挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
村人転生~最強のスローライフ 作者:タカハシあん
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

485/990

485 幸運のメルヘン

 心と思考を落ち着かせるために、収納鞄から魔法瓶を取り出し、湯飲みに注いだ。

 目を丸くする母と娘を微かに意識が捉えるが、気にせずコーヒーを口にした。

 時間をかけて飲み干した頃には、どちらも落ち着きはしたが、あえて口にはせず、テーブルを指でトントンと叩いた。

 預かる理由は、まあ、なんとなくだが、わかる。いや、可能性として考えられることは二つ、と言うべきか、オレに差し出す的なことか、もめ事から娘を守りたいと言う母心だろう。

 そう至った経緯もわからなくはないが、あくまでもオレの想像。正しいとは限らねー。まあ、聞くのが早いってことだな。

「……それは、オレに、ってことかい? それともここに、ってことかい?」

 そう、真っ直ぐ領主夫人を見て問うた。

「ベーの判断に任せます」

 なんとも丸投げな返答をされてしまった。

 丸投げ常習犯のオレが言うべきじゃないが、なんとも無責任なことを言ってくれるぜ。

「はぁ~。どう言った理由からだい?」

 せめて理由を知らなきゃ判断できんよ。

「身内の恥を晒すのは身を引き裂かれる思いですが、今のバリアル家は憎しみと猜疑心で満ちております。昨日の恥もその一つです」

 まあ、あれを堂々と言えたらどんな厚顔無恥だよ、ってな話だわな。

「我が家では三つの思惑が渦巻き、混沌としています。昨日の件で思惑は一つ消えましたが、なにも解決しておりません」

 なんとも抽象的な説明だが、簡単に言ったらお家騒動。犬も食わねーもんと同じだ。だが、関わっている者としたら重大事項。避けては通れないものだ。

 もちろん、この街で生きている者にとっても他人事じゃねー。誰になるかで自分たちの生活が良くも悪くもなるんだからな。

 抽象的な説明は続くが、オレの考えるな、感じろピューターは、重要なことだけを選択して脳へと送った。

 で、話を漸くすると、だ。

 このゴタゴタが終わるまで娘を預かって欲しい。それも、もっともな理由で、他のバカどもに手出しされないように、とのことだ。

 なんとも難題で、他人任せなことである。

 メンドクセーと蹴るのは簡単だ。オレの事情じゃねーんだ、ここの一族がどうなろうと知ったこっちゃない。滅びるなりなんなり勝手にしろだ。

 だがしかし、である。

 領主夫人との出会いを蹴るのはオレの勘がダメだと叫んでいる。このご婦人は賢いだけじゃなく行動力もある。なにより柔軟性があるのがイイ。

 こう言うタイプは味方にしておく方が吉と出る。ならば、相手の要望にそう形で進めるべきである。

 ……あるんだが、そう持って行くのが難題なんだよな……。

 二杯目のコーヒーを湯飲みに注ぎ、更に思考をクリアにする。

 ああでもないこうでもないと考えていると、目の前にプリッつあんが現れた。

「ベー。水が切れたから補充してよ」

 なにやら疲労困憊な感じで、いつもの元気がなかった。

「水? 水なんてどーすんだ?」

「お風呂に使うに決まってるじゃない。入ろうとしたらないんだもん、嫌になっちゃうわ」

 メルヘンに風呂文化などないのに、サプルの影響で風呂好きになったプリッつあん。し〇かちゃん並みに風呂に入るのだ。

「水なら適当に補充したらイイだろう。そこら辺にあんだからよ」

「あんな汚い水なんて嫌よ。わたしは軟水派なのよ」

 軟水って、そんな言葉どこで覚えてきてんだ、このメルヘンは? つーか、なに贅沢になっちゃってんの、このメルヘンさん。メルヘンなら朝露で顔を洗ってろや。

 なんて言っても聞かないのはよく知ってるし、プリトラスは……ん? 今なにかよぎったぞ?

 えーとんーと、今、なにか名案っぽいものが浮かんだんだが、つかみそこねた。クソ! こーゆーとき己の凡人さを痛感するぜ……。

「ベー。水~。コーリンたちも使うんだから~」

「――それだ!」

 プリッつあんのセリフに、逃げた名案が帰って来た。

 クソ! ほんと、オレは凡人だぜ。直ぐそこに名案があったじゃねーかよ、こん畜生がっ!

「ベ、ベー?」

 訳ワカメなプリッつあんをわしっとつかみ、よくやったと頬ずりをしてやる。

 大人しくなった幸運のメルヘンを頭に乗せ、飲みかけのコーヒーを一気に飲み干した。

「領主夫人様。昨日の一件は、領主の耳には入ってるかい?」

「え、ええ。入っていますが……」 

 戸惑いながらも答える領主夫人。本当にできるご婦人だよ。

「で、どう判断を下したんだい? 非公式とは言え、大公様の使いに手を出して、なにもなしってことはあるまい?」

 それで通るなら貴族として失格。どころかバカだ。王様に次ぐ権力者であり、その孫は宰相だ。たかだか地方領主に逆らえる格ではねー。その気になれば領地没収も可能なのだろうよ。

「……思考放棄しております……」

 それはつまり、領主として失格ってことか。そりゃ、もめもするわな……。

「さて、領主夫人様。あなたは、この領地をどうしたい? 潰れてもかまわねーかい? それとも繁栄させたいかい? それとも勝手にしろと投げ出したいかい?」

 まずは領主夫人の考えを確かめなくちゃ始まらん。

 さあ、どうしたい?
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ