挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
村人転生~最強のスローライフ 作者:タカハシあん
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

531/992

531 お買い物

 外に出ると、まだくずれコンビがなんかやっていた。

「なにやってんだ?」

 所在なさげに立つマイブラザーに尋ねた。

「わかんない。買い物に行くって呼ばれたんだけど……」

 まあ、くずれコンビの行動を理解しろと言う方が悪いか。オレもなにかを熱く語り合う内容などさっぱりわからん。つーか、聞きたくもねー。脳が腐るわ!

「なら、オレと先に買い物行くか? どうせ、終わったら来るだろうしよ」

 来なけりゃ来ないで構わねー。いつも一緒にいるって訳じゃねーんだからよ。

「行く。ガブも行くか?」

「ああ。行くだや。なんかつまんねーし」

「ん? そー言やカナコさんとやらはどうした?」

 ガブの頭に咲いてもなければ近くにもいねーみたいだが。

「部屋に行っただよ。なんか探してくるとかで」

 まあ、チャコの同類。不思議生物。深く考えるなだ。

「そうか。んじゃ、行く――前にサリネのところによってからな」

 言ってサリネの工房へと向かう。

 工房に来ると、なにか椅子に座って鼻歌を歌いながら木を削っていた。

「サリネ。ちょっとイイかい?」

「ん? ああ、ベーかい。なんだい?」

 木を削るのを中断してこちらを見てくれた。そんなに集中する仕事じゃないようだ。

「家って何戸できてる?」

「まだベーに頼まれた宿屋を作っているところだよ」

「随分と時間かけてるんだな?」

 もう二、三戸作ってても不思議じゃない腕前だろうに。どーしたん?

「ロノさんのお願いで台所の作りをもうちょっと小さくしてくれと頼まれてね、もう一回作り直してるんだよ」

 あ、そー言や、ドワーフのおばちゃんにイタリア~ンな店主のこと話してねーや。どーすっぺ?

「な、なあ、サリネ。それが終わったら、オシャレな食堂も作ってくれるか? 宿屋の隣に置きてーからよ」

「お洒落な食堂かい? まあ、ベーが言うなら作るが、必要なのかい? 宿屋にあるのに」

「あ、ああ。離れの食堂は泊まり客だけじゃなく、一般の客も受け入れようと思ってな。まあ、そこら辺は担当者が来たら決めるよ」

「わかった。ロノさんやサプルに相談して作るよ」

「ワリーな、無理言って」

「構わないよ。それがわたしの仕事さ」

 その職人魂に感謝してカイナーズホームへと向かった。

「……町になってる……」

「はや~!」

 港に来ると、そこに広がる光景に二人は目を丸くした。

 ガブはしょうがないとして、トータは港には何度も来ている。あの岩だらけの港が賑やかな町となっていれば、そりゃびっくりだろうよ。

「にしてもスゴい人だな。更に拡張しねーとダメか?」

 タケルの潜水艦が余裕で入れるように拡張したのに、アダガさんの船や見知らぬ船が四隻も停泊してギチギチだった。

「おう、ベー。どうした?」

 と、あんちゃんが現れた。

「あんちゃんこそどうしたい、今頃港にいて?」

 午後からは上の店にいるシフトだろうに。

「ああ、ウルさんと会議だよ。見ての通り増えすぎていろいろ問題が出てな」

 まあ、人が……いや、魔族とは言え、集まればどうしたって問題は出てくる。不平等も生まれる。それが集団社会ってもんだ。

「で、解決はしたのかい?」

「する訳ねーだろう。誠意努力って感じで終わったよ」

 だろうな。解決できたらあんちゃんを王にするわ。

「アダガさんって、どこにいるか知ってるか?」

「三日前からギルドに泊まり込みだよ。お前が無茶振りしてっから」

「やるやらねーはアダガさん次第。オレのせいじゃねーよ」

 まあ、ほとんど強制みたいなもんだがな。

「あんちゃん。辛いなら町長でも代理者でも選んで任せろ。ここの責任者はあんちゃんなんだからよ」

「それが無茶振りって言うんだよ。一介の商人がやることじゃねーよ」

 それを情けないと言うのは酷か。もう商人としての域は出てんだからな。

「青年団は、ここにいるか?」

「青年団でわかるのもなんか嫌だが、ホテルにいるんじゃねーか? 最近、皆で集まって討論してるって聞いたぜ」

「そうかい。討論好きな連中だ。わかった。ありがとな」

「なに考えてんだ? やるんならおれにも話しておけよ。お前の突拍子もないことに対応できるの、おれくらいなんだからよ」

 フフ。さすがあんちゃん。頼りになることを言ってくれるぜ。

「んじゃ、言っておくよ。地上に町を造る。ジオフロント計画の拠点の町を。明日、その拠点となる場所に行くから興味のあるヤツ……では多くなるか。代表者数人を連れて行く。ってことを広めてくれや」

 さっそく頼らせていただきますと、ニッコリ笑って見せた。

「……ほんと、お前は容赦ねーよな。ったく。わかったよ。知らせておくよ」

「フフ。頼れるあんちゃんがいてくれてオレはマジサイコー!」

「うっせい! 貸しから引いておくからな!」

「おう、金貨二百枚くらい引いておけ」

 その苦労をするくらいなら金貨二百枚など惜しくもないぜ。

 肩を上下に激しく揺らしながら去って行くあんちゃんを見送り、カイナーズホームへと向かう。

「いらっしゃいませ~!」

 鬼のねーちゃんから買い物カゴを受け取り、そのままトータに渡した。

「なんか欲しいものがあったらこれに入れて持ってこい。わからないことがあったらそのエプロンした人に聞けな」

「あ、あんちゃん、ここ、なに?」

「雑貨店だ。まあ、普通の雑貨店の百倍はありそうだがな。まあ、買い物も勉強だ。いろいろ見て回ってこい。夕食はここで食ってくからゆっくりでイイからな」

 今日は外食したい気分。ここで食ってくべ。

 ……決してパンケーキが食いたくないからじゃないデスヨ……。

「んじゃ、またあとでな」

 えーと。まずは、大物から行くかと、大型のカートを引っ張り出して布団売り場へと向かった。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ