挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
村人転生~最強のスローライフ 作者:タカハシあん
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

529/990

529 前ふりか?

 なにかくずれコンビから否定された。

「なにが違うんだよ? 正真正銘、アマテラスは世界樹だぞ」

 ちゃんと同じ種を蒔き、唯一芽を咲かせたのがアマテラスなんだからな。

「いや、世界樹が人化するなんて初耳だよ!」

「あたしら花人族にも世界樹なんていないし!」

「だが、こうしているじゃねーか」

 事実にちゃんと目を向けろよ。お前らの方が非現実的な生き物なんだからよ。

「いや、そうだけど、もうそれ、マンドラゴラだよ」

「違うとはわかってるけど、反論できないくらい見た目はマンドラゴラなのよね、それ」

「あんなのと一緒にすんなよ。アマテラスの方が百倍も可愛いだろうが」

 マンドラゴラなんて人の形してるってだけだろうが。

「……また、新たな衝撃が出た。マンドラゴラ、魔族が住む土地のものなんだけど。知ってるの?」

「ああ。その魔族からもらったからな」

 正確に言うなら交換したんだがよ。

「……魔族にも会ってたんだ……」

「この村、もしかして世界の中心かなにかなの?」

 だったら、とっくに発展してるわ。

「……それで、その魔族って、何族なの?」

「吸血鬼だな。確か名前は……なんだっけ? カーでもなく、ルーでもなく、あうわ~って感じだったな」

「多分、ベーのことだからかすってもいないわね」

「ベーに名を聞く方が悪いよ」

 失敬な。顔は覚えてるんだからイイだろう。

「そのうち来るだろうから、そんとき紹介するよ。オレと同じ薬師で、年に何回か材料調達に来るからよ」

 吸血鬼界では結構名が知れた――かどうかは知らんが、薬に関してはオババ以上。つーか、万能薬とか作っちゃうマッドな薬師だ。

「……ほんと、ベーの顔の広さは呆れるよ。ベーの知り合いを辿って行けば会えない人いないんじゃないの?」

「大げさな。十一年しか生きてねーのに、そんことできる訳ねーだろうが」

「まったく説得力がないね」

「ないわね」

「…………」

 自分の出会い運を考えたらできんじゃね? と思わくはないので、くずれコンビから目を反らした。

「――それより、だ。島の方、頼むぜ。サイズとかは任せるが、肥沃な土地にしてくれよ」

「わかった。その辺は任せてよ。ただ、おれもやることあるから一月くらい時間もらうよ」

「ああ。カイナのペースでイイよ。小人族の方もいろいろあるからな」

 人選とか組織作りとかあるだろうし、一月くらいが丁度イイだろうよ。

「チャコたちもありがとうな。これは礼だ。カイナーズホームで好きなもん買ってくれや」

 ポケットから百万円の束を四束出してチャコに渡した。

「日本札? カイナーズホーム?」

「あれ? あ、チャコたちには言ってなかったな。港にホームセンターがあんだよ。まあ、ホームセンターってレベルじゃねーがよ」

 あれをホームセンターと言ってイイのか謎だが、代わりになる言葉がねーんだからしょうがねーわ。

「……名前から言って、カイナのお店でしょうけど、なんとも際どい名前をつけるわね……」

「いい名でしょう?」

「まあ、嫌いじゃないわね。と言うかシャレが利いてて最高よ。フフ。なにかお店に行くのワクワクしてきたわ」

「チャコの期待は裏切らないよ。そーだ。なんならこれあげる」

 と、カイナがどこからかカードを一枚出現させた。なんです、それ?

「カイナーズホームのプレミアムメンバーズカード。これにチャージすると全品三割引きになるから」

 そんなもんまであんのかよ、あの店。つーか、メンバーズって言えるほど買い物客がいんのかよ?

「もらっちゃっていいの?」

「構わないよ。お客さんは多い方が働いてる人らも喜ぶからさ」

 だったらあんなところに造んなや。客を拒絶してるとしか思えねーよ。

「なら、トータたちも誘って行きましょうか。カナコ。二人を呼んできて。あたし、カイナと相談あるからさ」

「わかったわ」

 見た目はツンツンしたカナコさんとやらだが、結構素直なところがあんだな。いやよ、自分で行きなさいよとか言いそうなのに。

「おれに相談? なんなの?」

 オレには関係なさそうなので、持っていたアマテラスを元の場所に置き、食堂へと向かった。ちなみに勇者ちゃんもついて来てます。

「村人さん。ボク、お腹すいた」

「なら、オヤツにするか」

 食堂に入ると、サプルのお料理教室はまだ続いており、テーブルには生徒が作っただろう料理が並んでいた。

 どうやらサプルは、実戦で覚えさせる派らしく、皮剥きとか皿洗いとかはしないよーだ。

「サプル。腹減ったからこれ食ってイイか?」

「うん、イイよ。あ、そこのパンケーキを食べてよ。まだこれからいっぱい作るからさ」

 サプルの指差す方向に、パンケーキの山があった。

「……ず、随分、作ったな……」

 いや、作り過ぎだよ。お昼にはなかったじゃん。どんだけ作ってんのさ!?

「うん。やっぱりパンケーキは早く覚えてもらいたいし」

 なぜかはあえて聞きませんが、覚えてるまでは作るんですね。わかりました。

「なら、もらってもイイか。パンケーキ、もうねーからよ」

 ここでなんとかせねばしばらくパンケーキが続く。さすがに朝昼晩とパンケーキは泣くぞ。飽きるわ!

「うん。いっぱい持っててイイよ。明日も作るから」

「あ、うん。それはなによりだな。ほら、勇者ちゃん。いっぱいあるからお食べ」

「うん、いただきまーす!」

 その強敵に勝ってくれ、オレの勇者よ。




+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ