挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
村人転生~最強のスローライフ 作者:タカハシあん
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

533/988

533 聖女

「うほー! この美顔ローラーとやら、いいのぉ~! なにかお肌に効きそうな感じだ」

 美顔ローラーとやらが、なにに効くか知らんが、まあ、先生が喜んでんならなんでもイイわ。

 他にもシャンプーや化粧品の説明してたらあっと言う間に夜中となり、一夜の宿にと買ってきたドールハウスに泊めさせようとして、いろいろやっていたら深夜となって、なんやかんやで朝になっていた。

「……まさか、力尽きて寝るとか、今生初だわ……」

 運ぼうとしていた布団があまりにまにも心地よかったのか、運ぶ途中で廊下で寝てしまったよーだ。

「あーまあ、風呂入ってすっきりするか」

 ドールハウスから出て、体を大きくする。

「おはようございます、マスター」

 猫型のドレミが挨拶してきた。

 あ、ちなみにここは、オレの部屋ね。さすがにドールハウスでは雨風は防げねーし、ゼルフィング家の庭は小さくなったので、庭に置けねーのだ。

「おう、おはよーさん。ワリーな、なにも言わず帰ってこねーで」

 いやまあ、自分の部屋から出てはいないのだが、気分的に外泊したので、一応、謝罪した。

「いいえ。近くにおりましたのでお気になさらず」

 なにか、ドレミの言葉に違和感を感じたが、上手く頭が働かないのでスルーした。それより風呂だ。

 うちの野郎どもで朝風呂に入るヤツはいねーので、男湯には誰もいない。が、女湯の方はなにやら大盛況のようだ。珍しい。

 サプルは前から入っていたが、他は入らない。それは、館になってからも変わらなかったのだが、誰が入ってんだ?

 見知らぬ声からしてダークエルフのメイドさんズか? なんかもっといそうな感じだが……。

 うちの風呂は、銭湯方式に変えたので、男湯と女湯の間は竹の衝立一枚。余程の小声じゃなけりゃあ直通なのだ。

「かぁ~! やはり風呂はよいものだな。しかもシャンプーとやらの泡立ちと効能には驚かされるばかりだ。髪が生まれ変わったかのようだわ!」

 はぁ? 先生かよ!?

 おいおい、昨日、小さくしてドールハウスに入れたのに、なんで風呂入ってんだよ!

「先生、いんのか!」

「んお、ベーか。お前も朝風呂か」

「ああ。まーな。いや、どうやって出てきたんだよ!」

 つーか、寝てんのわかってたら廊下に放置すんなや! 毛布の一つでもかけやがれよ。運んでたんだからよ。

「わたしが大きくしたのよ」

 と、衝立からプリッつあんが顔を出した。

 あ、いたな、プリッつあん。なんかオレの中から消えてたわ。

 なんて考えは顔には出さなかったのに、なぜか石鹸を投げつけてくるメルヘンさん。エスパーか!?

「……ベーとは近いうちにちゃんと話し合う必要がありそうね……」

 オレにはまったくありませ~んとばかりに頭や体を洗って、湯船にダイビング。風呂、気持ちイイ~わ~!

「あ、先生よ。カリスマ指導者が欲しいんだが、持ってねーか?」

 じゃれてくるプリッつあんを相手しながら先生に尋ねた。

「……お前は、相変わらず唐突な上に、予想だにもしないこと聞いてくるよな。と言うか、妾のことをなんだと思っているのだ……」

「頼れる先生?」

「なぜ疑問系なんだ。どうせなら言い切らんか」

「頼れる先生、カリスマ指導者をください!」

「持ってねーわ!」

 即座に返ってくる突っ込み。そして、落下してくる桶。相変わらず先生の突っ込みはイイ切れ味だ。

「アハハ。やっぱ先生の突っ込みは最高だな」

「……ほんと、ベーは怖いもの知らずよね……」

 失敬な。オレにも怖いものはある。なにかは口が裂けても言えんがな。まだ死にたくねーわ。

「まあ、カリスマがなんなのか知らんが、二百年前の聖女ならおるぞ」

「それ、改造したもんだろう。オレが欲しいのは自由意思で動くやつ。人形なんかいらんわ」

 フランケンなんてゴーレムと大差ない。人の肉体を使ったか土を使ったかの違いでしかねー。

「いや、そやつはちゃんと意思を、生前の記憶を持っておってな、妾の支配を拒絶しておるのだ。なかなか面白い検体だぞ」

 こーゆーところがマッドだって言うんだよ。まあ、先生の主義主張に突っ込こまねーオレもオレだがな。

「そいつ、指導者タイプなのか?」

「知らん。が、生きてた頃は、種族平等を訴えてどこぞの宗教国家と戦っておったぞ。まあ、最後は首を切り落とされたがな」

 ジャンヌダルクのようなもんか? いやまあ、ジャンヌダルク、よー知らんけどさ。

「そいつ、くれんの?」

 これまでの経験と、オレの考えるな、感じろが当たりと囁いている。

「ああ、くれてやるよ。面白い検体ではあるが、ベーには住み家をもらうしな、その礼だ」

「んじゃ、遠慮なくもらうわ。あ、朝食が終わったら出かけるからそのつもりでな」

「ああ、わかった。皆にも言っておくよ」

 にしても聖女か。思っていたのとは違うが、まあ、先生が示し、オレの考えるな、感じろが当たりと感じているなら、なるようになるだ。

 
今日からまた残業デイ。できたら投稿します。できないときはすみません。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ