挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
村人転生~最強のスローライフ 作者:タカハシあん
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

488/990

488 IT難民

 いろいろやってたら宿に帰って来る時間が遅くなってしまった。

 宿に入ると、もう夕食の時間に入ってるようで、食堂はだいたい埋まっていた。

 食堂にフェリエたちがいないので、そのまま部屋に向かった。

 ノックをすると、直ぐにフェリエの声がし、ドアが開かれた。

「なんだ、ベーか。ノックするからタムニャかと思ったわ」

「親しき仲にも礼儀ありってな、なんでも馴れ合えばイイってもんじゃねーさ」

 それは女に隙を見せるようなもの。我が身がカワイイなら気を使え、だ。

「ベーって、変なところで潔癖よね」

「お前が雑すぎんだよ。宿だからって直ぐにドアを開けんな。まず誰かを確認するなり気配を感じ取れ。もしくは、いつでも戦闘できる態勢を取れ。敵は不意を突いてくんだぞ」

「……それ、村人の心構えじゃないわよ……」

「生きるのに村人も冒険者もねー。弱者も強者も関係ねー。死にたくなけりゃ常に備えろ。それが生者の心構えだ」

 のらりくらりと生きられる世界ならそれでも構わんが、油断したら狩られる世界では全方位に目を耳を、そして勘を働かさなければ生き残れない非情の世界。オレは生きるためならどんな労力も厭わねーぞ。

「……わかったわよ。気を付けるわ……」

 拗ねるフェリエに苦笑するも、それ以上は言わない。失敗もまた勉強だからな。

「タケルは帰って来たか?」

「ええ。少し前に帰って来たわ。なにか、疲労困憊って感じで」

 ふふ。無事帰って来れたか。ご苦労さま、だな。

「んじゃ、夕食にするか」

 もうタケルの腹時計的には夕食は過ぎてる。それを忘れてんだから相当疲れてんだな。

「……悪い顔してるわよ……」

 おっと。それは失礼しました。

 表情を引き締め、部屋を出てタケルたちの部屋のドアをノックする。

 出て来たのは猫耳ねーちゃん。なにかちょっと不機嫌模様。どーしたん?

「……タケルから女の臭いがする」

「フフ。一人占めしたいのならガンバんだな。タケルは天然のたらしっぽいからよ」

 まだまだ青く、優柔不断だが、心に一本の柱を立ている。こう言うヤツは強くなる。一人前の男になる。

 見る目があり、勘のよい女ならタケルの価値を見抜くだろう。ならば、タケルと同等か、それ以上にならなければタケルをものにするのは不可能だ。

「求めよ、さらば与えられん、だぜ、猫耳ねーちゃん」

「ど、どう言う意味よ?」

「常にガンバレ。そしたら勝ち取れるって意味さ。これから先、タケルはイイ男になって行く。猫耳ねーちゃんはそのままでいるか、それともタケルと一緒に進むか。全ては猫耳ねーちゃん次第だ」

 アドバイスはこれで最初で最後。願わくばタケルの成長の糧となれ、猫耳ねーちゃんよ。

 俯く猫耳ねーちゃんをそのままに部屋へと入ると、タケルがベッドの上でぐったりとしていた。

「生きてるか?」

 反応を見せないタケルの頭をベシベシと叩いた。

「……死んでます……」

「そうか。なら、しばらく死んでろ。明日も生き返ってあのチビっ子の世話をすんだからな」

 ビックと反応するタケル。よほど辛かったんだろうよ。

「……行きたくないです……」

「なら、行かなきゃイイさ。決めるのはタケルだしな」

 オレはやりたくねーことはやらねー主義。そんなオレが他人に強制なんてできる訳もねーだろう。

「んじゃ、オレらは夕食にすっか。さーて。今日は海鮮鍋にして、シメに雑炊――」

「――腹減ったので生き返ります!」

 と、復活宣言すると、バビュンと部屋を飛び出して行った。

「まったく、現金なヤツだ」

 肩を竦め、皆で食堂へと向かった。

 女将さんには、持ち込みであることを告げ、収納鞄から海鮮鍋を取り出した。

 できたて熱々を結界で閉じ込めたので、解けば直ぐにいただきます。

 ふーふー言いながら食うタケルに苦笑しながら次の海鮮鍋を取り出し、フェリエと猫耳ねーちゃんによそってやる。

「ベーは食べないの?」

「帰る途中で買い食いしてきたから雑炊だけ食うよ」

 腹四分だが、二杯も食ったら腹一杯になる。オレは本体より雑炊を食う方が好きなんだよ。

「ときにタケル。この腕時計型の通信機ってまだあるか?」

「はぶれほう」

「飲み込んでからしゃべれ。意味わからんわ」

 ライバルたるモコモコガールがいねーんだからゆっくり食えや。

「うぐん。なら、これをどうぞ」

 と、胸のポケットから長方形の板? を取り出し、オレに渡した。

「……えーと、これ、アレか?」

 前世じゃ縁のなかったものとは言え、そこまで無知じゃなかった。なんであるかわかるが、なんか理性が認めるのを邪魔してんだよ。

「似て非なるものです。スマッグって言いますし」

「なんかいろいろアウトな気もしねーではないが、ここは一先ず飲み込んでおこう」

 ファンタジーとかSFとかメルヘンとか、もうチャンプル状態。突っ込みたくもねーわ。

「で、これ、通じんのか? この世界で?」

 いくらなんでもアニメだからとは納得できねーぞ。

「ビーコンで中継するので大丈夫です。ただ、嵐山に搭載されてたビーコンではボブラ村とバリアルの街までが限界ですけど。中継機を飛ばせば半径二百キロまでならカバーできますよ」

「あ、いや、通じんならそれでイイよ」

 理屈があんならそれで納得するよ。たまにそうしねーとオレの中のなにかがブチ切れそうだからな。

「これは幾つあんだ?」

「在庫はそれを混ぜて三つですかね。もともとアニメキャラの私物で、七つしかなかったんですよ」

 そう都合よくはなかったか。まあ、余分があるならよしとしよう。あとはエリナにがんばってもらえばイイんだからな。

「夕食が終わって落ち着いたらプリトラスに行くから一緒に来てコーリンに使い方教えてくれや。ついでにオレにも」

 IT難民のオレには正直厳しいが、他ががんばってんのにオレが努力しねーでは示しがつかん。根性だせや、オレ、である。

「わかりました。と言っても操作は簡単だから教えるもないですけどね」

「…………」

 ファンタジーな世界でIT危機に陥るオレ。平成の世に生まれたかったです……。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ