挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
村人転生~最強のスローライフ 作者:タカハシあん
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

501/990

501 婦人

 イタリア~ンな店主夫婦は、オレと来る決断はしたものの直ぐにはこれないようで、一旦帰るそーだ。

 まあ、食堂なり商店なり、それまでの付き合いや柵があったりするもの。そう急かすのもワリーんで、気長に待つことにした。宿屋の方もまだなんにも手をつけてねーしな。

 なるようになるだろうと意識を切り替え、孤児院の中へと入る。

 バーベキュー気分はとっくになく、チビっ子どもが新しい部屋を整えるので騒がしかった。

「ベーさま、じゃまー」

「ベーさま、どいてー」

 ハイハイと走り回るチビっ子どもを避けながら食堂へと向かうと、そこには院長さんに領主夫人、その娘、そして、コーリンがいた。

「おう。集まってんな」

 マルっとサクっと丸投げしたオレが言うセリフじゃねーが、それを言えてこそ丸投げ一級の実力。ハイ、突っ込みはノーサンキューだよ。

「お疲れさまです」

 院長さんが席を立ち、頭を下げた。

 やはりこの人はスゲーよな。あんなに人がいたのに、ちゃんとオレの動きを見ていた。

 ……こーゆー人が上にいると、下の者は幸せだよな……。

「あいよ。あとは頼むわ」

 孤児院件はこれで終わり。あとは、そこにいる者が決めて築いて行け、だ。

「はい。ありがとうございます」

 院長さんの礼に肩を竦めることで応え、領主夫人を見る。

「で、そっちの話はどこまで進んだい?」

「アリエス――娘はコーリン様のもとで勉強をさせていただけるようになりました」

 なんの勉強かは知らんし、興味もないが、それで決まったのならオレに否はねー。大変だろうがガンバレや、だ。

「そうかい。コーリン、頼むわ」

「はい。人手はいくらでも欲しいので助かります」

「まあ、無茶はさせんなよ。サリバリやトアラは小さい頃から働いてるし、才能と根性がある。領主夫人の娘にそれがねーとは言わねーが、育った環境が違えば質に違いも出てくる。自分の普通が他人には普通じゃねーってことがままあるもんだ。上に立つならちゃんと下の者に気を配れよ」

「正直、上に立つ器ではないと、自分では思うのですが、これも自分が選んだこと。努力致します」

「ダメならダメと言えよ。周りにはちゃんと仲間やら味方がいんだからよ」

 全てを自分が、なんて自滅の道以外なにものでもねー。頼り頼られが一番の関係性であり、身と心に優しいんだからよ。

「はい。胆に銘じます」

 なんかちょっと大人な感じになったコーリン。まあ、成長したと思っておこう。

 娘の問題も解決したので、本筋へと目を向けた。

「さて。領主夫人様――」

「――フィアラとお呼びください。これからはあなたの下につくのですから」

「いや、別に下とか上とか、そんなもんは求めちゃいねーし、年上どころか領主夫人を呼び捨てにしちゃまずいだろう。つーか、オレの立場を考えてくれや」

 村人が領主夫人を名前で呼ぶとかあり得んでしょうが。いくらオレでも気まずいわ!

「わたしはもう領主夫人ではありませんし、主人とも別れました」

 はい? なに言っちゃってんの、この人?

「……いや、あの、別れるって、できんの、そーゆーこと?」

 貴族の婚姻どころか一般の婚姻についても知らんが、離婚ができるとかしたって話、聞いたことがねーぞ。

 いやまあ、この修道院が尼寺であり、亭主から逃げて来た場所だから、男女の関係はいろいろあるとわかちゃいるが、離婚うんぬんなんて聞いたこともねーわ。

「滅多にないことですが、可能は可能です。ただ、世間体はよろしくありませんが……」

 と、院長さんの談。

「もはや世間体など気にもしません。わたしはわたしのやりたいことをやると決めましたから。ベーは離縁した女を軽蔑しますか?」

「いや、軽蔑なんてしねーよ。男と女の関係は複雑怪奇。合う合わねーがある。それぞれが納得し、子供が不幸にならなきゃそれでイイと思ってるしな」

 結婚して子供もいたら違う考えもあっただろうが、結婚もしてねーオレにはそうとしか思えねーよ。

「ふふ。理解ある男性は素敵ですね」

 十一才のガキになに言ってんだか。そーゆーのは二十歳過ぎてから言って欲しいぜ。

「まあ、褒め言葉として受け取っておくよ。領主は誰になったんだい?」

「元主人の弟の次男に継がせました」

 継がせましたときたもんだ。おっかねーな、ほんと。

「まあ、まだ若いので不安になることもありますが、周りには優秀な者もいます。ましてや大公様とベーの後ろ盾があります。順調に、とは申せませんが、以前よりはよくなるでしょう」

 領主夫人……ではなく、元領主夫人もいるしな。

「なら、このままオレと来れんのかい?」

「はい、と言いたいところですが、まだやることがあるので十日は時間をいただきたいです」

 十日、か。

 収納鞄からコーヒーを取り出し、飲みながら思考する。

 しばらく思考の海を泳ぎ回り、それなりに纏まったところで上がった。

「なら、十日後を目標に来る。なんで、北の場所を開拓する許可を得ててくれ。あ、わかるように縄かなんかでくくってくれると助かる。あと、商人を通して小麦や野菜などを買ってくれ。量も値段も問わない。あればあるだけ買うし、定期的に買いもする」

 収納鞄から金貨を詰めた収納ポーチを取り出し、元領主夫人に渡した。

「オレが来るまでの活動資金だ。元領主夫人……ってのもなんだな。なら、婦人。婦人と呼ぶよ」

「婦人、ですか?」

「ああ。最大の敬意を込めて婦人と呼ばせてくれ」

 決してメンドーだからじゃないデスヨー。

「ふふ。婦人ですか。ベーにそう呼ばれるのも悪くありませんね。わかりました。これからはそうお呼びください」

「あいよ。婦人」
また600話を目指して書いて……行けたらイイな~の気持ちでやってきます。
書籍版はそんな感じです。二巻もそんな感じです。出るのなら、ですけど。

その前に一巻がどうなってるか知りたい。いったいいつになったら帰れるのやら……。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ