドレミの言葉に、なにか欠けていたピースが収まる感じがした。

「あ、そーか。その手があったな」

 直ぐそこに解決方法はあったじゃねーかよ。

「ニッコウ。もとの道に戻るぞ」

 土魔法や結界で道を創り、もとの道へと戻り、一時館へと続く洞窟へとは入り、そ……じゃなくて、犬……蔵さんの前で停止した。あと、三秒遅れて到着したカバも結界で停止させる。

「おう。お邪魔しに来たよ」

「相変わらず騒がしい到来をするな、あんたは」

「ワリーな。うちのカバが元気なもんでよ」

「……まあ、なんでもいいさ。主の大事な客だしな」

 通りなとばかりに、行く手を塞いでいた犬蔵さんが横に動いた。

「お邪魔するよ」

 管理人室から笑顔を見せるお胸さまに手を軽くあげて挨拶を送り、エレベーターへと入る。カバ子さんも一緒にね。

 背中にしがみついていたドレミが床へと着地。メイド型に変身してボタンを押した。

 四階しかねーのに、なぜか六階へと到着。ん? あれ? 以前は五階じゃなかったっけ? いやまあ、なんでもイイけどよ。

 扉が開くと、執事型のバンベルが現れた。

「いらっしゃいませ、ベーさま」

「おう。お邪魔するよ。エリナはいるかい?」

 はいと言うと、横にずれるバンベル。その先には、炬燵につかるエリナと、公爵どのの娘、ノーでもなくてハーでもなくて、なんだっけ?

「カーレントですよ」

 あ、そうそう。カーレント、カーレントな。帝国の聖女……あ、そう言や、こいつも聖女と呼ばれてたっけ。オレのなにかが邪魔して忘れてたわ。

 ……つーか、この世界の聖女とか、なんか方向性、ちがくねー?

「カーレント嬢、まだいたんかい?」

 オレの中ではとっくに終了(なにかは知らん)してたから、気にもしなかったわ。

「はい。エリナ様と作業してました」

 なんか、スゲー笑顔をするカーレント嬢。なにかは聞きやせんぜ。

「そ、そうかい。本当に邪魔しちまったようだな。ワリー」

「構わんでござるよ。一段落しておしゃべりしてたでござるから。どうぞでござるよ」

 いろいろスルーして炬燵へとつかる。

「あ、前に約束してたもんだ」

 収納鞄から焼き芋を取り出し、目の前にある空の籠に入れた。

「お、念願の焼き芋でござるよ! カーレどのも食すでござる!」

「はい。これが焼き芋ですか。いい香りですね」

 ここは、セルフなので勝手に茶を淹れ、勝手にいただきます。あー緑茶がうめ~!

「……ところで、ベーどの。そちらのカバ子さんは、なんでござる?」

 焼き芋を食しながら、オレの背後に目を向けるエリナ。あ、カバ、いたっけ。マジで忘れてたわ。

「あ、ああ、こいつはリリー。つーか、知ってたんじゃねーのか?」

 ドレミを通して見てんだろう、お前。

「いや、知らんでござる。ここ最近、いろいろ忙しかったもので、バンベルに全てを任せてたでござるよ」

「ダンジョンマスター、仕事しろや」

「あ、アハハ! 慌てず騒がず己の欲のために動くのが拙者の生きる道でござる!」

 ドヤ顔で言うな、ハラたつ。

「まあ、なんでもイイ。慌てず騒がずゆっくりやれ。それより、お前に頼みがあんだが、こいつを改造できるか?」

「カバ子さんを、でござるか?」

「ああ。こいつを人にしともらいてーんだわ。なんか人になりたいみたいでよ」

「早く人間になりたぁ~い、でござるか」

 いや、カバは妖怪じゃねーから。つーか、よく知ってんな、その古いネタ?

「まあ、できなくはないでござるが、拙者の部下にならないとダメでござるよ」

 あ、そー言や、そんな能力だったな。

「リリー。こいつの部下になれば人になれるそうなんだが、どうする?」

 顔の結界を解く。

「……な、なんなの、そいつ? 凄い魔力じゃないのよ。なぜ平気なの……?」

 あ、忘れてた。リリーにしたのただの拘束結界だったわ。ほれ、魔力遮断結界だ。

 顔色……らわからんが、肩の力が抜けたところを見ると、遮断結界が上手く発動してるようだな。

 まあ、それでもリッチの前に無防備で立ったのが悪かったよーで、カバ子さんが気を失ってしまった。

 んじゃ、リリーが目覚めるまでマンダ〇タイムと行きますか。

「あー茶がうめー!」

「焼き芋うまし!」

「本当ですね~」

「……ここは、自由人の集まりかなにかなの……?」

 プリッつあんの突っ込み、マジでノーサンキュー。 
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ