挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
村人転生~最強のスローライフ 作者:タカハシあん
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

548/992

548 さあ?

 ほんじゃ出かけますかと外に出ると、カイナ丸かじりな状態になっていた。

 ……え、なにその状況……!?

 スイカぶしゃーなその口で、カイナの頭を本気かじりにしているが、されてるカイナは、なぜか目尻が下がり、まるで愛犬と戯れているかのようだった。

「……かじられてるが、大丈夫なんか……?」

 銃弾食らっても平気な体なのは知ってるが、先生に改造された強化カバ。さすがにマズイんじゃねーの? 

「甘噛みだから大丈夫だよ」

 甘噛みって、オレには本気噛みに見えるんだがな。

 ……カバ子さんの噛み締める音が洒落にならないんですがね……。

 まあ、本人が喜んでいるんなら口を出すのは野暮ってもの。お楽しみくださいな。

「もう、ほんと、離しなさいよ!」

 噛むのに疲れたのか、剛拳(蹄的な)を何発も顔に入れるが、カイナの顔はデレデレ。ある意味、ペットとしてはリリーは最適……と思おう。うん。

「まあ、ほどほどにな」

 あんまり構いすぎるとペットもストレスで禿げるって言うしな。あ、カバ子に毛はねーから大丈夫だな。

 二人の戯れを邪魔するのも悪いので、早々にさようなら。馬屋へと向かった。

 家畜小屋へと来ると、なにやら女性陣が集まっていた。なんだいいったい?

「なにしてんだ?」

 そう声をかけると、ご近所の奥さま連中とダークエルフのメイドさんが振り返った。

「ん? この匂い、焼き芋か?」

 前世の子供の頃は、よくアルミホイルに包んで達磨ストーブの上において作ったもんだが、まさか今生でもそれを見るとは思わなんだ。

「あ、あんちゃん。達磨ストーブ借りてるね」

 家畜のためのストーブだが、たまにお湯を沸かしたり、干し肉を炙ったりと、スローライフにはもってこいのアイテムである。

「別に構わんが、なにも館の暖炉を使えばイイだろに」

 館の暖炉にアルミホイル(もちろん、カイナーズホームで買ってきました)で包んでもできるだろうに。

「うん。そうなんだけど、なんと言うか、あんちゃんの達磨ストーブでやるのが一番美味しくて……」

 その通りとばかりに頷く女性陣。いや、なんでもイイけどさ。

「まあ、そのうち石焼きを作ってやるよ。それよりサツマイモはまだあるか?」

 すっかり忘れてたが、エリナに持って行く約束してたんだった。

「うん。なんかよくわからないけど、ここ最近、家の前にいっぱい置かれてるから」

 なんてにこやかに笑うマイシスター。

 あ、いや、エリナからだろうが、誰ともわからないものを、なんの躊躇いもなく使うとか、ちょっとは警戒心をもとうよ、サプルちゃんよ……。

 その無垢さに心配になるが、まあ、純真に育ってくれたと喜んでおこう。

 ……もし、その純真さを汚したヤツがいたらオレが地獄を見せてやるよ……。

「そうか。なら、いくつかもらっててもイイか?」

「うん。イイよ。午後からおやつ用に沢山作る予定だから。あんちゃん、出かけるの? お昼だよ」

「ああ。昼はいらん。多分、今日は泊まりになるかもしれんから、親父殿に言っておいてくれや」

「……あんちゃん、最近家にいないね……」

 なにやら寂しそうな顔を見せるサプル。寂しい思いさせてたか、オレ。

「ワリーな。なら、今度、帝国に行くからお前も来るか?」

「う~ん」

 ちょっと潔癖なサプルには、旅は苦痛でしかねー。が、飛空船を旅客船にすれば快適で楽しい空の旅となる。

「お前用に飛空船を造ってやる。完成したら決めればイイさ」

 もちろん、飛行システム的なものは博士(ドクター)に頼むが、内装はオレが造る。手段は手に入れたからな。

「わかった。そうする」

 楽しみにしてろと笑い、焼き芋を収納鞄に詰めて行く。

「んじゃ、行ってくるわ」

 そう言って外に出ると、視界の隅になにかが映った。

 オレの考えるな、感じろセンサーが危険と察し、結界を纏わせた。その直後、剛拳(蹄的な)がそこにあった。

「リリーは拳で語るタイプなのか?」

 その口で語るタイプだと言われても戸惑うがよ。

「よくもわたしを売ってくれたわね!」

「失敬な。譲渡と言ってくれ」

「よけいに悪いわよ」

 頭の上からの突っ込みは聞こえません。

「カイナはどうした?」

 逃がすようなカイナじゃないだろう。

「紫の肌をした男が引きずって行ったわよ」

 ふ~ん。まあ、あいつも魔族の世話をしている。いろいろあんだろう。

「なら、リリーも一緒に来るか? 一応、紹介もしておきたいからよ」

 剛拳(蹄的な)を振るうカバ子さんに問うが、まったく聞いちゃいねー。ったく、しょうがねーな。

 まあ、来たいのなら来るだろうと、剛拳(蹄的な)を振るうカバ子さんに構わず、牧草地にいるニッコウを呼ぶ。

 リファエルと違い、賢いニッコウはヒヒーンと鳴いてこちらへと駆けて来た。

「出かけるから頼むな」

 ニッコウの首を撫でてやり、柵の近くに設置した馬具棚から鞍や馬脚を出して装備する。

「ハイヨー、ニッコウ!」

 ん~。なんか語呂がワリーな。なんかこう、しっくりくるもんはねーかな。

 なんてことを考えながら、ふっとリリーのことを思い出して振り返った。

「…………」

 カバが二足歩行で追いかけてくる。馬の速度と同じくらいのスピードで……。

「ハイヨー、カバ!」

 とか言ってみたが、更に語呂が悪かった。そして、カバ子さんのスピードが加速する。

「……ベーは一度、リリーに殺されたらいいと思う……」

 一度死んだら終わりなので却下です。

「ニッコウ、ゴー!」

 疾走するニッコウ。そして、カバ。なんだこれ?  
 
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ