挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
村人転生~最強のスローライフ 作者:タカハシあん
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

459/992

459 艱難辛苦を与え賜え

 昼食後、親父殿は食休みすることなく出て行った。

「オカン。親父殿、どうかしたのか?」

 そろそろ薪を下ろす頃合いだが、そんな急ぐほど切羽詰まってねーだろう?

「集落の手伝いに行くんだよ」

「集落の?」

 どーゆーこったい?

「村の者と交流だよ。ザンバリー様――じゃなくて、旦那様が村の者と仲良くするにはどうするかと悩んでいたから村の手伝いでもって言ったんだよ。うちじゃ仕事がないからね」

 まあ、仕事がないのは認めるし、仲良くするために村の仕事を手伝うのもわかる。が、なんの仕事すんだよ。今、麦畑は安定期。草むしりぐらいしかねーだろうが。

「村の東の橋が古くなったからかけ変えるそうだよ」

 東の橋?

「ああ、あそこな。確かに古くなってたっけ」

 意外と村を歩き回らねーので直ぐには出てこなかったが、あそこの橋は結構前からかけ変えるうぬんが出てたところ。どんなもんかと一度見に行ったことがあるわ。

「親父殿、そんな技術あったっけ?」

 橋は結構技術がいる。造るときは町から職人を頼むか、以前橋造りに参加した者が記憶を辿り、なんとなく造るしかねー。

「サリネさんに教えてもらったそうだよ」

「サリネに? サリネ、橋の造りも知ってたのかよ」

 お茶を飲むサリネに振り向いた。

「石の橋はわからないが、木の橋なら昔に何度か造ったことがあるからね」

 昔って何十年前だよとか言ったら多分オレに明日はない。なんとなくだが、サリネは怒らせない方がイイ。と言うか年齢はタブーだ。あの笑みの奥に姉御に似たなにかが見える……と思う。

「ふ~ん。がんばってんな、うちの親父殿は」

「某としては午後からも剣の相手をしていただきたいでござる」

「親父殿には何回勝てたんだい?」

「……まだ勝ててないでござる」

 落ち込んでいる様子はなく、強敵がいることに喜んでいる顔をしていた。

「剣客さん、結構腕があると思ったんだが、親父殿はそんなに強いんかい?」

 いやまあ、強いのは知ってるし、剣客さんとの稽古を見てるが、その差異なんてよー知らん。どっちも強いとしかわからんよ。

「強いでござる。まさかあのような御仁がいるとは嬉しい限りでござる。さすがベー殿の父親になるだけはあるでござるよ」

「そこでなんでオレが出てくんだよ。親父殿の強さにオレ、関係ねーじゃん」

 親父殿の強さは親父殿自身が身に付けたもの。オレが関知することじゃねーだろう。

 なにやら苦笑いする皆様。なんだって言うんだよ、まったく。

 勝手にしろと肩を竦め、コーヒーを飲むカーチェを見た。

「タケルの調子はどうだい?」

「そこそこよろしいですよ。乗馬も慣れてきたようで、フェリエについて行けるようになりました。体力も以前よりはつきましたしね」

「そうか。がんばってんだな」

 そう言って、思考の海にダイブした。

 しばらくして思考の海から上がると、カーチェら潜水艦組だけが残っていた。

 ……こう言うところはさすが親父殿の仲間って感じだな……。

「そろそろバリアルの街に行こうと思う」

「そうですか。で、どんな計画を立てたのです?」

 カーチェだけではなく、メルヘンズや猫耳ねーちゃん……名前なんったっけ? ま、まあ、そのうち誰かが口にすんだろう。今は猫耳ねーちゃんで充分だ。

「そんな大したもんじゃねーよ。オレ、タケル、フェリエで向か――」

「――あたしも行く!」

 と、猫耳ねーちゃんが割り込んで来た。

「タケルが行くならあたしも行く! タケルと離れるなんてイヤ!」

 タケルとどんなラブストーリーがあったか知らんが、人の恋路に邪魔して馬に蹴られるとかゴメンである。

「なら、猫耳ねーちゃんも足して四人で行くよ」

「え、あの、いい、の?」

 信じられないとばかりに目を大きくしている。

「構わんさ。これはタケルの訓練。お荷物は多い方がイイしな。天よ、若者らに艱難辛苦を与え賜え、だ」

 この国は結構平和だが、それは戦争がないって意味。それ以外は弱肉強食。魔物はいるし、賊もいる。護衛を雇っている隊商だって二割は失うのが当たり前。行商人なんて毎日どこかで死んでるって話だ。

 隣のあんちゃんもオレと知り合うまでは何度も命を失いそうな場面を経験している。あんちゃん、あれでもそこそこ強いんだぜ。魔術もちょっとは使えるしな。

「ふふ。相変わらず難しい言葉を知ってますね」

「あ、いや、カーチェさん、笑うとこそこじゃないですよ! いや、笑うところじゃなく叫ぶところです!」

「そんなところ、ありましたっけ?」

「いや、ねーだろう」

 事実、笑う場面であり、イイ返しだったと思うぜ。

「なんで、猫耳ねーちゃんはいっぱいタケルの足を引っ張るんだぞ」

 猫耳ねーちゃんのことはよー知らんが、なんかトラブルメーカーっぽい臭いがする。

 友達にはなりたくねー存在だが、成長させるためには一家に一人は欲しいところだ。

 まあ、死なないようにはフォローするけど、死ななければ放置するがな。

「……なにか、酷いこと言われている気しかしないです……」

 気のせいだ。とは心の中で言って、目を反らしておこう。

「あ、やっぱり酷いこと言われてたんですね!」

 シャー! と猫のように逆立つ猫耳ねーちゃん。アハハ、猫みてー。って、猫の獣人だったっけ。

「落ち着きなさい、タムニャ。これはベーの冗談ですよ。ね、ベー」

「ああ、冗談だよ」

 ハイ、オレは平気でウソ言っちゃう男です。

 納得いかない顔ではあるが、カーチェの説得に渋々身を引いた。つーか、猫耳ねーちゃん、タムニャだったんだ。

「んじゃ、明後日の朝に出発するか」

「はい。それまでに準備を整えておきます」

 まあ、どんな計画を立てるかは知らんが、程々にな。

 頼れる男、カーチェ。そして、手段を選ばない男でもあるんですよね、この冒険大好きエルフはよ……。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ