挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
村人転生~最強のスローライフ 作者:タカハシあん
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

482/990

482 未来へ

 しばらくして副院長さんに連れられて四人がやって来た。

 一月ちょっとなのでそれぞれに変化と言う変化はない。が、奉公に出る覚悟、いや、認識は把握している顔付きに見えた。

「ワリーな、来るのが遅くなって」

「あ、いえ、そんなことないです!」

 この中では一番社交性が小太りの少年が反応した。

「そうかい。そう言ってもらえると助かるよ。ありがとな」

 そんなオレの返しにオドオドする。これも変化はねーか。

「まずは、料理人としての働き口から行こうか」

 小太り少年とマッスル少女に目を向けた。

 ハイ、この二人の名前なんでしたっけー?

 なんて心の叫びなど誰にも届かないだろうから、視線を二人に向けた。

 視線の意味はわからないだろうが、どちらも空気は読めたらしく、ちょっと背筋を伸ばした。

「お前たち二人が働く船の船長を紹介する。タケル」

 タケルの背中を押し、一本前に出させた。

「え、あ、イ六〇〇改、嵐山の船長、タケル・バンドウです。よろしくお願いします」

 威厳もなにもあったもんじゃねーが、それは今更だ。未来にこうご期待ってことにしよう。

「あなたたち。ご挨拶しなさい」

 副院長さんの促しに、小太りの少年がお辞儀した。

「ぼ、ぼくは、サダンです。よ、よろしくお願い致します!」

 きっと練習させられたんだろう、いたるところにぎこちなさがあった。

「あ、あたいは、マーブ。いえ、マーブです! よろしくお願い致します!」

 こちらも練習はしたが、緊張で段取りを忘れっちまったよーだが、以前のマッスル少女と比べたら奇跡のような成長だろうて。

「タケル。この二人がお前の船の料理人となる。見ての通りの年齢で、料理は素人以下。生き残る術も持ってねーが、先を考えたらこの年齢からがイイだろう。前にも言った通り、一月はサプルに面倒みてもらうが、そのあとは潜水艦で育ってもらう。地上と違って海での調理だ、いろいろ勝手も違うだろう。習うより慣れろでやってけ。一応、サプルに乗船してもらってフォローはしてもらうからよ。まあ、その辺のことは後々だ。なにが起こるかわからんしよ」

 予定は未定な我が人生。臨機応変に、だ。

 タケルの説明はこのくらいにして、二人へと視線を移す。

「お前たちも、タケルの若さに驚いているようだが、お前たちの雇い主なことに違いはねー。絶対服従しろとは言わねーが、タケルの命令がなによりも優先されることは覚えておけ。イイな?」

 その辺はカーチェにお任せだが、仲介者としてのけじめはつけておかねーとな。

「は、はい!」

「はい……」

 まだ、反射的に返事してるに過ぎないが、自分の立場は理解しているようだがら、今はそれでよしとしよう。

「今回は船長しか連れて来てねーから、商人組は村に行ってから雇い主を紹介するよ。出発の予定は三日後の朝に予定はしてるが、ちょっと伸びるかもしれん。なんで、いつでも出発できる用意はしててくれや」

 四人を見回すと、わかりましたと返事した。

「ほんじゃ四人に準備金を渡す」

 とのオレのセリフに、四人はキョトンとした。

 それに構わず、左端にいる顔に傷がある幼女に銀貨一枚と銅貨三枚を渡した。

 意味がわからず、目を丸くするが、構わず次の狐の獣人の少年にも同じく渡し、小太り少年、マッスル少女へと続けた。

「それで生活に必要なものを買い揃えろ。あ、衣服類はこちらで用意するからそれ以外な」

 つーか多分、コーリンたちがなんか作ってると思うし、してなきゃカイナーズホームで買い揃えるだろう。それぞれの雇い主が。どちらもカイナーズホームを利用することに躊躇いもねーからな。

 だったら他もカイナーズホームで揃えろよと言われそうだが、金の使い方を学ばすためにそう言っているのだ。どちらの常識も知っててもらいてーからよ。

 ……カイナーズホームを当たり前にしたら、きっとダメな大人になると思う……。

「なにを買おうがそれぞれの自由だ。使わないのもまた自由。必要不必要を自分で考えろ。お前たちの働き場は、常に考え、常に決断を求められるところ。それが嫌だと言うなら、その金をおいてこの場から去れ」

 こんな子供に無茶ぶりもイイところだが、それがこの世であり、不合理である。やらねば進めないのならやるしかない。それがこの世で生きるってことなんだからな。

 誰も金をおかないことに満足の頷きをする。

「では、用意にかかれ」

 四人の少年少女たちが頷き、未来に向かって進み出した。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ