挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
村人転生~最強のスローライフ 作者:タカハシあん
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

537/992

537 聖女開放

 陽当たり山まで戻って来ると、七隻の飛空船がいた。

 どうも、まだ開拓民を乗せている感じはなく、桟橋に降りる順番待ちをしているようだ。

 まあ、指示を出してから三、四十分。そう簡単にはできないか。

「黒髪の乙女さん。桟橋の横にある空母に降りてくれるか」

「ベー様の護衛のために二機ほど降ろしても構いませんか?」

「任せる」

 言っても無駄だろうし、説得するのもメンドクセー。好きなようにしてくださいだ。

 二機に連絡をすると、竜機が降下してメルヘンの空母に着艦した。

 体を大きくしながら空母に下りるが、なにか大きくなるスピードが遅い。って、そー言やプリッつあんがいねーと伸縮能力が上手く働かなかったっけ。プリッつあん、カモーン!

「もー! 行くんなら声をかけてよ!」

 なんて心の中で叫んだらプリッつあんが現れた。マジで!?

 ま、まあ、なんの奇跡(ご都合)かわからんけど、来たならそれでよし。深く考えるなだ。

「ワリーワリー。ほんじゃ行くぞ」

 目の前でホバリングするプリッつあんをワシっとつかみ、開拓民を乗せている桟橋へと向かった。もちろん、黒髪の乙女さんらを大きくしてついてきてもらってます。

「アダガさん、順調かい?」

 指揮しているアダガさんに尋ねた。

「申し訳ありません。飛空船が珍しいようで立ち止まる者が多くて捗っておりません」

 見れば確かに開拓民の進みはよくねーようだ。

「まあ、そう慌てることねーさ。今日は移動と寝床確保が目標だしな。怪我人を出さないように頼むわ」

「わかりました」

 任せ、港に行く。

「つーか、結構な数だな」

 桟橋から港まで開拓民の行列を見ると、昼まで移動できるか不安になってくるな。

「ベー。上がった順に行けばいいんじゃないの。下りるのも時間がかかるんだしさ」

 いつの間にか頭の上に移動したメルヘンからのアドバイス。なるほどとは思うが、なんかムカつく。メルヘンのクセに生意気な。

「ドレミ。船団長に連絡して上がった順にクレイン湖に向かえと伝えてくれ。黒髪の乙女さんは、仲間に案内するように頼む」

「畏まりました」

「わかりました」

 面倒なことは他にお任せ。がんばって。

 んーと。先生はどこだ?

「おい、ベー」

 と、先生を探していたらあんちゃんに呼び止められた。どーしたい?

「時間かかるのか? 夜には戻りたいんだがよ」

「夜か? オレとしては泊まりでやろうとしてたんだがな」

「そんなにかかるのかよ?」

「開拓だぞ、一日二日はかかるだろうが」

「いや、一日二日でもできねーよ」

 と、親父殿からの突っ込み。や、やるじゃねーか、親父殿よ……。

「ま、まあ、開拓するのはそこに住むヤツら。オレはその手伝い。最初の拠点造りだけさ」

 そのくらいはしないとな。ジオフロント計画の発案者で総合指揮官なんだからな。まあ、メンドクセーこと他に回しますけどねっ!

「とは言え、あっちにも指示するヤツや店があった方がイイか」

 オレの仕事も減るしな。

「んじゃ、あんちゃんらと青年団はあの船に乗れ。って言うか、先生はどこだ?」

 下僕たちの姿も見えねーが。

「あの美人さんならあの船で待ってるとさ。待つのは性分ではないってな」

 思い立ったら吉日の人。待てと言ったところで待つ訳もねーか。

 あんちゃんらと青年団を船に乗せ、先生を探す――までもなく、甲板で血を飲みながら本を読んでいた。

「先生、開拓地に行くから中に入ってくれや」

「ん? もう順番か?」

「いや、先に行くことにした。この船ごと持って行くよ。寝泊まりする場所も欲しいしな」

「よくわからんが、ベーに任せるよ」

 先生に中に入ってもらい、合図するまで乗ってろと皆に言い含めて船から下りる。

 さてと。船を小さくしますか。

 やはり、プリッつあんがいるとスムーズに伸縮能力が働くな。どうなってんだろな、この不思議能力は?

 両手に乗せれるくらい小さくして結界で包み込む。これで中は揺れんだろう。

「黒髪の乙女さん。またクレイン湖に頼むわ」

 と、またまた開拓地へと戻り、クレイン湖に船を浮かべて大きくした。

 あんちゃんらと青年団を下ろし、それぞれの仕事に取りかからせた。

「先生。先生の住み処だが、人の多いところと人がいないところ、どっちがイイ?」

「そうだな。人のいないところで頼む。静かな方が研究が捗るからな」

 まあ、研究内容や扱うものがものだし、人のいないところに造るのは当然か。

「了解。なら、あそこでイイか。あ、建物に注文はあるかい?」

「任せる。あ、風呂はつけてくれ。ゆったりできるやつを」

「わかってるよ。任せな」

 人がいないところって注文なら、家族でバーベキューしたところに丁度イイのがある。多少の追加や改造をすれば充分であり、時間もかからんだろう。

「お、そうだ。やる前に聖女を渡しておくよ」

「別にあとでも構わねーが?」

 今もらっても相手できねーよ。

「いや、住み処ができたらしばらく寝ようと思ってな。バカとアホのせいでゆっくりできんかったし、美味い血も飲めた。一月くらい養成して力を復活させたいのだ」

 吸血鬼の生態も謎に満ちている。なんで追求はしません。

「あいよ。なら、もらうよ」

 まあ、なんとかなるだろう。ならないときは誰かに丸投げデス。

「なら、開放するか。マギー。プラハ。解除準備をしろ」

 なにか不穏な言葉が出てきたが、先生が関わっている時点で普通な訳がない。覚悟はできてると、先生のあとに続き、船の倉庫にやって来た。

「……なかなか頑丈そうな棺桶だな……」

 なんか覚悟が揺らいできたんですけど。

「妾の魔力で支配できん上に、ちょっと改造し過ぎたものでな」

 覚悟の七割が崩れたんですけど。

「まあ、お前なら問題なかろう。用意はよいか?」

 なにか巨大な鍵を外す下僕さんたち。覚悟があとちょっとで崩壊しそうなんですけど。

「では、開けろ」

 先生の命令により、棺が開けられた。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ