挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
村人転生~最強のスローライフ 作者:タカハシあん
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

490/992

490 プリッキック

 スルー拳二十倍でなんとか勝利(理不尽にな)できたが、心は満身創痍。次の敵(理不尽)が来たら確実に死ねる。

 ボロボロの心を奮い立たせてプリトラスへと入った。

「へ~。中も凄いですね~」

「ゼルフィングの館より豪華~」

「こっちは完全にお城ね。あ、いや、お城か」

 三者三様驚いてはいるが、理不尽を理不尽と感じねーその理不尽さになんか腹立つ。いつもオレのことを非常識とか言ってるクセに、こーゆーときだけ非常識を常識にしやがって。この畜生どもめっ。

 なんて言っても無駄なので、心の中でうらめしや。理不尽に呪われろ。

「いらっしゃいませ」

 と、メイド服を着た幼女バージョンのドレミが出て来た。

 もうこいつ、プリトラスの住人でイイんじゃね? とか思いそうになるんだが、バンベルとの繋ぎには必要な存在。そろそろ返してもらわねーとな。

「誰?」

「オレの横の住人だ」

「え、えーと、確か、黒猫じゃなかったでしたっけ?」

「え? スライムでしょう?」

 不思議がるタケルとフェリエ。まあ、謎の超生命体。もはや、元がなんなのかオレでも自信持って言えねーよ。

「ドレミはドレミって生き物。それでイイだろう」

 オレはもうそう理解したよ。

「ドレミ。コーリンたちは?」

「広間で作業してます。声をかけて来ますので少しお待ちください」

「ああ。わかった」

 ほんと、バンベルの分裂体。配慮がハンパねーな。

「なぜ直ぐに行かないの?」

 オレの行動に疑問を感じたフェリエが聞いてきた。

「修羅場は女を捨てさせる。そんなところをコーリンたちも見られたくねーだろうし、オレも見たくはねー。これも親しき仲にも礼儀あり、ってやつだ」

「……まあ、サリバリあたりがうるさいしね……」

 幼なじみガールズで一番の乙女がサリバリ。我が身を守るためにも常に配慮が必要なんだよ。雑なフェリエにも、な。

「ベー! 入ってこないでよ!」

 なにやらサリバリの声が広間から発せられた。

 思った通り、修羅場で女を捨てていたのだろう、なにやらバタバタし始めた。

 しばらくかかりそうなので、エントランス(?)に供え付けのベンチに腰を下ろした。

「ちょっと見て来るわ」

「あいよ」

 そこは男には越えられない壁。つーか、越えたくねー領域。おっと、タケルくん。死にたくなければ君もここに座りなさい。猫耳ねーちゃんが爪を立ててるぜ。

 まだ女に興味津々なタケルの裾をつかみ、ベンチに座らせた。

「タケル。これは、経験者としての忠告だ。桃源郷はどこにもねーぞ」

 あるとすれば夢の中。現実の世にはねーと知れ。

「もっとも、生き地獄と言う名の桃源郷はあるがな」

「な、なんです、それ?」

「まあ、人それぞれの桃源郷。がんばってイイ桃源郷にしてくれや」

「いや、だからなんですか、それ! 不吉でしかないですよ!」

 叫ぶタケルに構わず、心の中で素晴らしい桃源郷であることを切に願った。

 タケルの追及に笑って流してると、広間の騒ぎがおさまり、ドレミが出て来た。

「マスター。お待たせしました。どうぞ」

 あいよと応え、広間へと入ると、むわっとする女の臭いに思わず顔をしかめてしまった。

 ……人によっては興奮するんだろうが、オレはダメだな。臭いがキツ過ぎるぜ……。

 結界で臭いを遮断し、改めて広間の中を見回した。

「……服の山だな……」

 いったい何着あんだ? 服の山でかくれんぼできそうだぞ。

「失礼しました。店に並べる衣装を作っていたら夢中になってしまいました」

 若干やつれ気味のコーリンが、髪を濡らしながら謝ってきた。多少なりには女の矜持はあるらしいな。

「いや、謝るのはこっちさ。忙しいときに来ちまってよ」

「ほんとよ! 来るなら来るで一言言いなさいよね!」

 服の山の中から叫ぶサリバリは無視。姿見えねーもん。あと、トアラ。隠れるならちゃんと隠れろ。そのオシャレなおパンツさまがもろ見えですよ。

 直ぐに視界から外し、コーリンを見る。

「忙しいそうだから要件だけ言う。明日から領主の娘を預かることになった。ワリーがコーリンとこで面倒見てやってくれ。針を習わすのもイイし、家事をやらせるのもイイ。その辺はコーリンに任せる。まあ、領主夫人にも会わすから、そんときに話し合ってくれや」

「……え、えーと、意味がさっぱりわからないのですが……?」

「領主の娘を預かる。今はそれだけ覚えててくれ。細かいことは明日にすっからよ」

「は、はあ? よく、わかりませんが、わかりました。覚えておきます……」

 それだけ覚えててくれたら充分。どうせコーリンに丸投げして、領主夫人にがんばってもらうのだ、あとは当事者同士で話し合ってくださいな、だ。

「んじゃ、オレは帰るな。フェリエはどうする? なんならこっちに泊まっても構わんぞ?」

 どうせ明日は荷車台を引っ張って行くし、奉公四人の荷物も積まんとならん。どっちにいようと同じだ。

「なら、そうするわ。服を見てみたいし」

 そんなにオシャレさんではねーが、別に嫌いって訳でもねー。珍しい服には興味があんだろうよ。

「あいよ。なんかあればプリッつあん――って、そー言やプリッつあんは?」

 全然姿が見えませんが。

「――プリッキーック!」

 と、そんな叫び声とともに頭に衝撃が生まれた。なんやねん?

「このあんぽんたんおバカの薄情ベーめ!」

 なんか頭の住人さんが大家の頭をガジガジかじってくるが、痛くも痒くもねーので気にしない。

 まっ、これも大家としての役目。たまに住人とのコミュニケーションはしないとな。

「ハイハイ。痛い痛い。ほんじゃ、明日な~」

 コーリンたちに挨拶して、プリッつあんを背負いながらプリトラスをあとにした。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ