挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
村人転生~最強のスローライフ 作者:タカハシあん
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

523/988

523 本命

「なあ、ベー。お前、王になる気はあるか?」

「普通にねーな」

 殿様に客間みたいなところに通され、ソファーに座るなりそんなこと言ってきたので、即座に返した。

「どうしたい。急に?」

 弱音など吐くような殿様じゃなかったのによ。

「いや、己の才能のなさにつくづく思い知らされよ。やってもやっても問題が増えるばかりだ」

「統治なんてそんなもんさ。問題がねー方が問題だよ。藩主だった頃も問題なんてあったろう」

 問題のない統治なんて夢物語。王なんて奴隷より酷い職業だ、やりたいと思う方がどうかしてるわ。

「そうなんだがな……」

 肩を落とす殿様。余程大変なんだな。

「まあ、早く誰かに任せて隠居するんだな。じゃないと大切な人生を仕事に持っていかれんぞ」

 まあ、仕事が好きって言うなら止めはせんがな。

「まったく、息子に恵まれながらも後継者には恵まれん。お前みたいな息子が欲しいよ」

「ワリーな。オレにはもう立派な親父殿がいるんで、殿様の息子にはなってやれんよ。これでも一応、跡取り息子なんでな」

 なにを継ぐかは知らんけどな。

「羨まし……くはないか。お前の父親など早死にするか胃に穴が開くかのどちらかだわ。よくお前の親になろうとしたな。マジ尊敬するわ」

「……人を問題児のように言うなや。オレは孝行息子だぞ」

 失敬な。オレは親を敬い、親を大切にする男だわ。

「問題だらけだろう。このメンバーで家に帰ってこられたら我なら確実に泣くぞ。意味わからんわ!」

 いやまあ、確かにオレも意味はわからんが、うちではあっさりしたメンバーだ……と思いたいです……。

「わたしも入ってるとか不本意なんだけど」

 オレの頭によりかかるメルヘン。同じサイズなんだから止めろや。うっとうしいわ。

「我が言うセリフではないが、お前は種族に関係なく仲よくなるよな。偏見とかないのか?」

「こうして話ができるんだ、偏見なんて持つ必要なんてねーだろうよ」

 いろんな言語はあるが、ハルヤール将軍からもらった自動翻訳の魔道具でこうして会話ができてる(ちなみに持ってるだけでも翻訳はしてくれるし、声の届く範囲内にいれば他の人にも作用します)。だったら話し合った方が早く相手を理解できるってもんだろう。

「……そう言えるお前の精神が羨ましいよ……」

「真似をしたいのなら遠慮なく真似したらイイさ。これからいろんな種族と話し合うんだからな」

 その含みに殿様の顔が藩主の、いや、指導者の顔となった。

 ……オレから言わせれば殿様は正真正銘、偉大な王だよ……。

 本題に入る前にシュウノウ鞄からコーヒー牛乳とお菓子を出し、つまんなそうな顔をしている勇者ちゃんの前に出した。

「これでも食ってろ」

「うん!」

 喜ぶ勇者ちゃん。あ、女騎士さんにもありますからね。

「……えーと、突っ込んだ方がいいのか?」

 別空間になってしまった二人を見て問うてくる殿様。ここは、ノーサンキューでお願いします。

「あ、まあ、で、だ。なんだったかな?」

「未来のお話だ」

 殿様には葡萄酒を出し、オレはいつものコーヒー。プリッつあんは……適当に自分で出して飲んでます。ドレミは勇者ちゃんの膝の上で丸くなって寝てます。

 ……つーか、こいつがスライムだと言うことを忘れそうになるな……。

「相変わらず下界の酒は旨いな」

 いやそれ、カイナが出したもので、この世界の酒じゃないですけどね。まあ、訂正するのもメンドクセーのでスルーさせていただきます。

「なら、下界と貿易してみるかい?」

 葡萄酒を飲む手が止まった。

「……どう言う意味だ?」

 オレの表情や思考を読もうとしたが、直ぐに降参して率直に聞いてきた。

「直ぐそこに世界貿易ギルドがある。興味があるんなら覗いてみな。あと、輸送船って何隻ある?」

「輸送船、か? 直ぐに動かせるのは三隻だ。積んでいるものを下ろせば八隻まで用意できる」

 八隻か。まあ、最初としては充分か。

「なら、その八隻を八日後まで飛び立てるように準備しててくれ。あと、護衛用の船を六隻くらい。人選は任せるが、殿様の代理、いや、全権代理者を用意してくれ。港を造るからその技術者、作業員、世話人、まあ、船に乗せれるくらいで構わん。どうだい?」

 思考の海にダイビングする殿様。こう言うところがスゲーんだよな、この殿様はよ……。

 しばらくして思考の海から上がった殿様は、入り口に立つ近衛兵に文官を呼ぶように伝えた。

「それとな、自前の飛空船団を立ち上げたいんだが、船員がいなくて困ってんだわ。誰か紹介してくんてくんねかな? もちろん、巨大化してもらうんで、イイってヤツを頼むぜ」

 さすがに小人サイズの飛空船では大量輸送ができねーからな。

「あとこれは、お知らせと言うか相談なんだが、今、異種族国家を創っててよ、国防を担う戦闘集団を募集してんだわ。どっかに空を守る集団がいたら紹介してくれや。厚待遇で迎えるからよ」

 ニヤリと笑ってみせると、心底呆れた顔をする殿様。そこは、ニヤリと返すとこだぜ。

「……一度、お前の父親に会ってみたいよ。よくこんなのを息子にしようと思ったものだ……」

「まあ、いつでも来な。歓迎するぜ」

 うちはいつでもウエルカムさ。

「ベー。今日は泊まっていけ。まずは我が歓迎する。否とは言わせんぞ」

「言わねーよ。アレを食いに来たのが本命だからな」

 食糧や船員募集などついで。ダメならダメで気にしねー雑事だ。

「誰かある! 宴を用意しろ!」

 フフ。空魚の甘酢餡掛け、空魚の刺身、空魚の唐揚げ。思い出すだけでヨダレが出るぜ。じゅるり。 
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ