挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
村人転生~最強のスローライフ 作者:タカハシあん
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

50/992

50 狩りの時間だ!

眠い。なのでこれだけです。
 んで、トータらがゴブリンを見たと言うザッカラ山に向かっているのだが、そのザッカラ山までは直線距離にして約五キロ。道なりに行けば七キロ弱。まあ、ド田舎生まれにしたら大した距離ではなが、山と言うだけあってアップダウンが激しい。ド田舎生まれでもなかやかハードな道程と言えよう。

 オレも平坦な道なら十キロは平気だが、アップダウンの激しい道程は結構体力を使う。

 五トンのものを持っても平気な体は打撃や重力には強いが、スピードはもちろんのこと、体力も十才の体に見合ったものなのだ。

 たぶん、魂に宿した能力が原因だろうとは思うのだが、正解など出ないので深くは考えたりはしない。鍛えれば速くもなれば体力もつく。学び鍛えれば魔術も薬学も覚えられるし、新たな力を宿すこともできるのだからな。それでイイじゃん、だ。

 それに、力は使いようだ。

 自由自在に操れる結界使用能力は、もはや結界が付けばなんでもイイんじゃね? っうくらい反則的能力だ。

 まあ、能力使用範囲は、半径三十メートルと言う限界もあるものの、そこは創意工夫。範囲内でなら永久的に維持もできれば秒単位で消すこともできる。結界を組み合わせてパワードスーツも創れるし、魔法の絨毯ならぬ空飛ぶ結界も創れるのだ。

「結界超便利ぃ~っ!」

 空飛ぶ結界(サーフボード型)で坂を下っていた。もちろん、バレないように隠蔽結界を張ってます。

 薪割り山へと続く道を下ると街道に出る。そこをバルダリン側へと二百メートルほど進むと、隣村に続く道───ザッカラ峠道が右手に見えてくる。

 隣村は、山間の村で、麦は獲れないが鉄が採れ、鍛冶の村として栄えている。

 鍛冶とは言っても剣やら槍やらではなく、鍋や包丁、鎌に鋏など、家庭用品を作って行商人(専属のな)に卸している、

 とは言え、山間の村。うちよりド田舎であり、人口も三分の一しかいない小さな村。頻繁に往来するところではないので道は悪いし、幅もやっと荷馬車が通れるくらい狭い。

 一人では歩きたくない寂しい道だが、五才児がなんの感慨もなく通っている。十才になるオレが怖いでは示しがつかんって。

 寂しさをマギラワスために鼻唄を歌いながら進んでいると、茂みの中からゴブリンが四匹、唐突に飛び出してきた。

 本当にゴブリンが多いな。もう遭遇かよ。

「まあ、とにかく狩りの時間だ!」









+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ