挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
村人転生~最強のスローライフ 作者:タカハシあん
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

524/992

524 明るい未来に乾杯

 食後のゆったりまったりコーヒータイム。あーうめ――

「うっふん。おじさまぁ、今日は帰さないんだから~」

 ブー!

 思わず口にしていたコーヒーを噴き出してしまった。

「うわ! ベーキタな!」

「うわ、キタなじゃねーわ! 君はなにしちゃってくれてんのよ!?」

 酒好きなメルヘン。殿様と晩酌でもするかと思ったら、殿様の肩にしなだれ、そんなことを言っちゃいました。

「え、おじさまを接待するときはこうするってカイナが言ってたわよ」

 あ、あの、腐れ魔王、テメーはなにしてくれちゃってんのよ! 温泉街のコンパニオンじゃねーんだぞ! いや、知らんけど!

「それに、人外さんには好評だったよ」

 じ、人外どもがっ! 今度会ったら正座させて説教したるわ! 覚えてやがれ。

「そう言うことは二度とすんな! いろいろアウトだわ!」

「変なベー。おじさま、喜んでるのに……」

 ギンと殿様を睨むと、光の速さで視線を反らしやがった。

「……つーか、プリッつあんよ。それ、乙女的にイイのかよ?」

 それ、乙女がすることじゃねーわ!

「いい女は男を転がしてこそ価値があるって、サリバリたちが言ってけど?」

 あ、あの、腐れ乙女どもは……。

 この世界の女は超肉食。超現実主義者だ。まだ十やそこらの幼女……でもたまにいるが、男が優良物件と見たら食らいついてくる。まあ、それをどうこう言うつもりはねー。こんな世界だ、愛だの恋だの言ってたら生きていけねー。イイ男は捕まえろ、だからな。

 だが、それを無知なメルヘンに教えんじゃねーよ。メルヘンコンパニオンとか情操教育にワリーわ。サプルが覚えたらオレは世界を敵にすんぞ、ゴラァ!

「ったく。殿様の接待はイイから、大人しく飲んでろ」

「なによ。せっかく気を利かしてあげたのにさ」

 そんな気の利かせはいらねーんだよ。ったく!

「殿様も残念な顔してんな。そーゆー趣味か?」

 プリッつあんの見た目は十六、七。客観的に観れば美形だろうし、普通の男なら許容範囲だろう。金持ちが若い十代の女を妾にするって話も普通に聞く。

 が、殿様は五十過ぎ。超絶にギルティーだわ! 

「あ、いや、まあ、美しい女性に酌をしてもらえるのは嬉しいものだぞ。最近、仕事仕事で溜まっておったからな」

 その溜まったものは言及しねーが、そーゆーのはオレのいないところでしやがれ。気持ちワリーわ!

「ウホン。あーなんだ、酒が旨ければそれでよいさ。あー酒がうめー!」

 わざとらしいが、それに付き合うのもメンドクセー。スルー拳七倍。サラっとスルーだ。

「真面目な話をするぞ」

「お、おう。真面目な話をしようぞ」

 切り替えのよさが、よき指導者の証。まさに殿様である。

「小人族の農業ってどうなってんだ?」

「農業とな? 専用の島でやっておるが?」

「いや、それは知ってる。オレが言いたいのは、ドウ・ゲンは農業してるのかってことだ?」

 見た限り、浮遊島はここ一つ。しかも、農業をやっている光景は見て取れなかった。

「島は一つ用意するのがやっとで、農業はしておらん」

 やっぱりか。そうだとは思ってはいたが、そうはっきり聞くと胃にくるものがあるな。

「もちろん、備蓄はしていたのだが、予想以上に消費が激しかった。我の責任だ」

 そうせねばならない理由があったんだ、それについてどうこう言うつもりはない。殿様はよくやってると思うぜ。

 まあ、慰めても心が軽くなることはねーし、その気持ちは戒めとなる。持っていた方が殿様のためになるんで口にはしなかった。

「今から農業をできる島を造るのに、何年かかる?」

「島だけなら五年。農業しようと思うなら軽く十年は欲しい」

 畑は土作りから。土地があればイイってもんじゃねー。

「ただ、一年で造れないこともない」

 それは時間以上に問題があると言っているようなもの。だが、時間に勝るなら聞く価値はある。説明ブリーズです。

 席を立った殿様は、棚に飾られていた拳くらいの水晶玉を手に取り、オレに渡した。なんだいこれ?

「浮遊結晶石――の、成れの果てだ」

 成れの果て?

「古い島、人工の島にはそれが使われており、それが元の状態なら、この島の約六倍の島を浮かすことができる」

 そりゃまたスゲーな。この世界、どんだけだよ。

「元の状態に、ってことは、壊れている訳じゃねーんだろう?」

 ただの透明な水晶に見えるが、ファンタジーは見た目ではわからない。感じてこそ見えてくるものだ。

「ああ。元の状態には戻せる」

「どうすればイイ?」

 単刀直入に問う。

「至極簡単。魔力を注げばよい」

 なんとなく、殿様の言いたいことが理解できた。

「つまり、無理って訳か」

「ああ。魔力を込めるのに軽く百年はかかるだろう」

 なるほどね。小人族の魔力はその小ささに合わせたかのように低い。前に殿様から聞いた話では、大魔導師ですら人の魔術師くらいの容量しかないそうだ。

「だが、逆を言えば魔力さえ解決できればイイってことだ」

 時間は進ませることも短縮することもできねーが、魔力なら増やすのも減らすのも可能だ。

「それはそうだが、何十万人もの魔力だぞ。どう用意する?」

「用意はしねー。つーか、近くにある」

 知り合いに人外が沢山いる。そのどれもが超魔力の持ち主だ。


「魔力はオレがなんとかする。殿様は農業をする計画を進めてくれ。多分、島も用意できると思う」

 浮遊結晶石を預り、収納鞄に仕舞った。

「まあ、今日は明るい未来に乾杯しようじゃねーか」

「……そう、だな。明るい未来を祝そう」

 コーヒーカップとグラスをぶつけ合い、乾杯をした。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ