挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
村人転生~最強のスローライフ 作者:タカハシあん
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

500/992

500 料理人ゲットだぜ!

文字数が少ないながらも500話と続いたこの奇跡。読んでくださる方々に感謝です。
そして、書籍を買ってくださった方々にも感謝です。
 夕暮れ近く、新孤児院のお披露目が終了した。

 食いも食って……何人分だ?

 完全無欠にドレミ隊任せだったので、何人分食ったかなんて全然知らねー。

 まあ、これしきの人数で空になるような集め方はしてねー。三割使ったか使わないかぐらいだろうよ。

「マスター。残ったものはどうしましょうか?」

 ドレミ隊のドレミが……ってややっこしいーな。なんとかなんねーの? 区別つかんわ!

「では、髪の色を変えます」

 と、オレの表情を読んだ猫型ドレミがそう言うと、目の前にいたメイド型ドレミの髪が赤に変わった。

 他のドレミにも目を向けると、青や緑、ピンクに黄色、ゴールドに黒と、ドレミ隊がドレミ戦隊になった。

「……いやまあ、なんでもイイけどよ……」

 もう超力戦隊に突っ込むのもメンドクセーわ。

「スラムのガキどもにでも配ってやれ」

 こちらを壁越しに見る獣人のガキをアゴで差した。

 この国に獣人を差別するクソったれな慣習はねーが、弱肉強食な世界の更に底辺な世界ではあるそーだ。

 他人を、自分と違う者を攻撃しねーと自分を保てねーんだろう。なんともクソったれなことだが、力があり運のイイオレにどうこう言う資格はねー。

「やらぬ偽善よりやる偽善。幸せのお裾分けだ」

「はい。畏まりました」

 あとは院長さんに任せた。がんばって人材を育成してください、だ。

 スラムのガキどもの対応はドレミ戦隊に任せ、かなり最初の方で見失ったイタリア~ンな店主夫婦を捜す。

 全てを全力全開で丸投げしていたオレだが、別に遊んでいた訳じゃねー。

 この群衆に紛れて悪さをするアホどもを陰日向に排除し、そこら辺で排泄しようとする不埒者をトイレに連れて行くとか、結構バードなことをしていたのだ。

「イタリア~ンイタリア~ン、イタリア~ンな店主はどこですか~」

 なんて歌いながら捜していると、ドレミグリーンが担当していた屋台の陰で、調味料が入った瓶を見詰めているのを発見した。

「なにしてんだい?」

 調味料の瓶を見詰めているだけのイタリア~ンな店主に尋ねた。状況がさっぱりわかりませんがな。

「……こんなに種類があるんだな……」

「調味料かい? まあ、料理のことはよーわからんが、調味料次第でいろんな味が出せるからな、調味料の発見と模索は最重要らしいぜ」

 ちなみにオレは発見担当。模索はサプル担当です。

「……これを作ったのは誰なんだ?」

「オレの妹だよ」

「妹? いや、妹って、お前何才だよ!?」

「十一才だよ。妹は八才だな」

 目が飛び出さんばかりに驚愕するイタリア~ンな店主。まあ、無理はないわな。

「言っとくが、オレの妹は別格だ。違う世界にいる。納得しろとは言わねーし、挑むのも勝手だが、絶対に自分を卑下はするな。悲しいが、この世にはどうしても勝てねー相手がいる。天才がいる。だから凡人は凡人なりに努力しろ。月並みなことしか言わねーが、努力は裏切らねー。あんたはあんたの道を歩みなよ」

 神(?)から三つの能力をもらいながら、妹や弟の才能に敗けている凡人な兄貴。そのちっぽけな威厳を守るための努力は、オレの自信であり誇りでもある。

「凡人に妬み羨んでる暇はねーぞ。そんな暇があんなら、人生を楽しめ。料理を楽しめ。時間は有限だぞ」

 まあ、それができたら苦労はねーって話だが、それは本人の努力でがんばってもらうしかねー。自分の人生は自分でしか歩めねーんだからよ。

「……まったく、生意気なガキだな……」

「それがオレさ。隠す気も偽る気もねーよ」

 そのお陰で苦労したり厄介事に巻き込まれたりするが、今生はオレを貫くと決めた。なら、貫ける力を、知恵を身に付けろだ。

「ふふ。あの悪たれどもが変わるはずだ。なんだか生きるのが楽しくなってくるぜ」

「それは結構。なら、遠慮なく楽しめだ」

 この手を取るもよし。取らぬもよし。決めるのはあんただ。そう思いを込めて、イタリア~ンな店主に手を差し出した。

 もう答えは出ていたんだろう。ニヤリと笑うと、力強くオレの手を取った。

「ああ。楽しんでやるさ」

 オレもニヤリと笑い、その手を力強く(加減はしてね)握り返した。

 オレの料理人ゲットだぜ!
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ