挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
村人転生~最強のスローライフ 作者:タカハシあん
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

539/990

539 楽しく行こうぜ

「……なにやってんだお前は……?」

 上から呆れとも戸惑いとも取れる声が辛うじて耳に届いたが、死ぬ直前のオレには確かめる術なし。つーか、ここはあの世ですか?

 ……あ、神さま。今度は平穏な人生をください……。

 ――諦めよ。

 とか幻聴が聞こえましたが、幻聴だからなかったことにします。

「ベー、大丈夫?」

 声からしてルンタが、動けぬオレを揺らしてくる。

 すまぬ。もうしばらく土左衛門を続けさせてくだされ。

 結界も纏わずクレイン湖に飛び込み、水の中で突っ込みまくる。うん、こうして生きてるのか不思議でたまんねーよ。

「……ベー。着替えさせたわよ――って、なにこの謎状況は!?」

「いや、おれたちにもなにがなんだかさっぱりだ。なんか奇声を上げながら湖に飛び込んだと思ったら、中で叫んで溺れてたんだよ。で、その白蛇が助けて今に至る」

 簡素な説明ありがとう。

「バカね」

 適切な感想をありがとう。お礼にあとで悶絶するくらい撫でてやるよ!

「なにをやっておるのだ、このバカは?」

 容赦のない罵りをありがとう。つーか、元凶に言われたくないわ!

「まあ、ベーだし、ほっとけばよい」

「だな」

 とか言って、周りにいた者たちが去って行くのがわかった。薄情どもがぁ~!

 など怒りたいが、まだ土左衛門から抜け出せない。誰かヘルプミ~! と心の中で叫んでいたら、突然体が浮いた。いや、誰かに持ち上げられた。

「大丈夫?」

 ハイ、このアニメ声からしてカバ子さ――じゃなくてリリーさんでした。

「……な、なんとか……」

 なにやらお姫様だっこされる状況だが、今のオレには抵抗できない。って言うか、現実を見る勇気がございません。誰かこの謎状況を打開してください!

 しばし救いのヒーローがやって来るのを待つが、そんなものいねーよとばかりに時間だけが流れて行った。

「……あなたは、わたしを化け物と呼ぶ?」

 カバ子――じゃなく、リリーの問いに、近くにあった石に手を伸ばし、握り砕いた。

「……リリーは、オレを化け物と呼ぶか?」

 リリーを見るが、表情ワカリマセーンでした。

「オレは別に化け物と呼ばれても気にはしねー。言いたいのなら好きに呼べ。オレの耳には届かねーよ」 

 あっそ。だから? くらいなどーでもイイことだ。

「オレはオレだ。オレのことはオレが決める。我が儘? 傲慢? 不遜? ああ、どれも認める。反論もしねー。だが、オレの人生に口を出してくるんなら容赦はしねーぞ。オレはオレのために生きるって決めたんだからな」

 その決意と覚悟は絶対に揺るがねーし、その結果も覚悟している。イイ人生だったと、必ず言ってみせる。

「……強いのね……」

「それを口にするのはあんたの、リリーの自由だ。好きにしろ。だから、オレも自由に言葉を出せてもらう」

 リリーの目を真っ直ぐ見る。

「そんなありきたりな言葉でオレを語るな。この覚悟を侮辱するな。これまでの努力を否定するな。オレの人生はオレだけのものだ!」

 リリーの人生に興味はあるが、だからって無闇に踏み込んだりはしねーし、否定もしねー。なにより、リリーの人生をオレの人生と一緒にするな。ムカつくわ!

「……ごめんなさい……」

「別に謝らんともイイよ。言う言わないはあんたの自由だ。が、その謝罪はありがたくもらっておくよ。あと、オレも謝るよ。強く言い過ぎた。こうして介護してもらってんのに、恩を仇で返しっちまったな。悪かった。すまん」

 心の目で見ればそこには清楚で乙女な聖女がいる。妄想拳、百倍を出したらだけどさ……。

「ううん。いえ、その謝罪、ありがたくいただくわ」

 心の中のリリーさんが優しく笑った。

「なあ、リリーさん。周りを見てみな。なにが見える?」

 目線を傾ければ、最初の飛空船が着陸しており、魔族の開拓民が下りて来るところだった。

「……魔族に、人、妖精、水妖蛇、ノーム、なんなの、これは……?」

 意外と、かどうかはわからんが、なかなか博識なカバ子――じゃなくてリリーだった。

「ここに、つーか、この地下に異種族国家を創っている」

 心の中のリリーが、目を大きく見開いてオレを見た。

「……あ、あなた、何者なの……?」

「オレは村人。ゆったりまったりスローライフを送りてー、ただのバカ野郎さ」

「…………」

 心の中のリリーが……って、もうイイわ。そろそろリリーさんの存在を受け入れられてきたよ。

 それがオレクオリティー。ヘイ、ここは突っ込むところだゼ。

「まあ、納得してくれる者がいねーのが悲しいし、納得しろとも言わねー。だが、オレは村人。好き勝手に、バカなことをして生きたい。なんで、代わりに陣頭指揮を取ってくれるヤツが欲しいんだわ。つーか、リリーさんに任せてー。やってくれや」

「……と、突然過ぎて、わからないわ……」

「まあ、そりゃごもっとも。なら、しばらくはオレの補佐として手伝ってくれねーかな? 住むところと手当てを出すからよ」

 どうだい、とリリーさんを見る。

「……わたしは……」

「難しく考えることはねーよ。もし、やりたいことが出てきたら好きに抜けてもイイ。やるやらないはリリーが決めろ。決めたのならオレは全力で肯定するよ」

 そのときはそのとき。また違う方法を考えるさ。

「まっ、直ぐに答えを出さんとも構わねー。まずは、この暮らしに慣れろ。全てはそれからだ」

 急ぐ計画じゃねー。まったりゆったりやってけばイイさ。

「……わかった……」

 返事はそれだけだったが、オレには充分な応えだ。

「まあ、せっかく繋いだ人生だ、楽しく行こうぜ、リリー」
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ